就活成功ガイド

面接での頻出質問と対策

不採用理由が「○○志向(マインド)が足りない」な人の対策

面接で見られているサービスや技術に対する志向性(マインド)

「好きな技術を使って、好きなように作りたい」という人は多いですが、自社サービス開発企業では「自分が作りたいものよりも、ユーザーを意識した仕事(サービス志向)」が求められます。

ポイント1:サービスやユーザーに対する志向

自社サービスを目指すのであれば、「ユーザーのことを考えて開発をする、サービス志向のマインド」は必須です。志望動機ややりたいことの伝え方によって「サービス志向がある人だな」と印象づけることはできますので、ポイントをおさえておきましょう。

例(1)

使う技術にこだわりが強い人

NG理由

これは「作るもの」ではなく「プログラミングという行為」にしか興味がない方に多いケースです。ビジネス視点で考えると、利益を上げて価値を生み出すのは、技術そのものではなく、技術を使って作られたシステムです。多くの企業にとって「技術はサービス実現のための手段」です。もちろん、技術にこだわりがあるのは悪いことではありません。ただ「この技術を使えれば作るサービスは何でもいい」といった感じで技術にしか目を向けていないと、「柔軟性がなく、ビジネス視点が足りない人」という評価をされてしまいます。

技術は「目的」ではなく、サービス実現の「手段」と考えましょう

技術は手段です。例えば仕事で新しい技術を導入したい場合も、ただ「自分が使いたいから」「便利そうだから」というだけでは許可されません。「その技術がサービスや事業の目的にどんな利益をもたらすか」を説明する必要があります。技術調査などをする場合でも、「新サービスの開発に適した調査」というように、目的の根本はサービスにあります。

技術に対してもビジネス目線で考えるためには、企業やサービスの目的を理解しておく必要があります。また、面接で「技術的なこだわりだけが強くて、会社やサービスのことは全然考えていない人」という印象にならないよう、その事業内容やビジネスモデルを把握しておきましょう。

例(2)

「作りたいものを作る」タイプの人

NG理由

もちろん業務外の取り組みであれば、「作りたいものを作る」でよいのですが、業務ではそういうわけにはいきません。ターゲットに合わせたサービスや、それをよりよくする機能、また既存のシステムとの調整や納期などを考慮しながら、会社としての利益につながるシステムを開発しなければなりません。「作りたいものを作る仕事だけしていたい」という人には、「価値あるサービスを作る」ためのビジネス視点が抜けています。ビジネス視点を持たずに、ただ「仕事でも自分の作りたいものを作る」という考えでいると、面接では「コスト意識がなく、視野が狭く、会社で働くということが理解できていない人」だと思われてしまいます。

会社は営利目的で運営されています

会社はあなたが作りたいものを作る場ではありません。価値のあるサービスが提供できて、初めて売り上げが出て、利益を得ることができるのです。企画や経営部門の人たちは、「どうやって利益を出すか」「どんなサービスをいつ世の中に送り出すか」といったことを考えています。ただエンジニアが作りたいものを作るだけでは、事業は継続できませんから、例えば「Pythonが使いたいから志望しました」と言うだけでは、作りたいものを作るだけの人だと思われてしまいます。

そうではなく、自己分析や企業研究を通して「このサービスを通してユーザーのこんな課題を解決したい」「エンジニアとして世の中のこんな不便を解決したい」といったことが言えるようにしておきましょう。

例(3)

研究開発職などのスペシャリストを目指している人

NG理由

スペシャリストを目指す人の中には、技術ばかりに目が行ってしまい、ビジネス視点が欠けている人もいます。スペシャリストというのは、ただ専門性の高い技術を極めただけの人ではありません。専門の技術があったとしても、それを利用するシーンや新しく生み出せるサービスなどをイメージできていないと、企業にも「スペシャリストとしてビジネスを牽引してくれそうなイメージがわかない」と思われてしまいます。

スペシャリストほどビジネスへのコミットが必要です

スペシャリストは「技術のことだけやっている人」ではありません。スペシャリストほど「その人が持つ技術的な専門性が、会社のビジネスにどのようなインパクトを与えるのか」を求められます。「スペシャリストになったあなたは何を実現したいのか」「スペシャリストとして何を成し遂げたいのか」というイメージを膨らませておきましょう。

ポイント2:技術志向、技術探究心

エンジニアを目指しているなら、少なからず技術に興味はあるかと思います。ここで重要なのは、「どんな理由でどんな技術に興味を持っているか」ということです。IT事業に携わる者として、きちんと技術へのアンテナが立っている人だという印象を持ってもらえるようにしましょう。

例(1)

「プログラミングさえできればよい」と考えている人

NG理由

これは「技術志向」をはき違えて考えている方に多いケースです。面接で「プログラミングさえできればどんな仕事でもいい」と言っても、「プログラミングが好きで技術への意識が高い人だな」と思われることはありません。エンジニアは、ものづくりのスペシャリストです。「技術に対してどんなこだわりを持って仕事をしているのか」「技術を使って世の中の何をどう変えていきたいのか」といった考えが話せないと、むしろ「単純にコード書いていたいだけで、技術的に広がりのない人だな」とマイナスに思われてしまいます。

技術志向とサービス志向の違いを理解し、自分の考えをまとめておきましょう

簡単に言うと「技術をより極めることでサービスが成長する」という考えが技術志向、「サービスをよりよくするために技術に取り組もう」という考えがサービス志向です。自分の考えが前者に近いにもかかわらず「技術志向が足りない」という理由で落とされてしまうのであれば、それは「自分では技術志向のつもりでも、企業が求めるレベルの技術的な取り組みができていない」ということです。

技術志向のエンジニアを求める企業を目指すなら、「とにかくIT技術が大好きで、暇さえあれば情報収集やプログラミングして、新しい技術を試している」といったレベルのエピソードが話せないと、採用されるのは難しいでしょう。

また、自分の考えを振り返ったときに「技術はあくまで手段であり、よいサービスを作るために技術を使いたい」と感じる場合は、サービス志向の企業のほうが合っているかもしれません。改めて自分の技術に対する考えや思いを整理してみましょう。

例(2)

AIや機械学習など、新しい分野に挑戦したいと考えている人

NG理由

近年、流行に乗って「機械学習をやりたい」という人が非常に増えてきました。しかし、そのほとんどは初歩的な機械学習の実装すら試した経験のない人ばかりです。新しい技術へのアンテナが敏感なのは、エンジニアとして非常に素晴らしいことですが、「やりたい」だけなら誰でも言えます。実際にその技術を試した経験すらないと、「自分で実践的な勉強もできていないなんて、技術を深めていける人じゃないな」と思われてしまいます。特に機械学習や人工知能(AI)といった最近話題の技術は、専門的に情報系の研究をしてきた人や、業務経験豊富なベテランエンジニアにとっても、開発が非常に難しい分野です。「やってみたい」という気持ちだけで採用してもらえるはずがありません。

やりたい分野や使いたい技術があるなら、その根拠まで用意しましょう

よく「Pythonのスペシャリストになりたい」と考えてPythonしか使おうとしない人がいますが、それでスペシャリストにはなれません。企業が求めているスペシャリストは、「ほかの言語と比べて、Pythonはここが優れているが、ここは劣っている。こういう開発をする場合に適しているが、こういう開発をするなら別の言語のほうが適している」といった知識を網羅しているレベルの人です。機械学習に関しても「やりたい」と言う人は多いですが、「自分で実際に機械学習の技術を実装して試してみながら、こういった技術を使うことで、人間がやらなくてもいい仕事やできない仕事は機械学習に任せられるように世の中を変えたいと感じた」というように自分の経験や考えがひもづいていないと、本当にその技術に打ち込めるスペシャリストにはなれません。

「流行っている」「楽しそう」「最先端の分野がいい」「年収が高そう」といった聞きかじりの外的情報だけを並べても、「やりたい」の根拠にはなりません。自分の考えとひもづいた根拠がなければ、「その技術を極めてくれる人」と思ってもらうことはできません。具体性のある、根拠にもとづいた話ができるように準備しておきましょう。もし「とにかくやりたい」だけで具体的なエピソードがまったくないのであれば、応募先を見直したほうがよいでしょう。

paiza新卒は技術力で企業へアピールができる
ITエンジニア職専門の就職サービスです

  • ・掲載求人はすべてITエンジニア職、人気Tech系企業も多数掲載
  • ・技術力をpaiza独自のスキルチェックでランク化することが可能
  • ・paizaランクを取得すると、企業からスカウトがもらえる
paiza新卒を使ってみる
paiza新卒とは