第二新卒・若手のエンジニア採用なら EN:TRY PRODUCED BY paiza

資料請求・ お問い合わせは お電話または Webから 第二新卒・若手のエンジニア採用ならEN:TRY

第二新卒・若手のエンジニア採用ならEN:TRY

エンジニアの採用は 難しい… こんなお悩みは ありませんか?

経験者採用が困難

経験者採用が困難

経験者を募集しても応募が来ない、応募があっても選考途中で他社に決められてしまう…。

応募者のレベルが低い

応募者のレベルが低い

応募が来たと思ったら、採用要件を満たしていないプログラミング初心者ばかり…。

採用や育成コストが高い

採用や育成コストが高い

優秀な若手はほしいけど、採用活動や育成・研修にそれほど高いコストはかけられない…。

EN:TRYでは 将来有望な 若手エンジニアに 出会えます

日本最大級の会員数

日本最大級の会員数

28万人(2020年1月時点)の会員数を誇るエンジニア求人サイトなので、優秀なエンジニア志望者がたくさんいます。

応募者のスキルを保証

応募者のスキルを保証

応募できるのはプログラミング問題を解いたユーザーのみ。全員がスキルのある人材です。

初期費用無料

初期費用無料

求人掲載・初期費用は無料の成果報酬型サービスで、コストをおさえた採用活動と新人育成を実現します。

EN:TRYの 実績

採用企業の満足度

採用企業の満足度

EN:TRYでエンジニアを採用をした企業の96%が、人材のスキルレベルに満足しています。

EN:TRYに掲載している企業へのアンケートより。「期待以上の活躍」(69%)と「期待通りの活躍」(27%)の合計

成長が早い

成長が早い

若手や未経験者でも一定のプログラミングスキルがあるから、平均3ヶ月で戦力となっています。

平均年齢が若い

平均年齢が若い

EN:TRYユーザーの大多数は20代の若手ポテンシャル層です。プログラミングを学習している才能豊かな人材が集まっています。

EN:TRY とは?

EN:TRYとは?

エンジニア転職・プログラミング学習のpaizaが運営する、若手エンジニア・第二新卒・実務未経験者に特化した転職サービスです。

応募者は全員が規定のスキルチェック問題を解いているので、優秀な若手と効率的に出会えます。

導入企業の

どれだけ勉強をしているかの「本気度」が見える

paiza(EN:TRY)からの応募者は「プログラミングを仕事にしたい」という人ばかりで、(エンジニアになるという)目的意識をしっかりもっていますね。

たとえ面接時はスキルチェックでDランクであっても、入社して1〜2週間で大きく伸びる人もいます。

スキルが見える。使い始めてすぐに2人採用

応募者のスキルの見極めは難しいですね。面接では実際にできるかどうかの見分けがなかなかつかないんです。

paiza(EN:TRY)はプログラミングテストでランク付けされていて見極めがしやすいです。利用開始後すぐに2人の採用につながりました。

転職者の

自分の強みである「プログラミングスキル」をアピールできる

広告で「自分のコーディングスキルを測れる」というのを見て知り、当初はスキルチェック目的で使っていました。

自分の強みはプログラミングができることくらいだと思っていたので、就職活動ではスキルをアピールできるEN:TRYを積極的に使っていました。

書店の営業職から、独学でプログラミングを学びエンジニアへ転職

前職は書店で大学を主要顧客とした営業職をしていましたが、エンジニアを目指すために独学でプログラミングを学んでいました。

学習度合いの確認でpaiza(EN:TRY)のスキルチェックを受けたら、コードを見たこの会社からスカウトをもらい、就職までつながりました。

完全成果報酬型 なので 初期費用0円

初期費用・掲載費用0円
成果報酬40万円から 内定者のランクによって変動します
料金制度
応募フロー
エンジニアの質
掲載課金型 求人広告
掲載課金型(前課金)
自社でコーディング試験などしないとわからない
人材紹介
成果報酬型(30~35%)
自社でコーディング試験等しないとわからない
EN:TRY
成果報酬型(40万円〜)
応募者全員がpaizaコーディングスキルチェックを受けているのでスキルレベルが明確

採用までの ステップ

1 お申し込み 求人要件などを取材し、求人票を作成します。求人ごとに、応募できるスキルランクも設定します。
2 募集開始 公開された求人票は、規定以上のスキルランクを持っているユーザーのみが閲覧・応募できます。
3 選考・内定・採用 スキルシートや面接を通して、採用選考をしていただきます。
4 成果報酬ご入金 内定者が入社された翌月末に初めてお支払いが発生いたします。