paiza新卒とは

paiza(パイザ)は、コードを書いて書類選考なしで面接・カジュアル面談に進める、
全く新しいカタチのコーディング就活サービスです。実務経験がない分野、言語でもコードが書ければ面接可能!

プログラミングテストの対応言語は Java、PHP、Ruby、Python2、Python3、Perl、C、C++、C#、JavaScript、Objective-C、Scala、Go、Swift に対応しており、より実務に近いプログラムを書く問題になっています。

自己PRが苦手な方でもスキルチェックで書いたコードをもとに、どういった点を考えながら
そのコードを書いたか面接時に話せば自己PRにもなります。プログラミングスキルチェックを受けるだけなら、
匿名で誰にも知られず”こっそり”と実力を測ることができます。

Banner 960 160

paizaは、IT/Webエンジニア特化のコーディング就活サイトです

ここがすごい! プログラミング力、
コーディング力で就活
プログラマの就活でプログラミング力、コーディング力を最初に見ないのはナンセンス、という発想のもと生まれたサービスです。
ここがすごい! エンジニア、プログラマに
最適化した就活プロセス
一度コーディングテストを受けると、書類選考なしで複数企業のカジュアル面談、1次面接、に進めます(※)。スキルマッチした上で面接に臨めるのでスキルレベルのズレによる無駄な面接が無くなります。
※ テスト結果が各企業の設定基準を超えた場合
ここがすごい! 今の技術+
”経験を積みたい技術”で
シゴトを選ぶ
実務経験が浅い言語、分野でもコーディングテスト次第でチャンスが広がります。またエンジニア、プログラマの仕事選びに必要な、開発手法、開発環境、利用ツール、評価方法、上司プロフィールを徹底取材しています。
ここがすごい! コーディングや
アルゴリズムをテーマにした
コミュニティでスキルアップ!
(オープン予定)
有名企業で出題されたコーディング問題や代表的なアルゴリズムの問題をテーマに、各自の解答を投稿したり、お互いにレビューできるエンジニアのためのコミュニティを開設予定です。優秀なエンジニアのコードの書き方を学んで、スキルアップを目指しましょう!

paizaコーディング就活の流れ

STEP1 登録→STEP2 プログラミングスキルチェック→STEP3 paizaランク通知→STEP4 応募→STEP5 面接・内定・入社

STEP1
登録
  • paiza無料登録
  • 基本プロフィール登録(必須ではありません)
STEP2
プログラミングスキルチェック 求人企業に知られず受けられます!
  • 各問題のプログラムコーディング
  • 作成したコードをオンライン提出
STEP3
paizaランク通知
STEP4
応募
  • 求人情報を見て興味のある求人へ応募
  • 面接日程をメールで調整
STEP5
面接・内定・入社
  • 面接、書いたコードで自己PR(2~3回)
  • 内定・入社

プログラミングスキルチェックで書類選考がなくなります。(登録は10秒!)
すぐにコーディング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定回答時間20分)

会員登録(無料)

企業採用担当者の声
プログラミングが好きな方、まずお会いしましょう 株式会社モバイルファクトリー コーポレート・コミュニケーション室 中様

弊社は、 とにかくプログラミングが好きで開発に夢中になれるような方を採用したい と考えております。ですので、応募前にプログラミング問題に挑戦する必要があるpaizaならプログラミングが好きな方が集まっているのではないかと思い、利用を開始しました。
弊社の選考プロセスは応募→ES選考(プログラミング課題付き)→面接という流れでした。でもpaizaから応募される方々は、スキルチェック問題に挑戦して一定のプログラミングスキルがあるということが前提になっています。ですから ご応募いただいた方には必ずお会いし、こちらから直接モバイルファクトリーの良さをお伝えしたい と考えております。

選考の際はプログラミングそのものが好きであるということに加え、課題に対する達成意欲があるかどうかも見たいと考えています。
paizaで上位ランクを取得しているような方はもちろん気になりますし、現時点での取得ランクにかかわらず多くの問題を解いていたり、自分のランクより上の問題にも果敢にチャレンジされているような方は、プログラミングが好きで達成意欲のある方なのではないかと思います。 厳しい制限時間の中でも読みやすいコードを書いていたり、コードの書き方にこだわりが感じられるような方も、是非一度会って話を聞いてみたい と感じますね。

コードから応募者のキャラクターが見えてくるんです。株式会社ナビタイム 経営推進部部長 小嶋様

弊社は社員の構成比率でエンジニアが75%を占める、エンジニアが主役、技術メインの会社です。エンジニアの中でもさまざまな志向の人を集めようと考えていて、その中のひとつとして、 技術的に優秀な人を採用したいという思い からpaizaを使っています。

エンジニア採用においては、プログラミングが共通の会話です。コードには書いた人の性格が出ますから、採用でも応募者が提出したコードをじっくり見ています。「こういうコードを書いているということは慎重な性格なのかな」「効率化よりも見やすいコードを書いているな」など、 コードから応募者のキャラクターが見えてくるんです。 それはpaizaのシステムならではだと思います。

技術力を持ち、かつ「ナビゲーションサービスで世界のデファクトスタンダードを目指す」というビジョンに共感してもらえる方からの応募をお待ちしています。

プログラミングスキルチェックの概要

チャレンジ問題

問題は初級、中級、上級から構成。基本構文をベースにしたデータ入出力処理問題から
探索ロジックやツリー構造などのアルゴリズムを使って計算量を効率化させる問題が揃っています。

プログラミングスキルチェック サンプル問題を見る

初級
paizaランク C/D/E

データ出力系の基本的な実装ができる。

内容
if,for,while,foreach,変数、配列、連想配列、文字列操作、ソートを使って指示通りのプログラムを書けるか。回答スピード、正確性が問われる。
業務レベル
業務システム、Webアプリケーションの運用保守、一部開発ができる。
中級
paizaランク B/C/D/E

計算量を意識した効率的なロジックを組み立てられる。

内容
指示通りにロジックを組むだけでなく、自分で効率的なロジックを考えだせるか。またツリー構造、探索等を使いアルゴリズムを組めるか。
業務レベル
業務システム、Webアプリケーションの開発をリードできる。
上級
paizaランク S/A/B/C/D/E

より良いアルゴリズムを設計、実装できる。

内容
O(n²)⇒O(n)の様な計算量、メモリの削減を意識した高度なアルゴリズムが組めるか。問題によっては数学的(確率計算)問題についても問う。
業務レベル
検索エンジン、データ解析、レコメンデーションエンジン、広告配信、大規模ユーザー管理などパフォーマンスが要求される開発や運用、イノベーティブな開発分野に取り組める。
専門領域
paizaランク S

専門領域の研究、開発ができる。

内容
確率、統計解析、形態素解析、機械学習、グラフィック、ゲーム木、検索等の専門分野の課題が解けるか。
業務レベル
各専門領域での即戦力。

再チャレンジ可能

各問題は制限時間があり、ランクアップへのチャレンジは各問題1度のみ可能。
同じ問題への再チャレンジが可能となっており(※ランクアップはできません)練習をして新着問題へ挑戦できます。
新着問題は毎週追加されます。

プログラミングスキルチェックの対応言語

プログラミング言語はJava、PHP、Ruby、Python2、Python3、Perl、C、C++、C#、JavaScript、Objective-C、Scala、Go、Swiftに対応。
※一部の問題では選択できる言語が限られます。

自動スコアリング

各問題につき10個のテストケースを入力。負荷試験を実施し、実行速度を測定。また回答速度の観点からもスコアリング。
テスト結果は6段階で評価。面接時はコードを元に話が弾みます。

コーディング結果によるランク表

ランクS 上位1% 上級100点
非常に高いスキルを持っています。
ほぼすべての企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。
ランクA 上位10% 上級70点
高いスキルを持っています。
非常に多くの企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。
ランクB 上位30% 中級100点/上級50点
一定基準以上のスキルを持っています。
多くの企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。
ランクC 上位60% 初級100点/中級60点/上級30点
基本的なスキルは十分、効率的なコードを意識しましょう。
一部の企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。
ランクD 初級50点/中級30点/上級10点
要努力!基礎的な部分をもう一度見直しましょう。
ポテンシャル求人案件への応募が可能です。
ランクE 初級0点/中級0点/上級0点
しっかり準備をして再度チャレンジしてください!

※上記はCランク以上の方の割合の概算数値です。時期等によって割合が変動する場合がございます。

書類選考なし1次面接、カジュアル面談

スコアに応じて書類選考パス/カジュアル面談が可能な求人企業がわかります。応募するまで求人企業には結果は通知されません。

プログラマ目線で取材した求人票

エンジニア、プログラマの仕事選びに必要な、開発手法、開発環境、利用ツール、評価方法、上司プロフィールを徹底取材。

先輩就活者の声
カジュアル面談で企業の現役エンジニアとお会いでき、
しっかり会社選びができました。 大学院生 立柳さん

私は情報系の学部出身ではなくて、独学でプログラミングを勉強していました。その中でpaizaラーニングを知り、さらにその後、paiza新卒を使って就職活動もするようになりました。

就職活動の最初のころは企業選びのしっかりとした軸が見えておらず、paiza新卒のカジュアル面談を積極的に使いました。多くの企業の現役エンジニアとお話をすることができて、本格的な選考の前に業務内容やチームの雰囲気などのお話が聞けたのでとても助かりました。さまざまな企業のお話を聞いたうえで行きたい会社を絞り込んでいけたので、しっかりと企業選びができたと思っています。

最終的に3社から内定をいただき、その中から人材サービスを手がける企業に入社を決めました。周りの人たちよりも早い時期に、志望度が高い会社から内定をいただくことができ、いい就職活動ができたと思います。

paiza新卒を使い、スーツを着ずに就活ができました。 大学4年生 石田さん

paizaを最初に知ったのは高専の在学中、大学に入る前です。プログラミングコンテストの対策をしていて、学習する中で知りました。その後、新卒向けのサービスを始めると知り、さらにそれまでにとっていたスキルランクが就活に使えると聞き、それならばとpaiza新卒を使い始めました。

自分のスキルレベルでどんな企業に応募できるかが一目瞭然なところや、エントリーシートの選考をスキップして面接まで進めるシステムはとても使いやすいと感じました。それに、スーツを着るような形式ばった就活をしたくないと思っていたので、カジュアル面談などのシステムがあるpaizaは使い勝手が良かったですね。

結局paiza新卒を使って、広告プラットフォームビジネスを手がける企業から内定をいただきました。アドテクノロジーにはビジネスとしての将来性を感じていて、志望度が高かった会社だったので満足しています。

無料でpaizaプログラミングスキルチェックを試してみる(登録は10秒!)
すぐにコーディング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定回答時間20分)

会員登録(無料)

よくあるご質問

個人情報を極力出したくないのですが。 履歴書、職務経歴書はpaizaプログラミングスキルチェックを受けた後、求人企業と面接する際に持参していただく形なので、ご登録は必須ではありません。(※ご登録いただくと面接時ご持参の必要がなくなります)
スカウトは受けたくないのですが。 企業や人材紹介会社に情報を同意なく公開することはありませんのでご安心ください。

よくあるご質問をもっと見る

ページの先頭へ戻る