プログラミング言語アイコン
Ruby入門編9: さらにクラスを理解しよう

チャプター一覧

このレッスンでは、クラス継承やメソッドのオーバーライドなど、Rubyでのオブジェクト指向開発について、さらに学習します。まずは、オブジェクト指向の概要を理解しましょう。
02:クラスを継承する (5:33) 無料公開中
ここでは、クラスの継承ついて学習します。例として、RPGのアイテムがはいる入れ物のクラスを作り、そこから宝箱と宝石箱クラスを継承で作ってみましょう。
ここでは、クラスを継承したときに利用できるメソッドのオーバーライドについて学習します。
ここでは、クラスを継承する具体例として、RPGのPlayerクラスを継承で記述します。 まずは、親クラスを作成しましょう。
ここでは、クラス継承の具体例として、RPGのPlayerクラスを継承で記述します。 前回に引き続いて、親クラスを継承して、魔法使いのクラスを作成しましょう。
ここでは、Rubyのクラスで、いろいろなメソッド呼び出しについて学習します。
ここでは、Rubyのクラス変数とクラスメソッドを使います。クラス変数は、オブジェクトで共通して利用できる変数です。そして、クラスメソッドを使うと、いちいちオブジェクトを実体化せずに、クラスを使えるようになります。
ここでは、Rubyのライブラリについて学習します。別ファイルのコードを取り込む「require」で、標準添付ライブラリを読み込んでみましょう。
このチャプターでは、Rubyのモジュール機能について学習します。モジュールは、Rubyの定数やメソッドだけをまとめる機能です。モジュールを使うことで、共通の定数やメソッドをクラスとは分離して共有することができます。
ページの先頭へ戻る