プログラミング言語アイコン
Ruby入門3: ループ処理を学ぶ

チャプター一覧

ここでは、数字を0から9まで表示させます。そして、for in(フォーイン)という簡単な繰り返し命令について学習します。
ここでは、条件に合わせてループ処理を実行します。そのために、while(ワイル)命令の使い方を学びます。
ここではwhileを使ったループ処理について、もう少し学習します。そして、初期値や条件式を変更するとどうなるか試します。
ここでは、数値を10から1までカウントダウン表示させるプログラムを作ります。そして、whileの具体例として、RPGの攻撃シーンのようなプログラムを作ってみましょう。
ここでは、ループ処理の具体例として、HTMLのプルダウンリストを作成します。そして、会員登録の入力フォームで、年齢を1歳から100歳まで選択できるようにしましょう。
ループ処理からちょっと離れて、プログラムの外部からデータを入力する標準入力について学習します。標準入力を使うと、ファイルのデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを指定したりできます。
ここでは、実際に、Rubyで標準入力から読み込むプログラムを作成してみたいと思います。標準入力を使うと、ファイルからデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを受け取ったりできるんですよ。
標準入力を使って、複数のデータを読み込む方法を学びます。そのために、標準入力にループ処理を組み合わせます。
ループ処理の具体例として、西暦年と平成年の対応表を作ります。今回は、ひとつの年だけではなく、1989年から2016年まで全ての年を出力します。
ページの先頭へ戻る