プログラミング言語アイコン
Ruby入門編8: クラスを理解しよう

チャプター一覧

このレッスンでは、プログラミング言語 Ruby のクラスについて学習します。そして、クラスの作り方と呼び出し方を理解するとともに、メソッドの使い方について理解を深めます。
02:クラスを作成しよう (4:44) 無料公開中
ここでは、クラスとオブジェクトの基本的な操作を学習します。まず初めに、メソッドの作り方と呼び出し方を理解しましょう。
ここでは、クラスで変数を管理する方法を学習します。先ほど、メソッドを持つオブジェクトを作ったので、このオブジェクトに変数を持たせてみましょう。
ここでは、オブジェクトを使った具体例として、RPG の敵クラスを作ります。そして、RPG の攻撃シーンを再現してみましょう。
ここでは、クラスのメソッドに、引数と戻り値を追加してみましょう。例として、商品ごとに単価と個数を保持するクラスを作成します。
ここでは、プログラミング言語 Ruby 文字列や配列がオブジェクトになっていることを学習します。そして、数値や文字列が持ついろいろなメソッドを呼び出してみましょう。
ここでは、プログラミング言語 Ruby にあらかじめ用意されているメソッドについて学習します。このようなメソッドのことが分かってくると、Ruby の機能をもっと理解できるようになります。
ページの先頭へ戻る