Ruby入門編7: メソッドを理解しよう

(全9チャプター)

完全無料

概要

Rubyのメソッドについて、その呼び出し方や作り方など、その基本について学習します。

チャプター一覧

chapter 1

ここでは、プログラミング言語Rubyのメソッドについて学習します。メソッドの作り方と呼び出し方を理解していきましょう。

2:42
chapter 2

ここでは、プログラミング言語Rubyのメソッドの作り方を学習します。そして、実際にメソッドを定義して、呼び出してみます。

3:14
chapter 3

ここでは、プログラミング言語Rubyの引数と戻り値について学習します。そして、メソッドを定義する時、引数と戻り値をどんなふうに記述するのか理解しましょう。

5:26
chapter 4

ここでは、変数の有効範囲であるスコープについて学習します。スコープは、メソッド定義やループ処理を使いこなすため重要な機能ですので、しっかりと理解しましょう。

5:52
chapter 5

ここでは、メソッドを使った具体的な例として、RPGの攻撃シーンを表示するプログラムを作成してみます。

2:56
chapter 6

ここでは、メソッドの呼び出し方法の特徴的な機能を紹介します。今まで、おまじないのように感じていた書き方について、理解を深めましょう。

4:38
chapter 7

ここでは、プログラミング言語Rubyの特徴的な仕組みである、コードブロックについて学習します。コードブロックは、Rubyのループ処理などに登場する重要な機能なので、しっかりと理解しましょう。

4:53
chapter 8

このチャプターでは、メソッドで引数を省略した場合に利用できるデフォルト値や、ハッシュをメソッドの引数に渡した場合に利用できる便利な記述方法について学習します。

5:35
chapter 9

ここでは、Rubyのキーワード引数について学習します。キーワード引数は、メソッドの引数にラベルを付ける機能です。

7:03

レッスン一覧へ戻る