「RPG」が学べる動画一覧

RPGプログラムを作る方法を学べるチャプターです。勇者、戦士、魔王、スライム、プログラマー、楽しい仲間がいっぱい。

チャプター一覧
(2:49)
無料公開中 PHP
これまで覚えたIF文による条件分岐と、ランダム関数を使って、RPGの戦闘シーンにでてくるようなクリティカルヒット判定を作ります。




(5:18)
ここでは、数値を10から1までカウントダウン表示させるプログラムを作ります。そして、whileの具体例として、RPGの攻撃シーンのようなプログラムを作ってみましょう。




(2:52)
無料公開中 Ruby
これまで覚えたif文による条件分岐と、ランダム関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(2:46)
無料公開中 Python
これまで覚えたif文による条件分岐とrandint関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(2:24)
無料公開中 Java
これまで覚えたif文による条件分岐と、randomメソッドを使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(3:17)
無料公開中 C言語
このチャプターでは、これまで覚えたif文による条件分岐と、rand関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(3:09)
無料公開中 JavaScript
このチャプターでは、これまでに覚えたif文による条件分岐と、random関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(5:34)
ここでは、数値を5から1までカウントダウン表示させるプログラムを作ります。そして、whileの具体例として、RPGの攻撃シーンのようなプログラムを作ってみましょう。




(3:17)
無料公開中 C#
このチャプターでは、これまで覚えたif文による条件分岐とRandomクラスを使って、 RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(6:09)
C#
ここでは、数値を5から1までカウントダウン表示させるプログラムを作ります。そして、whileの具体例として、RPGの攻撃シーンのようなプログラムを作ってみましょう。




(2:27)
今回と次回のチャプターでは、ハッシュとループを使った具体例として、RPGのアイテム一覧を作成します。まずは、どのようなプログラムを作るのか、基本的な内容を整理しましょう。




(4:23)
前回と今回のチャプターでは、ハッシュとループを使った具体例として、RPGのアイテム一覧を作成しています。このチャプターでは、実際にアイテムリストを実装していきます。




(4:49)
ここでは、標準入力から読み込んだ2次元配列データに合わせて、RPGのキャラクターを配置して表示してみましょう。将棋のコマの初期状態のような感じで、画像を表示してみましょう。




(3:17)
PHP
このチャプターでは、ここまで学んできた連想配列や foreach を利用して、ロールプレイングゲームのアイテムリストを、画像をつかって再現していきます。




(4:19)
PHP
このチャプターでは、ここまで学んできた連想配列や foreach を利用して、ロールプレイングゲームのアイテムリストを、画像をつかって再現します。




(2:56)
ここでは、メソッドを使った具体的な例として、RPGの攻撃シーンを表示するプログラムを作成してみます。




(4:44)
無料公開中 Ruby
ここでは、クラスとオブジェクトの基本的な操作を学習します。まず初めに、メソッドの作り方と呼び出し方を理解しましょう。




(5:09)
ここでは、クラスで変数を管理する方法を学習します。先ほど、メソッドを持つオブジェクトを作ったので、このオブジェクトに変数を持たせてみましょう。




(4:43)
ここでは、オブジェクトを使った具体例として、RPG の敵クラスを作ります。そして、RPG の攻撃シーンを再現してみましょう。




(4:19)
ここでは、クラスを継承する具体例として、RPGのPlayerクラスを継承で記述します。 まずは、親クラスを作成しましょう。




(4:16)
ここでは、クラス継承の具体例として、RPGのPlayerクラスを継承で記述します。 前回に引き続いて、親クラスを継承して、魔法使いのクラスを作成しましょう。




(4:26)
ここでは、Rubyのクラスで、いろいろなメソッド呼び出しについて学習します。




(6:00)
ここでは、Rubyのクラス変数とクラスメソッドを使います。クラス変数は、オブジェクトで共通して利用できる変数です。そして、クラスメソッドを使うと、いちいちオブジェクトを実体化せずに、クラスを使えるようになります。




(4:29)
ここでは、2次元配列に合わせて、RPGのキャラクターを配置して表示してみましょう。将棋のコマの初期状態のような感じで、画像を表示してみましょう。




(3:12)
ここでは、メソッドを使った具体的な例として、RPGの攻撃シーンを表示するプログラムを作成してみます。




(5:00)
無料公開中 Java
ここでは、クラスとオブジェクトの基本的な操作を学習します。まず初めに、クラスの作り方と呼び出し方を理解しましょう。




(4:30)
ここでは、クラスで変数を管理する方法を学習します。先ほど、メソッドを持つオブジェクトを作ったので、このオブジェクトに変数を持たせてみましょう。




(4:58)
ここでは、オブジェクトを使った具体例として、RPGの敵クラスを作ります。そして、RPGの攻撃シーンを再現してみましょう。




(3:40)
ここでは、クラスを継承する具体例として、RPGのPlayerクラスを継承で記述します。 まずは、親クラスを作成しましょう。




(3:50)
ここでは、クラス継承の具体例として、RPGのPlayerクラスを継承で記述します。 前回に引き続いて、親クラスを継承して、魔法使いのクラスを作成しましょう。




(2:20)
今回と次回のチャプターでは、マップとループを使った具体例として、RPGのアイテム一覧を作成します。まずは、どのようなプログラムを作るのか、基本的な内容を整理しましょう。




(4:05)
回と今回のチャプターでは、マップとループを使った具体例として、RPGのアイテム一覧を作成しています。このチャプターでは、実際にアイテムリストを実装していきます。




(4:52)
ここでは、Sinatraで、erbの書き方をいろいろと試します。 そのために、先ほどのチャプターに続いて、Sinatraのインラインテンプレートを使います。




(5:50)
ここでは、Sinatraの具体例として、RPGの行動選択メニューを作ります。ルーティングとテンプレートエンジンを使って、RPGのプレーヤーが、歩いたり、戦ったりするメニューを作りましょう。




(4:09)
ここでは、Webアプリケーションのデータの処理と表示の分離について学習します。例として、erbで記述したテンプレートを別ファイルにしてみましょう。




(5:42)
ここでは、テンプレートの共通部分を分割する方法について学習します。そのために、Sinatraに共通のテンプレートを設置してみましょう。




(5:27)
ここでは、Sinatraによるフォームの具体例として、RPGの戦闘シーンを作ります。先ほどのチャプターで作ったフォームをベースにして、ドロップダウンメニューでプレイヤーを選択できるようにしましょう。




ページの先頭へ戻る