「クラス」が学べる動画一覧

オブジェクトの設計図の役割をもつクラスについて学ぶことができるチャプターです。

チャプター一覧
(3:12)
無料公開中 Ruby
このレッスンでは、プログラミング言語 Ruby のクラスについて学習します。そして、クラスの作り方と呼び出し方を理解するとともに、メソッドの使い方について理解を深めます。




(4:44)
無料公開中 Ruby
ここでは、クラスとオブジェクトの基本的な操作を学習します。まず初めに、メソッドの作り方と呼び出し方を理解しましょう。




(5:09)
ここでは、クラスで変数を管理する方法を学習します。先ほど、メソッドを持つオブジェクトを作ったので、このオブジェクトに変数を持たせてみましょう。




(4:43)
ここでは、オブジェクトを使った具体例として、RPG の敵クラスを作ります。そして、RPG の攻撃シーンを再現してみましょう。




(3:49)
ここでは、クラスのメソッドに、引数と戻り値を追加してみましょう。例として、商品ごとに単価と個数を保持するクラスを作成します。




(4:44)
ここでは、プログラミング言語 Ruby 文字列や配列がオブジェクトになっていることを学習します。そして、数値や文字列が持ついろいろなメソッドを呼び出してみましょう。




(4:14)
ここでは、プログラミング言語 Ruby にあらかじめ用意されているメソッドについて学習します。このようなメソッドのことが分かってくると、Ruby の機能をもっと理解できるようになります。




(2:53)
無料公開中 Ruby
このレッスンでは、クラス継承やメソッドのオーバーライドなど、Rubyでのオブジェクト指向開発について、さらに学習します。まずは、オブジェクト指向の概要を理解しましょう。




(5:33)
無料公開中 Ruby
ここでは、クラスの継承ついて学習します。例として、RPGのアイテムがはいる入れ物のクラスを作り、そこから宝箱と宝石箱クラスを継承で作ってみましょう。




(3:41)
ここでは、クラスを継承したときに利用できるメソッドのオーバーライドについて学習します。




(4:19)
ここでは、クラスを継承する具体例として、RPGのPlayerクラスを継承で記述します。 まずは、親クラスを作成しましょう。




(4:16)
ここでは、クラス継承の具体例として、RPGのPlayerクラスを継承で記述します。 前回に引き続いて、親クラスを継承して、魔法使いのクラスを作成しましょう。




(4:26)
ここでは、Rubyのクラスで、いろいろなメソッド呼び出しについて学習します。




(6:00)
ここでは、Rubyのクラス変数とクラスメソッドを使います。クラス変数は、オブジェクトで共通して利用できる変数です。そして、クラスメソッドを使うと、いちいちオブジェクトを実体化せずに、クラスを使えるようになります。




(5:40)
ここでは、Rubyのライブラリについて学習します。別ファイルのコードを取り込む「require」で、標準添付ライブラリを読み込んでみましょう。




(4:51)
このチャプターでは、Rubyのモジュール機能について学習します。モジュールは、Rubyの定数やメソッドだけをまとめる機能です。モジュールを使うことで、共通の定数やメソッドをクラスとは分離して共有することができます。




ページの先頭へ戻る