「変数」が学べる動画一覧

プログラム上で、データを保存・読み出しを行うことができる、変数について学べるチャプターです。

チャプター一覧
(3:12)
無料公開中 PHP
数字や文字列を格納する変数について学びます。また出力時に変数を結合して出力するやり方に付いても学びます。




(3:20)
PHP
数字や文字列を格納する変数について学びます。また出力時に変数を結合して出力するやり方に付いても学びます。




(3:43)
無料公開中 Ruby
文字や数字などのデータを格納する変数(へんすう)について学びます。変数を使うと、データが変化したとき、いちいちプログラムの複数個所を修正しなくてもよくなります。




(3:24)
無料公開中 Python
文字や数字などのデータを格納する変数(へんすう)について学びます。変数を使うと、データが変化したとき、いちいちプログラムの複数個所を修正しなくてもよくなります。




(4:17)
無料公開中 Java
文字や数字などのデータを格納する変数(へんすう)について学びます。変数を使うと、データが変化したとき、いちいちプログラムの複数個所を修正しなくてもよくなります。




(4:17)
無料公開中 C言語
文字や数字などのデータを格納する変数(へんすう)について学びます。変数を使うと、データが変化したとき、いちいちプログラムの複数個所を修正しなくてもよくなります。




(4:25)
無料公開中 JavaScript
ここでは、RPGのようにメッセージを表示するプログラムを作ります。そして、文字や数字などのデータを格納する「変数」(へんすう)について学びます。変数を使うと、データが変化したとき、いちいちプログラムの複数個所を修正しなくてもよくなります。




(4:58)
無料公開中 C#
文字や数字などのデータを格納する変数(へんすう)について学びます。変数を使うと、データが変化したとき、いちいちプログラムの複数個所を修正しなくてもよくなります。




(6:22)
無料公開中 C#
前回はカンマ区切りで複数のデータを取得しました。今回は代入式の仕組みを理解しながら、取得したデータを利用しましょう。




(5:52)
ここでは、変数の有効範囲であるスコープについて学習します。スコープは、メソッド定義やループ処理を使いこなすため重要な機能ですので、しっかりと理解しましょう。




(4:53)
ここでは、プログラミング言語Rubyの特徴的な仕組みである、コードブロックについて学習します。コードブロックは、Rubyのループ処理などに登場する重要な機能なので、しっかりと理解しましょう。




(5:09)
ここでは、クラスで変数を管理する方法を学習します。先ほど、メソッドを持つオブジェクトを作ったので、このオブジェクトに変数を持たせてみましょう。




(3:49)
ここでは、クラスのメソッドに、引数と戻り値を追加してみましょう。例として、商品ごとに単価と個数を保持するクラスを作成します。




ページの先頭へ戻る