「配列」が学べる動画一覧

プログラム上で、大量の同種のデータを扱うための仕組みである配列について学べるチャプターです。

チャプター一覧
(2:23)
無料公開中 PHP
いよいよ実装です。標準入力による値の取得方法、格納方法などについて解説します。
(1:22)
無料公開中 PHP
空席状況確認用の座席配列を作ります。座席数分の配列を作成し、すべて空席状態にします。
(2:17)
無料公開中 PHP
各グループの人数、着席開始位置を取得するループ処理を実装します。
(3:15)
無料公開中 PHP
各グループ毎に座れるかどうかの空席確認をする処理を実装します。
(2:34)
PHP
この問題の肝である、円卓処理を実装します。末端の席と始点の席をまたぐ処理を実装します。
(2:52)
PHP
グループ人数分の空席がある場合の着席処理を実装します。
(2:03)
PHP
最終的に着席できた人数を集計する処理を実装します。
(5:23)
PHP
0からのライブコーディングで、よりスマートな解き方を解説します。
(2:58)
無料公開中 PHP
プログラミングで肝となる配列の概念について、図解で学びます。
(3:16)
無料公開中 PHP
配列への代入、配列の中身の出力といった、配列の基本操作について学びます。
(3:42)
無料公開中 PHP
配列への値の追加、上書き、削除、特定の値の出力といった、配列の基本操作について学びます。
(3:13)
無料公開中 PHP
explode関数を使い、カンマ等で区切られた文字列を分割して配列に代入するやり方について学びます。
(4:09)
無料公開中 PHP
標準入力からの複数行データを読み込み、配列に格納するやり方について学びます。CSVデータの読み込みや、外部データを読み込んで処理をおこないたい場合に必須の技術です。
(4:02)
無料公開中 PHP
標準入力からの複数行データを読み込み、配列に格納するやり方について学びます。途中に空行が有った場合の回避方法について解説します。
(6:19)
無料公開中 PHP
標準入力から参加者を読み込み、ランダムで人を選出する、ランダムくじ引きを作成します。参加人数が変わっても対応できるやり方を学びます。
(2:31)
無料公開中 PHP
前回のコードだけの説明では解らなかった方の為に、図解でランダム範囲を可変させるやり方について解説します。
(3:03)
無料公開中 PHP
配列、連想配列をforeachループを使い、RPGのアイテムリストを画像を使って再現します。前半はプログラム全体の流れを図解で説明します。
(4:13)
無料公開中 PHP
配列、連想配列をforeachループを使い、RPGのアイテムリストを画像を使って再現します。後半ではプログラムの実装を行ないます。
(2:23)
PHP
いよいよ実装です。標準入力による値の取得方法、格納方法などについて解説します。
(1:22)
PHP
空席状況確認用の座席配列を作ります。座席数分の配列を作成し、すべて空席状態にします。
(2:17)
PHP
各グループの人数、着席開始位置を取得するループ処理を実装します。
(3:15)
PHP
各グループ毎に座れるかどうかの空席確認をする処理を実装します。
(2:34)
PHP
この問題の肝である、円卓処理を実装します。末端の席と始点の席をまたぐ処理を実装します。
(2:52)
PHP
グループ人数分の空席がある場合の着席処理を実装します。
(2:03)
PHP
最終的に着席できた人数を集計する処理を実装します。
(5:23)
PHP
0からのライブコーディングで、よりスマートな解き方を解説します。
(3:03)
無料公開中 PHP
このチャプターでは、プログラミングで肝となる配列の概念について、図解で学びます。
(3:08)
無料公開中 PHP
このチャプターでは、配列への代入、配列の中身の出力といった、 配列の基本操作について学びます。
(3:50)
PHP
このチャプターでは、配列への値の追加、上書き、削除、特定の値の出力といった、 配列の基本操作について学びます。
(3:20)
PHP
このチャプターでは、explode関数を使い、カンマ等で区切られた 文字列を分割して配列に代入するやり方について学びます。
(4:09)
PHP
このチャプターでは、標準入力からの複数行データを読み込み、 配列に格納するやり方について学びます。CSVデータの読み込みや、 外部データを読み込んで処理をおこないたい場合に必須の技術です。
(4:10)
PHP
このチャプターでは、標準入力からの複数行データを読み込み、配列に格納するやり方について学びます。 途中に空行が有った場合の回避方法について解説します。
(6:08)
PHP
このチャプターでは、標準入力から参加者を読み込み、ランダムで人を選出する、 ランダムくじ引きを作成します。参加人数が変わっても対応できるやり方を学びます。 概念的に難しかったと言う方の為に次のチャプターで図解もしています。
(2:40)
PHP
このチャプターでは、前回のコードだけの説明では解らなかった方の為に、 図解でランダム範囲を可変させるやり方について解説します。
(3:41)
無料公開中 Ruby
ここでは、プログラミング言語Rubyを使って、規模が大きなプログラムを作るときに必要になる配列にについて、基本的な考え方を学習しましょう。
(4:15)
無料公開中 Ruby
ここでは、配列の基本操作について学びます。そして、Rubyを使って、配列の作成、表示、代入といった機能を試してみましょう。
(4:18)
ここでは、配列の要素をいろいろな方法で取り出してみます。配列では、番号を使って要素を取り出します。また、その番号を変数で指定したり、計算して指定できます。
(4:25)
ここでは、配列の便利な機能を試します。そして、Rubyを使って、要素の追加、上書き、削除といった機能を使ってみましょう。
(4:09)
ここでは、ループ処理で配列を扱ってみたいと思います。そのために、Rubyのfor inと配列を組み合わせて、HTMLのプルダウンリストを作成します。
(2:55)
ここでは、ループ処理のeachメソッドで配列を出力します。ここまでループ処理では、分かりやすさを優先して、for inとwhileを使ってきましたが、Rubyではeachメソッドも幅広く使われているんですよ。
(4:29)
ここでは、標準入力から取り込んだデータを配列に格納する方法を学びます。そのために、カンマで区切られた1行データを、区切りごとに分割して配列に格納します。
(4:14)
ここでは、標準入力から読み込んだ複数の行のデータを配列に格納します。その時に、読み込む行数が事前に分からなくても、きちんと対応できるようにしましょう。
(6:00)
ここでは、配列を使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。
(6:00)
無料公開中 Python
ここでは、リストを使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。
(2:04)
フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみます。ここでは、前回のプログラムとは違って、途中の計算結果を配列に格納しておくようにしてみます。

ページの先頭へ戻る