演習課題「標準入力でモンスターを選択する」

右のコードは、標準入力から受け取った値に合わせて、RPGの勇者の行動を3行表示します。
このプログラムで、例外の種類に合わせて、下記のエラーメッセージを標準エラー出力に表示して下さい。

文字を入力 : 数値を入力してください
配列の範囲外にアクセス : 0から(配列の最大インデックス)を入力してください

プログラムを実行して、想定どおり出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

勇者は敵に遭遇した
勇者は勝利した

期待する標準エラー出力値

0から2を入力してください

※有料会員になるとこの動画をご利用いただけます
詳しい説明を読む

#06:具体例:標準入力でプレイヤーを選択する

ここでは、例外処理の具体例として、RPGのプレイヤーを表示するプログラムに例外処理を追加します。
標準入力からの値に合わせて、プレイヤーを選択して表示しますが、処理できない場合にエラーメッセージを表示させましょう。