演習課題「追加攻撃の機能を実現しよう」

右のコードは、今回のチャプターで作成したRPGクリティカルヒットのプログラムです。ここに、次の機能を追加してください。

- 1か2が出目となる追加のサイコロをふる。
- 「追加のサイコロはX」と表示する。Xはサイコロの出目です。
- 追加のサイコロが1ならば、「追加攻撃!スライムに、10のダメージを与えた」と表示する。
- 追加のサイコロが2ならば、「追加攻撃に失敗した」と表示する。

プログラムを実行して、正しく出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

---出力例1---
スライムに1のダメージを与えた
追加のサイコロは、1
追加攻撃!スライムに、10のダメージを与えた

---出力例2---
スライムに3のダメージを与えた
追加のサイコロは、2
追加攻撃に失敗した

---出力例3---
クリティカルヒット!スライムに、100のダメージを与えた
追加のサイコロは、1
追加攻撃!スライムに、10のダメージを与えた

---出力例4---
クリティカルヒット!スライムに、100のダメージを与えた
追加のサイコロは、2
追加攻撃に失敗した

※paizaに会員登録すると無料で動画学習コンテンツをご利用いただけます
会員登録する

#05:RPGのクリティカルヒットを再現

このチャプターでは、これまで覚えたif文による条件分岐と、rand関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。