「ループ」が学べる動画一覧

プログラム上で同じような操作を繰り返し行うループ処理の方法について学ぶことができるチャプターです。

チャプター一覧
(5:27)
無料公開中 Python
数字を0から9まで表示させます。そして、for inという、簡単な繰り返し命令について学習します。
(5:40)
無料公開中 Python
条件に合わせてループ処理をする、whileの使い方を学びます。
(7:46)
無料公開中 Python
whileを使ったループ処理について、もう少し学習します。そして、数値を10から1までカウントダウン表示させるプログラムを作ります。さらに、whileの具体例として、RPGの攻撃シーンのようなプログラムを作ってみましょう。
(4:36)
無料公開中 Python
ここでは、ループ処理の具体例として、HTMLのプルダウンメニューを作成します。そして、会員登録の入力フォームで年齢を1歳から100歳まで入力できるようにします。
(6:18)
無料公開中 Java アルゴリズム
プログラミングの基本的な機能や計算が必要になるFizzBuzz問題に解答してみます。
(3:26)
無料公開中 Java アルゴリズム
FizzBuzzのプログラムを少し違う方法で作ってみます。
(4:35)
フィボナッチ数と呼ばれる数値を表示するプログラムを作成してみます。
(2:04)
フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみます。ここでは、前回のプログラムとは違って、途中の計算結果を配列に格納しておくようにしてみます。
(4:09)
フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみたいと思います。ここでは、前回のプログラムとは違って、再帰呼び出しの回数を2回から1回に減らすように、プログラムを改良します。
(4:53)
直接フィボナッチ数を求めるビネの公式を使って、プログラムを作成してみます。
(3:32)
ここからは、応用編として、ハノイの塔プログラムを効率よく実行する方法を考えます。ここでは、移動する円盤の枚数が増えた時、移動回数がどうなるか調べましょう。そのために、円盤の移動回数を表示するカウント変数を追加します。
(6:09)
ここでは、ハノイの塔のプログラムで、再帰処理の回数を減らして、円盤の枚数が多くなっても、状態を出力できるようにプログラムを改良します。
(5:52)
無料公開中 Java
ここでは、数字を0から5まで表示させます。そのために、条件に合わせてループ処理するwhile(ワイル)という繰り返し命令について学習します。
(4:05)
無料公開中 Java
ここではwhileを使ったループ処理について、もう少し学習します。そして、初期値や条件式を変更するとどうなるか試します。
(5:21)
ここでは、for(フォー)という繰り返し命令について学習します。そのために、数字を0から4まで表示させてみましょう。
(4:30)
ここでは、ループ処理の具体例として、HTMLのプルダウンメニューを作成します。そして、会員登録の入力フォームで、年齢を1歳から100歳まで選択できるようにしましょう。
(6:32)
無料公開中 C#
ここでは、数字を0から5まで表示させます。 そのために、条件に合わせてループ処理する while という繰り返し命令について学習します。
(4:23)
無料公開中 C#
ここでは whileを使ったループ処理について、もう少し学習します。 そして、初期値や条件式を変更するとどうなるか試します。
(5:49)
無料公開中 C#
ここでは、forという繰り返し命令について学習します。 そのために、数字を0から4まで表示させてみましょう。
(4:38)
無料公開中 C#
ここでは、ループ処理の具体例として、HTMLのプルダウンメニューを作成します。 そして、会員登録の入力フォームで、年齢を1歳から100歳まで選択できるようにしましょう。
(3:19)
無料公開中 C#
引き続き、ループ処理の配列処理を扱っていきます。 今回はforeach文を使います。
(3:44)
PHP
このチャプターでは、foreach ループを使い、配列の値を取り出し、値ごとに処理する方法について解説します。
(3:25)
PHP
このチャプターでは、foreach ループで、value だけでなく key も取得する方法について解説します。
(3:17)
PHP
このチャプターでは、ここまで学んできた連想配列や foreach を利用して、ロールプレイングゲームのアイテムリストを、画像をつかって再現していきます。
(4:19)
PHP
このチャプターでは、ここまで学んできた連想配列や foreach を利用して、ロールプレイングゲームのアイテムリストを、画像をつかって再現します。
(2:56)
ここでは、メソッドを使った具体的な例として、RPGの攻撃シーンを表示するプログラムを作成してみます。
(3:12)
ここでは、メソッドを使った具体的な例として、RPGの攻撃シーンを表示するプログラムを作成してみます。
(3:30)
このレッスンでは、プログラミングの疑問を解決する方法について学習します。 カウントダウンするプログラムを例に、コードを書いて試してみて、それでも分からなければ検索して調べてみるという手順で疑問を解決してみます。
(2:30)
先ほどのチャプターでは、数字をカウントアップ表示するプログラムをカウントダウンするプログラムに変更しました。 このチャプターでは、もっと簡単にカウントダウンできなるようにならないか試していきます。
(3:38)
先ほどのチャプターでコードを書いて試した結果、数字をカウントアップするのと同様の方法では、カウントダウンダウンはきないことがわかりました。 このチャプターでは、Ruby言語の機能で、カウントダウンができないか調べていきます。
(3:37)
このチャプターではRubyについて調べるときに、どのようなサイトやマニュアルを読むとよいのか調べていきます。 検索エンジンで表示されたページのすべてに、正確な情報が書かれているとは限りませんので、ここで紹介した方法やサイトを参考にして、調べる力を身につけていきましょう。
(2:58)
無料公開中 Python
ここでは、ループ処理で辞書を扱います。そのために、Pythonのitemsと辞書を組み合わせてみましょう。
(2:30)
無料公開中 Python
今回と次回のチャプターでは、辞書とループを使った具体例として、RPGのアイテム一覧を作成します。まずは、どのようなプログラムを作るのか、基本的な内容を整理しましょう。
(4:30)
無料公開中 Python
前回と今回のチャプターでは、辞書とループを使った具体例として、RPGのアイテム一覧を作成していきます。このチャプターでは、実際にアイテムリストを実装していきます。
(3:50)
無料公開中 Python
ここでは、2次元リストから離れて、ループを使ってリストを処理する方法について、さらに理解を深めます。たくさんのデータを持つリストを処理するには、ループ処理が欠かせません。2次元リストを使う時にも活躍します。
(4:18)
無料公開中 Python
ここでは、forを使って2次元リストを作成してみましょう。少しややこしいところもあるので、順を追って作っていきましょう。
(3:17)
無料公開中 Python
ここでは、2次元リストで、簡単なドット絵を表示してみましょう。元になるイラストのドットの有無を、数字のゼロイチで表して、テキストで表示します。
(3:55)
無料公開中 Python
ここでは、複数のドット絵を表示するために、3次元リストを使ってみます。ドット絵のパターンごとに、リストを切り替えて表示してみましょう。
(3:33)
無料公開中 Python
ここでは、Pythonのenumerateを使って、2次元リストを出力します。具体的な例として、RPGの簡単なマップを作って、城と町の間を道路で接続します。
(4:17)
無料公開中 Python
ここでは、前回に引き続いて、RPGの簡単なマップを作って、城と町の間を道で接続します。
(4:12)
無料公開中 Python
ここでは、標準入力から2次元リストを読み込んでみます。複数行のカンマで区切ったデータを用意して、それを2次元リストに割り当てます。
(4:55)
無料公開中 Python
ここでは、標準入力から読み込んだ2次元リストデータに合わせて、RPGのキャラクターを配置して表示してみます。将棋のコマの初期状態のような感じで、画像を表示してみましょう。
(4:35)
PHP
ここでは、ループを使って2次元配列を処理する方法について、さらに理解を深めます。たくさんのデータを持つ配列を処理するには、ループ処理が欠かせません。
(2:59)
PHP
ここでは、配列を作るarray関数を使って、2次元配列を作成してみましょう。
(2:46)
PHP
ここでは、2次元配列で、簡単なドット絵を表示してみましょう。元になるイラストのドットの有無を、数字のゼロイチで表して、テキストで表示します。
(3:52)
PHP
ここでは、複数のドット絵を表示するために、3次元配列を使ってみます。ドット絵のパターンごとに、配列を切り替えて表示してみましょう。
(4:22)
PHP
ここでは、2次元配列の具体的な例として、RPGの簡単な地図を作ってみましょう。マス目の位置に合わせて、城と町の間を道路で接続します。
(4:34)
PHP
ここでは、前回に引き続いて、RPGの簡単なマップを作って、城と町の間を道路で接続します。
(4:16)
PHP
ここでは、標準入力から2次元配列を読み込んでみます。複数行のデータを用意して、それを2次元配列に割り当てます。
(4:35)
PHP
ここでは、2次元配列に合わせて、RPGのキャラクターを配置して表示してみましょう。将棋のコマの初期状態のような感じで、画像を表示してみましょう。
ページの先頭へ戻る