「ゲームプログラム」が学べる動画一覧

プログラムでゲームを作成するための話題について解説を行っているチャプターです。

チャプター一覧
(2:14)
無料公開中 PHP
実行するたびに出力される数字が変わるサイコロWebアプリを作ってみよう!
(4:56)
無料公開中 PHP
これまで覚えたIF文による条件分岐と、ランダム関数を使って、実行するたびに結果が変わるおみくじ作りに挑戦します。
(2:49)
無料公開中 PHP
これまで覚えたIF文による条件分岐と、ランダム関数を使って、RPGの戦闘シーンにでてくるようなクリティカルヒット判定を作ります。
(6:08)
PHP
このチャプターでは、標準入力から参加者を読み込み、ランダムで人を選出する、 ランダムくじ引きを作成します。参加人数が変わっても対応できるやり方を学びます。 概念的に難しかったと言う方の為に次のチャプターで図解もしています。
(2:40)
PHP
このチャプターでは、前回のコードだけの説明では解らなかった方の為に、 図解でランダム範囲を可変させるやり方について解説します。
(5:18)
ここでは、数値を10から1までカウントダウン表示させるプログラムを作ります。そして、whileの具体例として、RPGの攻撃シーンのようなプログラムを作ってみましょう。
(6:00)
ここでは、配列を使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。
(3:19)
無料公開中 Ruby
Rubyで実行するたびに出力される数字が変わるサイコロWebアプリを作ってみよう!
(5:53)
無料公開中 Ruby
ここまで覚えたif文による条件分岐と、randメソッドを使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(2:52)
無料公開中 Ruby
これまで覚えたif文による条件分岐と、ランダム関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(4:25)
無料公開中 Python
Pythonで、実行するたびに数字が変わるWebサイコロを作ってみよう!
(5:04)
無料公開中 Python
ここまで覚えたif文による条件分岐とrandint関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(2:46)
無料公開中 Python
これまで覚えたif文による条件分岐とrandint関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(6:00)
無料公開中 Python
ここでは、リストを使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。
(7:45)
無料公開中 Java
Javaで、実行するたびに数字が変わるWebサイコロを作ってみよう!
(5:03)
無料公開中 Java
ここまで覚えたif文による条件分岐と、randomメソッドを使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(2:24)
無料公開中 Java
これまで覚えたif文による条件分岐と、randomメソッドを使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(7:54)
無料公開中 C言語
ここでは、出現したモンスターの数を表示するプログラムを作ります。そして、数値を表示するプログラムについて学びます。 また、いくつかの数値の中から、サイコロのようにランダムにひとつの数値を選択できるrand関数の使い方についても説明します。
(6:27)
無料公開中 C言語
ここまで覚えたif文による条件分岐と、rand関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(3:17)
無料公開中 C言語
このチャプターでは、これまで覚えたif文による条件分岐と、rand関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(7:15)
無料公開中 JavaScript
ここでは、出現したモンスターの数を表示するプログラムを作ります。そして、数値を表示するプログラムについて学びます。 また、いくつかの数値の中から、サイコロのようにランダムにひとつの数値を選択できるrandom関数の使い方についても説明します。
(6:10)
無料公開中 JavaScript
このチャプターでは、これまでに覚えたif文による条件分岐とrandom関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(3:09)
無料公開中 JavaScript
このチャプターでは、これまでに覚えたif文による条件分岐と、random関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(6:16)
無料公開中 C#
このチャプターでは、サイコロのようにランダムで数値を表示する方法を学び、出現したモンスターの数を表示するプログラムを作ります。
(6:41)
無料公開中 C#
ここまで覚えたif文による条件分岐とランダム関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(3:17)
無料公開中 C#
このチャプターでは、これまで覚えたif文による条件分岐とRandomクラスを使って、 RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(5:07)
ここでは、配列を使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。
(2:27)
今回と次回のチャプターでは、ハッシュとループを使った具体例として、RPGのアイテム一覧を作成します。まずは、どのようなプログラムを作るのか、基本的な内容を整理しましょう。
(4:23)
前回と今回のチャプターでは、ハッシュとループを使った具体例として、RPGのアイテム一覧を作成しています。このチャプターでは、実際にアイテムリストを実装していきます。
(4:18)
無料公開中 C#
最後のチャプターです。今回はランダムくじを作ります。 今までの応用/総集編になります。
(3:17)
PHP
このチャプターでは、ここまで学んできた連想配列や foreach を利用して、ロールプレイングゲームのアイテムリストを、画像をつかって再現していきます。
(4:19)
PHP
このチャプターでは、ここまで学んできた連想配列や foreach を利用して、ロールプレイングゲームのアイテムリストを、画像をつかって再現します。
(2:56)
ここでは、メソッドを使った具体的な例として、RPGの攻撃シーンを表示するプログラムを作成してみます。
(3:12)
ここでは、メソッドを使った具体的な例として、RPGの攻撃シーンを表示するプログラムを作成してみます。
(2:20)
無料公開中 Java
今回と次回のチャプターでは、マップとループを使った具体例として、RPGのアイテム一覧を作成します。まずは、どのようなプログラムを作るのか、基本的な内容を整理しましょう。
(4:05)
無料公開中 Java
回と今回のチャプターでは、マップとループを使った具体例として、RPGのアイテム一覧を作成しています。このチャプターでは、実際にアイテムリストを実装していきます。
ページの先頭へ戻る