「2次元配列」が学べる動画一覧

2次元配列(二次元配列)は将棋の盤面データなどのゲームの状態など、格子状のデータを表現するのに便利に利用できます。

チャプター一覧
(3:30)
無料公開中 Ruby
ここでは、プログラミング言語Rubyを使って、2つのインデックスで要素を指定する2次元配列について、基本的な考え方を学習しましょう。2次元配列を使うと、複雑なデータを操作できるようになります。




(5:18)
無料公開中 Ruby
ここでは、プログラミング言語Rubyを使って、実際に2次元配列を作成してみましょう。例として、2次元配列を作成して、そこから要素を表示します。




(4:30)
ここでは、2次元配列の基本操作を学習します。配列の要素を更新したり、長さを調べたりしてみましょう。




(2:57)
ここでは、前回に引き続いて、2次元配列の基本操作を学習します。要素を追加・削除する基本的な操作を実際に試してみましょう。




(4:36)
ここでは、新しい配列を作るmapメソッドを使って、2次元配列を作成してみましょう。とても便利な機能ですが、少しややこしいところもあるので、順を追って作っていきましょう。




(3:12)
ここでは、2次元配列で、簡単なドット絵を表示してみましょう。元になるイラストのドットの有無を、数字のゼロイチで表して、テキストで表示します。




(3:45)
ここでは、複数のドット絵を表示するために、3次元配列を使ってみます。ドット絵のパターンごとに、配列を切り替えて表示してみましょう。




(3:14)
ここでは、Rubyのeach_with_indexを使って、2次元配列を出力します。具体的な例として、RPGの簡単なマップを作って、城と町の間を道路で接続します。




(3:59)
ここでは、前回に引き続いて、RPGの簡単なマップを作って、城と町の間を道路で接続します。




(3:55)
ここでは、標準入力から2次元配列を読み込んでみます。複数行のカンマで区切ったデータを用意して、それを2次元配列に割り当てます。




(4:49)
ここでは、標準入力から読み込んだ2次元配列データに合わせて、RPGのキャラクターを配置して表示してみましょう。将棋のコマの初期状態のような感じで、画像を表示してみましょう。




(3:13)
無料公開中 Java
ここでは、プログラミング言語のJavaを使って、2つのインデックスで要素を指定する2次元配列について、基本的な考え方を学習しましょう。2次元配列を使うと、複雑なデータを操作できるようになります。




(5:36)
無料公開中 Java
ここでは、Javaを使って、実際に2次元配列を作成してみましょう。例として、2次元配列を作成して、そこから要素を表示します。




(5:03)
ここでは、2次元配列の基本操作を学習します。配列の要素を更新したり、長さを調べたりしてみましょう。




(4:09)
ここでは、2次元配列をループを使って処理する方法について、理解を深めます。たくさんのデータを持つ配列を処理するには、ループ処理が欠かせませんし、2次元配列を使う時にも活躍します。




(4:42)
ここでは、新しい配列を作るnewメソッドを使って、2次元配列を作成してみましょう。また、配列の初期化についても説明します。




(3:11)
ここでは、2次元配列の具体例として、簡単なドット絵を表示してみましょう。元になるイラストのドットの有無を、数字のゼロイチで表して、テキストで表示します。




(4:07)
ここでは、複数のドット絵を表示するために、3次元配列を使ってみます。ドット絵のパターンごとに、配列を切り替えて表示してみましょう。




(4:21)
ここでは、2次元配列の具体的な例として、RPGの簡単な地図を作ってみましょう。マス目の位置に合わせて、城と町の間を道路で接続します。




(3:41)
ここでは、前回に引き続いて、RPGの簡単なマップを作って、城と町の間を道路で接続します。




(5:06)
ここでは、標準入力から2次元配列を読み込んでみます。複数行のデータを用意して、それを2次元配列に割り当てます。




(4:29)
ここでは、2次元配列に合わせて、RPGのキャラクターを配置して表示してみましょう。将棋のコマの初期状態のような感じで、画像を表示してみましょう。




ページの先頭へ戻る