演習課題「リストの中身を1行ずつ表示してみよう」

右のコードエリアには、「A」という文字が、leter_Aという2次元リストで定義されています。
このリストから要素を順に取り出して、ドットで文字を出力してください。
この時、要素が1だったら「@」(半角アットマーク)、ゼロだったら「 」(半角スペース)を出力します。

プログラムを実行して、正しく出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値


@@
@ @
@ @
@@@@@@
@ @
@ @

※有料会員になるとこの動画をご利用いただけます
詳しい説明を読む

#07:ドット絵を表示する

ここでは、2次元リストで、簡単なドット絵を表示してみましょう。元になるイラストのドットの有無を、数字のゼロイチで表して、テキストで表示します。