演習課題「標準入力から、2次元リストを読み込む」

右のコードエリアには、「A」という文字のドットデータを標準入力から読み込むコードがあります。
このデータを2次元リストに格納して、print関数で出力してください。

プログラムを実行して、正しく出力されれば演習課題クリアです!

入力される値

0,0,1,1,0,0
0,1,0,0,1,0
1,0,0,0,0,1
1,1,1,1,1,1
1,0,0,0,0,1
1,0,0,0,0,1
_

標準入力からの値取得方法はこちらをご確認ください

期待する出力値

[['0', '0', '1', '1', '0', '0'], ['0', '1', '0', '0', '1', '0'], ['1', '0', '0', '0', '0', '1'], ['1', '1', '1', '1', '1', '1'], ['1', '0', '0', '0', '0', '1'], ['1', '0', '0', '0', '0', '1']]

※有料会員になるとこの動画をご利用いただけます
詳しい説明を読む

#11:標準入力から2次元リスト

ここでは、標準入力から2次元リストを読み込んでみます。複数行のカンマで区切ったデータを用意して、それを2次元リストに割り当てます。

出力タイプ: