演習課題「ドットで文字を出力しよう」

右のコードエリアには、「A」という文字が、letterAという2次元配列で表されています。
この配列から要素を順に取り出して、ドットで文字を出力してください。
この時、要素が1だったら「@」(半角アットマーク)、0だったら「 」(半角スペース)を出力します。

プログラムを実行して、正しく出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

  @@  
@ @
@ @
@@@@@@
@ @
@ @

※paizaに会員登録すると無料で動画学習コンテンツをご利用いただけます
会員登録する

#06:ドット絵を表示しよう

2次元配列の利用の具体例として、簡単なドット絵を表示してみましょう。元になるイラストのドットの有無を、数字のゼロイチで表して、テキストで表示します。