選考が始まったら: 選考対策のポイント

Part4-3選考別対策3:最終面接

不採用理由を徹底分析!4つの失敗パターンと対策!
Icon 01 03 よくある就活ご相談
次回は役員面接ということで緊張しています。
どんな質問をされるのでしょうか?

最終面接で見られているポイント

「最終面接まで行けたら、ほぼ内定でしょ」と思う方もいるでしょう。
しかし、実は最終面接の通過率は、平均して50%ほどと言われています。
2人に1人が落ちているのですから、最終で容赦なく落とされるのは決して珍しいケースではありません。

では、それまでの面接を通過できる能力や人間性を持った応募者が、なぜ半分も落とされてしまうのでしょうか。

最終で落とされる人の多くは「強い入社意思が感じられない」と判断されています。
最終面接の面接官は、「志望動機」や「入社してからやってみたいこと」といったよく聞かれる質問を通して「本当にうちに入社したいと思っているのか」を確認しています。

面接対策を読んで、しっかり入社意思を伝えられるよう準備しておきましょう。

想定される質問リスト

  • ・なぜうちに応募したのですか?
  • ・弊社のどんなサービスに関わってみたいですか?
  • ・入社したら何をやってみたいですか?
  • ・何か質問はありますか?

最終面接の対策

最終面接まで進める人は、それまでの選考で「この人は通してOK!」と思われてきたわけですから、業務スキルや人間性には問題ありません。(最終面接で落とされるとかなり落ち込んでしまう人も多いですが、ここは自信を持ってください)

ただ、企業側も採用活動にはかなりのコストを投じていますから、限りある内定通知は、確実に入社してくれそうな人に出したいと考えています。せっかく内定を出した学生に辞退されてしまい、予定していた人数の人材確保が難しいとなると、企業は再び採用活動を実施しなければなりません。

ですから、応募者に「第一希望ではない」とか「迷っている」と言われてしまうと、面接官も「入社してくれる可能性が低い人に内定を出すわけにはいかない」と感じてしまうのです。

その企業に入社したい!と思っているのであれば、これまでの面接で受けた印象や人事・現場の社員と話してきた内容を踏まえ、「なぜその企業でなくてはならないのか」という具体的な入社意思を伝えましょう。

例えば、「一次面接で現場のエンジニアとこんな話をして、ここで働きたいと思った」など、応募時のエントリーシートや履歴書に記載した動機をそのまま言うだけではなく、自分にしか言えない内容を追加できるとよいでしょう。

また、熱意については「逆質問」の場でも伝えることができます。例えば、「御社で評価されているエンジニアの方々は、どのようなスキルや資質を持った方が多いですか?」といった入社後のステップアップに関する質問や、面接官が事業立ち上げ経験のある役員であれば「事業立ち上げのきっかけは何ですか?」、また配属予定の事業部役員であれば「事業を運営する上で大事にしていることは何ですか?」などといった質問ができます。

このような質問は熱意も伝わりやすく、また相手が役員だからこそ聞ける質問でもあるので、ぜひ参考にしてみてください。(ただ、企業HPや社長ブログにすでに回答がある場合もあるので、事前に確認をしておきましょう。)

  • プログラミングスキルチェックで書類選考がなくなります。(登録は10秒!)
    すぐにプログラミング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定回答時間20分)
  • Btn 01
ページの先頭へ戻る