ITエンジニア・プログラマを目指す就活で押さえたいポイント

就活を成功させるには、ある種のノウハウが必要です。これまでの経験と今後の方向性がしっかりと整理できているか、履歴書に必ず入れるべき内容を書いているか、面接時のマナーや志望動機の伝え方など、 満足の行く就活を実現するためには押さえておくべきポイントが多くあります。
ITエンジニア・プログラマを目指す学生に特化した就活サイトpaizaだから伝えられる、就活準備から、面接、内定、入社までをスムーズに成功させるためのノウハウをまとめました。就活を考えている方はもちろん、まだ就活を始めるには早いという方もきっと役立つノウハウです。ぜひ一読しておいてください。

1 paizaの就活リファレンス

paizaの就活サービスの流れやサービス詳細についてご紹介します。paizaは、ITエンジニア・プログラマーを目指す人に最適化された求人情報や面接方法をご提供しています。ここではサービスについて説明します。

2 就活を知る:就活準備期間にすること

就活したいけど、まず何をしたらいいのかわからない、という方も多いはず。プログラマーを目指す人の就活に必要な事前準備から面接、内定、晴れて入社までの流れと、それぞれのステップの中で「これさえ押さえておけば就活がうまくいく!」というポイントをまとめました。

3 面接前の準備

就活で初めて企業とやりとりすることになったけど「どうしたらいいかわからない!」という人も多いはず。 就活で使える、電話とメールの押さえておくべきビジネスマナーやITエンジニア、プログラマーを目指す人のための履歴書の書き方ノウハウをまとめました。

4 選考が始まったら:選考対策のポイント

いよいよ就活本番!しかし「面接が不安、対策方法がよくわからない」という方も多いはず。
選考にはいくつか種類があり、それぞれ対策するべき内容が異なります。選考本番で失敗しないための対策ポイントをまとめました。

5 プログラミングスキル以外で失敗しないための面接対策リファレンス

「プログラミングに自信はあるのに、なかなか面接を突破できない」という人は少なくありません。 面接官は、あなたのプログラミングスキル以外にも、さまざまな面を見て判断をしています。 面接で「失敗しやすい人」の傾向ごとに、「何がダメなのか」「どう改善すべきか」といったポイントをまとめました。

  • コーディングスキルチェックで書類選考がなくなります。(登録は10秒!)
    すぐにコーディング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定回答時間20分)
  • Btn 01

Banner 960 160

ページの先頭へ戻る