paizaの就活リファレンス

Part1-1paizaの就活ステップ

paizaの転職ステップ
Icon 01 03 よくある就活ご相談
paizaに登録したのですが、paizaを利用した就活の流れを教えてください。
このPartのメニュー

paizaの就活サービスの特徴と流れ

paiza(パイザ)は、プログラムを書くことで、書類選考なしで採用企業との面接・面談に進める、全く新しいカタチのプログラミング就活サービスです。

プログラミングスキルチェックの対応言語は、 Java、PHP、Ruby、Python2、Python3、Perl、C、C++、C#、JavaScript、Objective-C、Scala、Go、Swift に対応しており、実務に近い実装中心の問題(Dランク〜Aランク)とアルゴリズム中心の問題(Sランク)があります。得意な言語や今後仕事で使って行きたい言語でスキルチェックに挑戦してください。面接での自己PRが苦手な方でも、プログラミングスキルチェックで書いたコードをもとに、どういった点を考えながらそのコードを書いたか面接時に話せば自己PRにもなります。

詳しくはこちらをご覧ください。
paizaとは

  • プログラミングスキルチェックで書類選考がなくなります。(登録は10秒!)
    すぐにプログラミング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定回答時間20分)
  • Btn 01
ページの先頭へ戻る