演習課題「HTMLの箇条書き表示」

右のコードは、HTMLの箇条書きで1から3まで表示するプログラムです。
for inを使って、箇条書きで1から100まで出力するよう修正してください。

プログラムを実行して、正しく出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

<ul>
<li>1</li>
<li>2</li>
<li>3</li>
...
<li>100</li>
</ul>

※有料会員になるとこの動画をご利用いただけます
詳しい説明を読む

#05:繰り返しでHTMLを作成する

ここでは、ループ処理の具体例として、HTMLのプルダウンリストを作成します。そして、会員登録の入力フォームで、年齢を1歳から100歳まで選択できるようにしましょう。