「HTML」が学べる動画一覧

ウェブページの作成に必須の言語であるHTMLについて学べるチャプターです。

チャプター一覧
(2:16)
無料公開中 PHP
PHPはHTMLのなかに埋め込む事も出来ます。HTMLと共存させて文字を太文字にしてみましょう!




(2:15)
PHP
PHPはHTMLのなかに埋め込む事も出来ます。HTMLと共存させて文字を太文字にしてみましょう!




(3:53)
無料公開中 Ruby
RubyでHTMLを出力する方法を学びます。H1や太字などにしてみましょう!




(4:23)
ここでは、ループ処理の具体例として、HTMLのプルダウンリストを作成します。そして、会員登録の入力フォームで、年齢を1歳から100歳まで選択できるようにしましょう。




(4:03)
RubyでHTMLを出力する方法を学びます。H1や太字などにしてみましょう!




(4:12)
無料公開中 Python
PythonでHTMLを出力する方法を学びます。H1や太字などにしてみましょう!




(5:22)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
このレッスンでは、Webページの基礎となる、HTMLとCSSについて学んでいきます。ここでは、このレッスンの目的や対象者・進め方を確認します。また、Webページを作成するために必要となる、HTMLとCSS、Bootstrapの概略を説明します。




(7:16)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
ここでは、htmlの初歩的な機能を使って、簡単なWebページを作ります。そして、htmlの基本的な書き方を学んでいきます。




(6:44)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
ここでは、簡単なWebページに文字を表示してみたいと思います。先ほどは、見出しだけを表示したので、そこに文章を追加してみましょう。そして、htmlで文字を扱う方法や間違いやすいポイントを学んでいきます。




(6:48)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
ここでは、もう少ししっかりとしたWebページを作ります。先ほど作成したWebページは、HTMLの基本を説明するために、本来必要なタグをかなり省略していました。今回は、Webページを作るために、HTML5という最新の規格とBootstrapというHTMLフレームワークを使います。




(5:49)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
このレッスンでは、HTMLの見た目を定義するCSSについて、学習します。また、HTMLフレームワークのBootstrapを使って、スマホやタブレットでもカッコよくWebページを表示できる、レスポンシブデザインとグリッドについても解説します。




(6:48)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
ここでは、Webページの色を変えてみます。そのために、CSSの色指定について学習します。




(4:23)
ここでは、Webページのテキストのサイズや種類をCSSで設定する方法について学習します。




(5:00)
ここではCSSを使ったパーツのレイアウトに挑戦します。そのために、CSSを使った余白や間隔の指定方法について学習しましょう。




(4:28)
ここでは、Bootstrapのコンテナという機能を使って、Webページのデザインを整えていきます。そして、PCでもスマートフォンでも、レイアウトが崩れにくいレスポンシブデザインを実現します。




(6:19)
Webページで柔軟なレイアウトを可能にする、Bootstrapのグリッドシステムを取り上げます。グリッドは、最近のWebページで主流になっている定番のデザインで、Bootstrapで簡単に実現できます。




(6:41)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
ここでは、Webページに画像とリンクを追加します。Bootstrapを使うことで、リンクや画像を便利に表示することができます。




(6:04)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
ここでは、Webページに箇条書きのリストを追加します。さらに、Bootstrapで箇条書きを使ってナビゲーションバーを作ります。このナビゲーションバーを使って、同じページ内でジャンプする方法も紹介します。




(5:48)
ここでは、Webページに表を追加します。Bootstrapを使うと、見栄えの良い表を簡単に作ることができます。




(4:59)
ここでは、会員登録や問い合わせなどに利用できるフォームを作ってみます。フォームを使えば、情報を見せるだけでなく、相手から連絡してもらうことができます。




(4:09)
ここでは、複数行のテキストエリアとプルダウンリストといった、いくつかのパーツをフォームに追加してみます。このようなパーツも、Bootstrapを使うことで、カッコいいデザインを簡単に設定できます。




(5:06)
Bootstrapのグリッドシステムを使って、フォームのレイアウトを整えてみましょう。




(4:00)
無料公開中 JavaScript
ここでは、JavaScriptを使って、HTMLを出力するプログラムを作ります。 プログラムからHTMLを出力すると、利用者の状況に応じて、Webページの内容を変化させることができます。これが、Webサービスを作る第1歩になります。




(5:34)
PHPとデータベースのMySQLを使って掲示板サイトを作成します。 環境構築をすることなく、ウェブブラウザだけで、すぐに学習を開始することができます。




(4:05)
ここでは、掲示板の土台となるWebページをHTMLで作ります。それから、paizaラーニングで、Webページを作成する練習もしてみましょう。




(5:04)
ここでは、1行掲示板のデータベースを準備してみたいと思います。そのために、MySQLの管理ツールであるphpMyAdmin(ピーエイチピーマイアドミン)の操作について紹介します。




(6:03)
ここでは、PHPで、データベースのデータを取得します。そのために、PHPでデータベースに接続する方法を学習しましょう。




(6:29)
ここでは、掲示板の投稿フォームを作ります。そのために、フォームの仕組みと作り方を学習しましょう。今回は、メッセージをサーバーで受信するところまでやってみます。




(4:54)
ここでは、投稿フォームから受信したデータをデータベースに書き込んでみます。そのために、データベースにデータを書き込む方法を学習しましょう。




(6:21)
ここまで作ってきた機能をひとつにまとめて、いったん掲示板を完成させます。Webアプリケーションとして形になると、それなりの手ごたえがあるでしょう。




(4:39)
ここからは応用編として、1行掲示板に機能を追加したり、見た目を整えたりと、さらにパワーアップさせてみます。このチャプターでは、投稿の削除機能を追加しましょう。




(6:17)
ここでは、1行掲示板に投稿者の名前を追加します。そのために、投稿フォームと発言リストに名前の欄が必要になります。また、投稿された名前の情報を挿入するために、データベースも修正しましょう。




(5:03)
ここでは、掲示板の見た目を整えます。そのために、HTMLフレームワークのBootstrapを使って、投稿フォームとテーブルのデザインを変更してみましょう。




(3:26)
無料公開中 C#
C#でHTMLを出力する方法を学びます。見出しや太字などを使ってみましょう!




(5:57)
無料公開中 キャリア
ここでは、エンジニアがスキルをアピールするときに役立つポートフォリオページの作り方を説明します。HTMLとBootstrapを使って、具体的な作例を作りましょう。まずは、全体の構成とベースになるHTMLについて取り上げます。




(3:35)
無料公開中 キャリア
ここでは、ポートフォリオページで作品例を紹介するコーナーを作ります。そして、Bootstrapのグリッドの使い方をおさらいしましょう。




(5:17)
ここでは、ポートフォリオページにアピールポイントを紹介するコーナーを追加します。そして、Bootstrapで3つのアピールポイントをレイアウトしてみましょう。




(3:51)
ここでは、ポートフォリオページで一番目立つページのトップを作りたいと思います。そして、Bootstrapでこのようなレイアウトを実現するジャンボトロンを使ってみましょう。




(5:05)
ここでは、Ruby on Railsで作成した掲示板に投稿者名を保存する機能をを追加してみたいと思います。




ページの先頭へ戻る