「for文」が学べる動画一覧

繰り返し処理を短く便利に実行するのに利用されるfor文の使い方を学べるチャプターです。

チャプター一覧
(4:49)
無料公開中 PHP
for文を使って、ループ処理をよりスマートに書くやり方を、while文との書き方の比較で学びます。




(5:50)
PHP
このチャプターではfor文について学びます。 for文を使えば、ループ処理をよりスマートに書く事が出来ます。




(5:33)
無料公開中 Ruby
ここでは、数字を0から9まで表示させます。そして、for in(フォーイン)という簡単な繰り返し命令について学習します。




(5:27)
無料公開中 Python
数字を0から9まで表示させます。そして、for inという、簡単な繰り返し命令について学習します。




(5:40)
無料公開中 Python
条件に合わせてループ処理をする、whileの使い方を学びます。




(4:36)
無料公開中 Python
ここでは、ループ処理の具体例として、HTMLのプルダウンメニューを作成します。そして、会員登録の入力フォームで年齢を1歳から100歳まで入力できるようにします。




(6:18)
無料公開中 Java アルゴリズム
プログラミングの基本的な機能や計算が必要になるFizzBuzz問題に解答してみます。




(2:04)
フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみます。ここでは、前回のプログラムとは違って、途中の計算結果を配列に格納しておくようにしてみます。




(4:09)
フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみたいと思います。ここでは、前回のプログラムとは違って、再帰呼び出しの回数を2回から1回に減らすように、プログラムを改良します。




(4:53)
直接フィボナッチ数を求めるビネの公式を使って、プログラムを作成してみます。




(3:32)
無料公開中 Java アルゴリズム
ここからは、応用編として、ハノイの塔プログラムを効率よく実行する方法を考えます。ここでは、移動する円盤の枚数が増えた時、移動回数がどうなるか調べましょう。そのために、円盤の移動回数を表示するカウント変数を追加します。




(6:09)
無料公開中 Java アルゴリズム
ここでは、ハノイの塔のプログラムで、再帰処理の回数を減らして、円盤の枚数が多くなっても、状態を出力できるようにプログラムを改良します。




(5:21)
無料公開中 Java
ここでは、for(フォー)という繰り返し命令について学習します。そのために、数字を0から4まで表示させてみましょう。




(4:30)
無料公開中 Java
ここでは、ループ処理の具体例として、HTMLのプルダウンメニューを作成します。そして、会員登録の入力フォームで、年齢を1歳から100歳まで選択できるようにしましょう。




(5:49)
無料公開中 C#
ここでは、forという繰り返し命令について学習します。 そのために、数字を0から4まで表示させてみましょう。




(4:38)
無料公開中 C#
ここでは、ループ処理の具体例として、HTMLのプルダウンメニューを作成します。 そして、会員登録の入力フォームで、年齢を1歳から100歳まで選択できるようにしましょう。




ページの先頭へ戻る