「標準入力」が学べる動画一覧

プログラム上で外部から与えられる入力を処理する最も基本的な機能である標準入力について学べるチャプターです。標準入力はpaizaのスキルチェックなどで必須となるデータ入力(値の受け取り)方法です。paiza利用にあたり標準入力について分からない場合、まずは各言語の「データの読み込み(標準入力)」を受講してみましょう。
※初めてpaizaラーニングを使う方は、動画学習を始める前にこちらをご覧ください。

チャプター一覧

(2:37)
無料公開中
プログラムから外部のデータを読み込む方法について、どのようなやり方があるのかについて学びます。
(2:34)
無料公開中
ループ処理からちょっと離れて、プログラムの外部からデータを入力する標準入力について学習します。標準入力を使うと、ファイルのデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを指定したりできます。
(6:25)
ループ処理からちょっと離れて、プログラムの外部からデータを入力する標準入力について学習します。標準入力を使うと、ファイルのデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを指定したりできます。
(2:38)
無料公開中
ループ処理からちょっと離れて、プログラムの外部からデータを入力する標準入力について学習します。標準入力を使うと、ファイルのデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを指定したりできます。
(2:28)
ループ処理からちょっと離れて、プログラムの外部からデータを入力する標準入力について学習します。 標準入力を使うと、ファイルのデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを指定したりできます。
(2:23)
無料公開中
いよいよ実装です。標準入力による値の取得方法、格納方法などについて解説します。
(6:17)
無料公開中
このチャプターでは、標準入力でプログラムの外部データを読み込むやり方を学びます。
(4:09)
このチャプターでは、標準入力からの複数行データを読み込み、 配列に格納するやり方について学びます。CSVデータの読み込みや、 外部データを読み込んで処理をおこないたい場合に必須の技術です。
(4:10)
このチャプターでは、標準入力からの複数行データを読み込み、配列に格納するやり方について学びます。 途中に空行が有った場合の回避方法について解説します。
(4:01)
無料公開中
ここでは、実際に、Rubyで標準入力から読み込むプログラムを作成してみたいと思います。標準入力を使うと、ファイルからデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを受け取ったりできるんですよ。
(4:59)
無料公開中
標準入力を使って、複数のデータを読み込む方法を学びます。そのために、標準入力にループ処理を組み合わせます。
(4:14)
ここでは、標準入力から読み込んだ複数の行のデータを配列に格納します。その時に、読み込む行数が事前に分からなくても、きちんと対応できるようにしましょう。
(4:33)
標準入力を使って、複数のデータを読み込む方法を学びます。そのために、標準入力にループ処理を組み合わせます。
(4:33)
ここでは、標準入力から読み込んだ複数の行のデータをリストに格納します。その時に、読み込む行数が事前に分からなくても、きちんと対応できるようにしましょう。
(4:20)
無料公開中
ここでは、実際に、Javaで標準入力から読み込むプログラムを作成します。標準入力を使うと、ファイルからデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを受け取ったりできます。
(5:11)
無料公開中
標準入力を使って、複数のデータを読み込む方法を学びます。そのために、標準入力にループ処理を組み合わせます。
(4:48)
ここでは、実際に、C#で標準入力から読み込むプログラムを作成します。 標準入力を使うと、ファイルからデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを受け取ったりできます。
(5:53)
標準入力を使って、複数のデータを読み込む方法を学びます。 そのために、標準入力にループ処理を組み合わせます。
(3:56)
ここでは、標準入力から読み込んだ複数の行データを配列に格納します。その時に、読み込む行数が事前に分からなくても、きちんと対応できるようにしましょう。
(4:22)
このチャプターでは複数行データをリストに入れます。 while文と組み合わせながら、読み込みについて学んでいきます。
(3:15)
無料公開中
このチャプターでは繰り返し処理から少し離れて、プログラムの外部からデータを入力する、標準入力について学習します。
(7:09)
無料公開中
標準入力からデータを受け取るプログラムを作成します。標準入力を使うと、プログラムの実行時にデータを受け取ることができるようになります。
(4:35)
無料公開中
標準入力から複数行のデータを受け取った場合の動きを確認します。
(4:57)
ここでは、標準入力から取得したデータを配列に変換する方法を学習します。 カンマで区切られた1行のデータを、カンマごとに分割して配列に格納しましょう。
(2:44)
ここでは、標準入力から受け取った複数行のデータを配列に格納します。 読み込む行数が事前に分からなくても、すべての行を取得できるようにしましょう。
(2:51)
無料公開中
ループ処理からちょっと離れて、プログラムの外部からデータを入力するための、標準入力について学習します。 標準入力を使うと、ファイルのデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを指定したりできます。
(5:57)
無料公開中
実際に、標準入力から読み込むプログラムを作成します。 標準入力を使うと、ファイルからデータを読み込んだり、プログラムの実行時にデータを受け取ったりできるんですよ。
(5:13)
無料公開中
標準入力を使って、複数のデータを読み込む方法を学びます。そのために、標準入力にループ処理を組み合わせます。
(05:28)
例外処理の具体例として、RPGのプレイヤーを表示するプログラムに例外処理を追加します。 標準入力からの値に応じて、プレイヤーを選択して表示させますが、処理できない場合にエラーメッセージを表示させましょう。
(06:12)
ここでは、標準入力から受け取った複数行のデータを配列に読み込む方法について学習します。
(05:54)
ポインタの応用として、動的に領域を確保する malloc について学習します。
(07:11)
応用として、標準入力から受け取ったドット絵のデータを、動的に確保したデータ領域に読み込んでみます。
(03:35)
無料公開中
プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。paizaラーニングでは、入力タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。
(03:20)
無料公開中
標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できます。
(4:18)
無料公開中
プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。まずは、文字列データを受け取る方法を取り上げます。paiza ラーニングでは、「入力」タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。
(3:35)
無料公開中
プログラムの実行時に、整数データを受け取る方法を取り上げます。また、整数データと文字列を連結して表示する方法も取り上げます。
(3:26)
無料公開中
標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(4:55)
無料公開中
プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。paiza ラーニングでは、「入力」タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。また、数値と文字列を変換する関数も取り上げます。
(3:21)
無料公開中
標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(4:42)
無料公開中
プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。paiza ラーニングでは、「入力」タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。
(3:22)
無料公開中
標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(6:37)
無料公開中
プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。paiza ラーニングでは、「入力」タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。
(3:44)
無料公開中
標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(5:05)
無料公開中
ここでは、プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。paiza ラーニングでは、入力タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。まずは、文字列を受け取ります。
(3:19)
無料公開中
ここでは、先ほどの続きとして、入力タブから整数データをプログラムの実行時に受け取る方法を学習します。整数データを受け取る場合は、sscanf 関数の書式で、%d を指定します。
(3:38)
無料公開中
ここでは、標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(3:36)
無料公開中
ここでは、プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。paiza ラーニングでは、入力タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。
(3:06)
無料公開中
ここでは、標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(4:37)
無料公開中
ここでは、ループ処理で、複数のデータを受け取る方法を学習します。ループ処理のなかで STDIN を使うと、標準入力から複数のデータを受け取ることができます。
(4:26)
無料公開中
ここでは、プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。paiza ラーニングでは、入力タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。
(3:16)
無料公開中
ここでは、標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(2:54)
無料公開中
ここでは、ループ処理で、複数のデータを受け取る方法を学習します。ループ処理のなかで ReadLine を使うと、標準入力から 1 行ずつデータを受け取ることができます。
(3:30)
無料公開中
ここでは、プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。paiza ラーニングでは、入力タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。
(3:14)
無料公開中
ここでは、標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(4:35)
無料公開中
ここでは、ループ処理で、複数行のデータを受け取る方法を学習します。ループ処理のなかで readLine()を使うと、標準入力から 1 行ずつ複数行のデータを受け取ることができます。
(3:25)
無料公開中
ここでは、プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。paiza ラーニングでは、入力タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。
(3:14)
無料公開中
ここでは、標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(3:04)
無料公開中
ここでは、ループ処理で、複数のデータを受け取る方法を学習します。ループ処理のなかで cin を使うと、標準入力から 1 行ずつ複数のデータを受け取ることができます。
(03:20)
無料公開中
ここでは、プログラムの実行時にデータを受け取る方法を学習します。paiza ラーニングでは、入力タブを使って、プログラムの実行時にデータを受け取ることができます。
(03:13)
無料公開中
ここでは、標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(04:14)
無料公開中
ここでは、ループ処理で、複数行のデータを受け取る方法を学習します。ループ処理のなかで readLine()を使うと、標準入力から 1 行ずつ複数行のデータを受け取ることができます。
(04:29)
無料公開中
ここでは、複数のデータを受け取って、それを分類するプログラムをつくります。for と if を組み合わせると、複数のデータに同じ処理を繰り返すことができます。
(3:23)
無料公開中
ここでは、標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できるんですよ。
(4:03)
無料公開中
ここでは、ループ処理で、複数のデータを受け取る方法を学習します。ループ処理のなかで Scan 関数を使うと、標準入力から 1 行ずつ複数のデータを受け取ることができます。
(3:14)
無料公開中
ここでは、標準入力と標準出力について学習します。標準入力と標準出力は、多くの OS やプログラム実行環境が持っている機能です。プログラムは、標準入力からデータを受け取って、標準出力にデータを渡します。標準入力と標準出力は、この受け渡し先をプログラムの実行時に指定できます。
(3:58)
無料公開中
ここでは、ループ処理で、複数行のデータを受け取る方法を学習します。ループ処理のなかで readLine()を使うと、標準入力から 1 行ずつ複数行のデータを受け取ることができます。
ページの先頭へ戻る