「条件分岐」が学べる動画一覧

条件の成立の有無によって、プログラムが行う処理を変更する条件分岐について学べるチャプターです。
※初めてpaizaラーニングを使う方は、動画学習を始める前にこちらをご覧ください。

チャプター一覧

(3:31)
無料公開中
このチャプターでは、IF文による条件分岐について学びます。条件分岐はプログラミングの基本中の基本なので、しっかりマスターしましょう!
(1:53)
無料公開中
elseifを使い、条件分岐を複数作るやり方を学びます。
(3:55)
無料公開中
if文の条件式に、〜以上、〜以下などの比較演算子を使う事で、よりかしこい条件分岐のしかたを学びます。
(4:56)
無料公開中
これまで覚えたIF文による条件分岐と、ランダム関数を使って、実行するたびに結果が変わるおみくじ作りに挑戦します。
(2:49)
無料公開中
これまで覚えたIF文による条件分岐と、ランダム関数を使って、RPGの戦闘シーンにでてくるようなクリティカルヒット判定を作ります。
(6:08)
このチャプターでは、標準入力から参加者を読み込み、ランダムで人を選出する、 ランダムくじ引きを作成します。参加人数が変わっても対応できるやり方を学びます。 概念的に難しかったと言う方の為に次のチャプターで図解もしています。
(2:40)
このチャプターでは、前回のコードだけの説明では解らなかった方の為に、 図解でランダム範囲を可変させるやり方について解説します。
(6:00)
ここでは、配列を使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。
(3:46)
無料公開中
このチャプターでは、ここでは、数値に応じて、表示するメッセージを切り替えるプログラムを作成します。そして、条件に応じて、処理を枝分かれさせるif文について学習します。
(4:04)
無料公開中
if文で、複数の条件式を指定する「elsif」について学習します。
(5:33)
無料公開中
if文で、数値が大きかったら、小さかったらといった場合に対応する、比較演算子について学習します。
(5:53)
無料公開中
ここまで覚えたif文による条件分岐と、randメソッドを使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(2:52)
無料公開中
これまで覚えたif文による条件分岐と、ランダム関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(7:02)
無料公開中
ここでは、if文で、複数の条件を組み合わせるAND(アンド)について学習したいと思います。ANDを使うと、ひとつのif文で、複数の条件式を組み合わせることができるんですよ。
(8:28)
無料公開中
ここでは、if文で、2つの条件を組み合わせるORについて学習します。
(5:59)
無料公開中
ここでは、条件の評価結果について学習します。if文で、条件を評価すると、「条件が成立したとき」と「成立しなかったとき」という2つの状態になります。Rubyは、この状態を表す専用のデータを持っています。
(4:44)
ここでは、数値に応じて、表示するメッセージを切り替えるプログラムを作成します。そして、条件に応じて、処理を枝分かれさせるif文について学習します。
(3:46)
if文で、複数の条件式を指定する「elif」について学習します。
(4:54)
if文で、数値が大きかったら、小さかったらといった場合に対応する、比較演算子について学習します。
(5:04)
ここまで覚えたif文による条件分岐とrandint関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(2:46)
これまで覚えたif文による条件分岐とrandint関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(6:00)
ここでは、リストを使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。
(4:37)
無料公開中
ここでは、数値に応じて、表示するメッセージを切り替えるプログラムを作成します。そして、条件に応じて、処理を枝分かれさせるif文について学習します。
(3:18)
無料公開中
ここでは、条件をひとつではなく複数にして、それぞれ異なるメッセージを表示するプログラムを作成します。そして、if文で、複数の条件式を指定する「else if」について学習します。
(4:51)
無料公開中
if文で、数値が大きかったら、小さかったらといった場合に対応する、比較演算子について学習します。
(5:03)
無料公開中
ここまで覚えたif文による条件分岐と、randomメソッドを使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(2:24)
無料公開中
これまで覚えたif文による条件分岐と、randomメソッドを使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(7:24)
無料公開中
ここでは、if文で、複数の条件を組み合わせるAND(アンド)について学習したいと思います。ANDを使うと、ひとつのif文で、複数の条件を組み合わせることができるんですよ。
(8:48)
無料公開中
ここでは、if文で、2つの条件を組み合わせるORについて学習します。
(5:52)
無料公開中
ここでは、条件の評価結果について学習します。条件には、「成立したとき」と「成立しなかったとき」という状態がありますが、Javaでは、このような状態を表すため、論理型というデータ型を持っています。
(6:18)
無料公開中 アルゴリズム
プログラミングの基本的な機能や計算が必要になるFizzBuzz問題に解答してみます。
(3:26)
無料公開中 アルゴリズム
FizzBuzzのプログラムを少し違う方法で作ってみます。
(4:35)
フィボナッチ数と呼ばれる数値を表示するプログラムを作成してみます。
(2:04)
フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみます。ここでは、前回のプログラムとは違って、途中の計算結果を配列に格納しておくようにしてみます。
(4:23)
引き続き、フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみます。今回は、再帰(さいき)というテクニックを使って、プログラムを作ってみましょう。
(4:09)
フィボナッチ数を表示するプログラムを作成してみたいと思います。ここでは、前回のプログラムとは違って、再帰呼び出しの回数を2回から1回に減らすように、プログラムを改良します。
(4:02)
ここでは、ハノイの塔で円盤を動かす手順を、再帰呼び出しで実装します。 大きな問題を解くために、より小さな問題の答えを使っていく 場合、再帰呼び出しで実装できます。
(4:56)
ここでは、円盤の枚数と回数を指定したとき、その時の円盤の状態を出力するプログラムを作ります。先ほど、追加したカウント変数を利用して、指定回数になった時に、その状態を表示させます。
(6:09)
ここでは、ハノイの塔のプログラムで、再帰処理の回数を減らして、円盤の枚数が多くなっても、状態を出力できるようにプログラムを改良します。
(5:34)
無料公開中
ここでは、数値に応じて、表示するメッセージを切り替えるプログラムを作成します。 そして、条件に応じて、処理を枝分かれさせるif文について学習します。
(3:57)
無料公開中
ここでは、条件をひとつではなく複数にして、それぞれ異なるメッセージを表示するプログラムを作成します。そして、if文で、複数の条件式を指定する「else if」について学習します。
(5:41)
無料公開中
ここでは、数値が一定以上だったら、メッセージを表示するプログラムを作成します。 そして、if文で、数値が大きかったら、小さかったらといった場合の条件式を作る、比較演算子について学習します。
(6:27)
無料公開中
ここまで覚えたif文による条件分岐と、rand関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(3:17)
無料公開中
このチャプターでは、これまで覚えたif文による条件分岐と、rand関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(7:12)
無料公開中
ここでは、数値に応じて、表示するメッセージを切り替えるプログラムを作成します。 そして、条件に応じて、処理を枝分かれさせるif文について学習します
(4:02)
無料公開中
ここでは、条件をひとつではなく複数にして、それぞれ異なるメッセージを表示するプログラムを作成します。そして、if文で、複数の条件式を追加できる「else if」について学習します。
(5:41)
無料公開中
ここでは、数値が一定以上だったら、メッセージを表示するプログラムを作成します。 そして、if文で、数値が大きかったら、小さかったらといった場合の条件式を作る、比較演算子について学習します。
(6:10)
無料公開中
このチャプターでは、これまでに覚えたif文による条件分岐とrandom関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(3:09)
無料公開中
このチャプターでは、これまでに覚えたif文による条件分岐と、random関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(5:56)
このチャプターでは、数値に応じて、表示するメッセージを切り替えるプログラムを作成します。 そして、条件に応じて、処理を枝分かれさせる if 文について学習します。
(4:18)
ここでは、条件をひとつではなく複数にして、それぞれ異なるメッセージを表示するプログラムを作成します。 そして、if文で、複数の条件式を指定する「else if」について学習します。
(7:01)
ここでは、数値が一定以上だったら、メッセージを表示するプログラムを作成します。 そして、if文で、数値が大きかったら、小さかったらといった場合の条件式を作る、比較演算子について学習します。
(6:41)
ここまで覚えたif文による条件分岐とランダム関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。
(3:17)
このチャプターでは、これまで覚えたif文による条件分岐とRandomクラスを使って、 RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。
(5:07)
ここでは、配列を使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。
(4:18)
最後のチャプターです。今回はランダムくじを作ります。 今までの応用/総集編になります。
(03:55)
無料公開中
ifについて学習します。ifを使うと、条件が成立したときに特定の処理を実行できます。
(04:20)
無料公開中
ifを使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、ifのコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。さらに、ifのコードに、複数の条件を追加します。
(04:45)
無料公開中
受け取った整数データに合わせて、ifで、メッセージを切り替えるプログラムを作成します。入力タブから整数データを受け取って、それが基準値と等しいか、大きいか、それ以外かで、表示するメッセージを切り替えます。
(3:48)
無料公開中
if について学習します。if を使うと、条件が成立したときに特定の処理を実行できます。
(4:19)
無料公開中
if を使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、if のコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。それから、複数の条件を追加します。
(4:18)
無料公開中
受け取った文字データが、指定の文字列と一致しているかどうか、if で判定するプログラムを作成します。文字列を条件にするときは、equals メソッドを使います。
(3:46)
無料公開中
if について学習します。if を使うと、条件が成立したときに特定の処理を実行できます。
(4:03)
無料公開中
if を使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、if のコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。さらに、複数の条件を追加します。
(4:33)
無料公開中
受け取った整数データに合わせて、if で、メッセージを切り替えるプログラムを作成します。「入力」タブから整数データを受け取って、それが基準値と等しいか、大きいか、それ以外かで、表示するメッセージを切り替えます。
(4:26)
無料公開中
if について学習します。if を使うと、条件が成立したときに特定の処理を実行できます。
(4:16)
無料公開中
if を使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、if のコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。それから、複数の条件を追加します。
(4:44)
無料公開中
受け取った整数データに合わせて、if で、メッセージを切り替えるプログラムを作成します。「入力」タブから整数データを受け取って、それが基準値と等しいか、大きいか、それ以外かで、表示するメッセージを切り替えます。
(3:46)
無料公開中
if について学習します。if を使うと、条件が成立したときに特定の処理を実行できます。
(4:20)
無料公開中
if を使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、if のコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。それから、複数の条件を追加します。
(4:31)
無料公開中
受け取った整数データに合わせて、if で、メッセージを切り替えるプログラムを作成します。「入力」タブから整数データを受け取って、それが基準値と等しいか、大きいか、それ以外かで、表示するメッセージを切り替えます。
(4:10)
無料公開中
複数のデータを受け取って、それを分類するプログラムをつくります。for と if を組み合わせると、複数のデータに同じ処理を繰り返すことができます。
(3:46)
無料公開中
ここでは、if について学習します。if を使うと、条件が成立したときに特定の処理を実行できます。
(3:55)
無料公開中
ここでは、if を使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、if のコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。それから、複数の条件を追加します。
(4:05)
無料公開中
ここでは、受け取った文字データが、指定の文字列と一致しているかどうか、if で判定するプログラムを作成します。文字列を比較するときは、strcmp 関数を使います。
(4:40)
無料公開中
ここでは、複数のデータを受け取って、それを分類するプログラムをつくります。for と if を組み合わせると、複数のデータに同じ処理を繰り返すことができます。
(3:42)
無料公開中
ここでは、if について学習します。if を使うと、条件が成立したときに特定の処理を実行できます。
(3:53)
無料公開中
ここでは、if を使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、if のコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。さらに、if のコードに、複数の条件を追加します。
(4:27)
無料公開中
ここでは、受け取った整数データに合わせて、if で、メッセージを切り替えるプログラムを作成します。入力タブから整数データを受け取って、それが基準値と等しいか、大きいか、それ以外かで、表示するメッセージを切り替えます。
(4:02)
無料公開中
ここでは、複数のデータを受け取って、それを分類するプログラムをつくります。for と if を組み合わせると、複数のデータに同じ処理を繰り返すことができます。
(4:01)
無料公開中
ここでは、if について学習します。if を使うと、条件が成立したときに特定の処理を実行できます。
(4:28)
無料公開中
ここでは、if を使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、if のコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。さらに、if のコードに、複数の条件を追加します。
(4:08)
無料公開中
ここでは、受け取った整数データに合わせて、if で、メッセージを切り替えるプログラムを作成します。入力タブから整数データを受け取って、それが基準値と等しいか、大きいか、それ以外かで、表示するメッセージを切り替えます。
(4:42)
無料公開中
ここでは、複数のデータを受け取って、それを分類するプログラムをつくります。for と if を組み合わせると、複数のデータに同じ処理を繰り返すことができます。
(4:18)
無料公開中
ここでは、if を使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、if のコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。さらに、if のコードに、複数の条件を追加します。
(4:48)
無料公開中
ここでは、受け取った整数データに合わせて、if で、メッセージを切り替えるプログラムを作成します。入力タブから整数データを受け取って、それが基準値と等しいか、大きいか、それ以外かで、表示するメッセージを切り替えます。
(4:20)
無料公開中
ここでは、複数のデータを受け取って、それを分類するプログラムをつくります。for と if を組み合わせると、複数のデータに同じ処理を繰り返すことができます。
(4:32)
無料公開中
ここでは、if を使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、if のコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。さらに、if のコードに、複数の条件を追加します。
(5:25)
無料公開中
ここでは、受け取った整数データに合わせて、if で、メッセージを切り替えるプログラムを作成します。入力タブから整数データを受け取って、それが基準値と等しいか、大きいか、それ以外かで、表示するメッセージを切り替えます。
(4:47)
無料公開中
ここでは、複数のデータを受け取って、それを分類するプログラムをつくります。for と if を組み合わせると、複数のデータに同じ処理を繰り返すことができます。
(03:33)
無料公開中
ここでは、if について学習します。if を使うと、条件が成立したときに特定の処理を実行できます。
(04:16)
無料公開中
ここでは、if を使って、さらに複雑な処理をおこないます。まずは、if のコードに、条件が成立しなかった場合のコードを追加します。さらに、if のコードに、複数の条件を追加します。
(04:54)
無料公開中
ここでは、受け取った整数データに合わせて、if で、メッセージを切り替えるプログラムを作成します。入力タブから整数データを受け取って、それが基準値と等しいか、大きいか、それ以外かで、表示するメッセージを切り替えます。
(04:14)
無料公開中
ここでは、ループ処理で、複数行のデータを受け取る方法を学習します。ループ処理のなかで readLine()を使うと、標準入力から 1 行ずつ複数行のデータを受け取ることができます。
(04:29)
無料公開中
ここでは、複数のデータを受け取って、それを分類するプログラムをつくります。for と if を組み合わせると、複数のデータに同じ処理を繰り返すことができます。
ページの先頭へ戻る