演習課題「数値の大きさを判定する」

右のコードエリアで、次のコードを書いて実行してください。

1. 標準入力から整数データを 1 個受け取る
2. その整数データが、100 より大きい場合、その整数データを表示する
3. 100 より大きくない場合、次のメッセージを表示する
100以下です

なお、標準入力のデータは、採点ボタンを押したときに自動的に受け渡します。

採点ボタンをクリックして、正解と表示されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

200

演習課題「数値の大きさを判定する - その 2」

右のコードエリアで、次のコードを書いて実行してください。

1. 標準入力からを整数データを 1 個受け取る
2. 受け取った整数データが、100 に等しい場合、その整数データを表示する
3. 受け取った整数データが、100 より大きい場合、次のメッセージを表示する
100より大きい

4. それ以外の場合、次のメッセージを表示する
100以下です

なお、標準入力のデータは、採点ボタンを押したときに自動的に受け渡します。
採点ボタンをクリックして、正解と表示されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

100

※paizaに会員登録すると無料で動画学習コンテンツをご利用いただけます
会員登録する

#12:数値を分類する

受け取った整数データに合わせて、if で、メッセージを切り替えるプログラムを作成します。「入力」タブから整数データを受け取って、それが基準値と等しいか、大きいか、それ以外かで、表示するメッセージを切り替えます。