演習課題「大吉の確率を上げてみよう」

右のコードを完成させて、「大吉」か「大凶」を出力する、次のようなおみくじプログラムを作成してください。

- omikuji変数には、1から100までの値がランダムに代入されます。
- omikuji変数の値が30から100の場合は、「omikujiの中身は○○なので大吉」と表示
- omikuji変数の値が29以下の場合は、「omikujiの中身は○○なので大凶」と表示

例1: omikujiの中身は32なので大吉
例2: omikujiの中身は12なので大凶

プログラムを実行して、正しく出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

--- 出力例1 ---
omikujiの中身は98なので大吉

--- 出力例2 ---
omikujiの中身は29なので大凶

※有料会員になるとこの動画をご利用いただけます
詳しい説明を読む

#04:おみくじを作ってみよう

ここまで覚えたif文による条件分岐とランダム関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。