プログラミング言語アイコン
C#入門編4: 配列の基礎

チャプター一覧

ここでは、プログラミング言語 C# を使って、規模が大きなプログラムを作るときに必要になる配列にについて、基本的な考え方を学習しましょう。
ここでは、配列の基本操作について学びます。そして、C# (シーシャープ)を使って、配列の作成、表示、代入といった機能を試してみましょう。
ここでは、配列の要素をいろいろな方法で取り出してみます。配列では、インデックスを使って要素を取り出します。 また、そのインデックスは変数で指定したり、計算して指定できます。
ここでは、ループ処理で配列を扱ってみたいと思います。 そのために、C#(シーシャープ)のfor(フォー)文と配列を組み合わせて、HTMLのプルダウンリストを作成します。
引き続き、ループ処理の配列処理を扱っていきます。 今回はforeach文を使います。
ここでは、作った配列をListの構文に変換し、その後、要素の追加を行っていきます。
ここでは、split処理で文字列を区切って、配列に代入してみたいと思います。
前回はカンマ区切りで複数のデータを取得しました。今回は代入式の仕組みを理解しながら、取得したデータを利用しましょう。
このチャプターでは複数行データをリストに入れます。 while文と組み合わせながら、読み込みについて学んでいきます。
最後のチャプターです。今回はランダムくじを作ります。 今までの応用/総集編になります。
学習積み上げキャンペーン
ページの先頭へ戻る