「乱数」が学べる動画一覧

無作為に選ばれる数字である乱数をプログラムで利用する方法を学べるチャプターです。

チャプター一覧
(2:14)
無料公開中 PHP
実行するたびに出力される数字が変わるサイコロWebアプリを作ってみよう!




(4:56)
無料公開中 PHP
これまで覚えたIF文による条件分岐と、ランダム関数を使って、実行するたびに結果が変わるおみくじ作りに挑戦します。




(2:49)
無料公開中 PHP
これまで覚えたIF文による条件分岐と、ランダム関数を使って、RPGの戦闘シーンにでてくるようなクリティカルヒット判定を作ります。




(6:08)
PHP
このチャプターでは、標準入力から参加者を読み込み、ランダムで人を選出する、 ランダムくじ引きを作成します。参加人数が変わっても対応できるやり方を学びます。 概念的に難しかったと言う方の為に次のチャプターで図解もしています。




(2:40)
PHP
このチャプターでは、前回のコードだけの説明では解らなかった方の為に、 図解でランダム範囲を可変させるやり方について解説します。




(6:00)
ここでは、配列を使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。




(3:19)
無料公開中 Ruby
Rubyで実行するたびに出力される数字が変わるサイコロWebアプリを作ってみよう!




(5:53)
無料公開中 Ruby
ここまで覚えたif文による条件分岐と、randメソッドを使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。




(2:52)
無料公開中 Ruby
これまで覚えたif文による条件分岐と、ランダム関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(4:25)
無料公開中 Python
Pythonで、実行するたびに数字が変わるWebサイコロを作ってみよう!




(5:04)
無料公開中 Python
ここまで覚えたif文による条件分岐とrandint関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。




(2:46)
無料公開中 Python
これまで覚えたif文による条件分岐とrandint関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(6:00)
ここでは、リストを使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。




(7:45)
無料公開中 Java
Javaで、実行するたびに数字が変わるWebサイコロを作ってみよう!




(5:03)
無料公開中 Java
ここまで覚えたif文による条件分岐と、randomメソッドを使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。




(2:24)
無料公開中 Java
これまで覚えたif文による条件分岐と、randomメソッドを使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(7:54)
無料公開中 C言語
C言語で、実行するたびに数字が変わるWebサイコロを作ってみよう!




(6:27)
無料公開中 C言語
ここまで覚えたif文による条件分岐と、rand関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。




(3:17)
無料公開中 C言語
このチャプターでは、これまで覚えたif文による条件分岐と、rand関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(7:15)
無料公開中 JavaScript
ここでは、出現したモンスターの数を表示するプログラムを作ります。そして、数値を表示するプログラムについて学びます。 また、いくつかの数値の中から、サイコロのようにランダムにひとつの数値を選択できるrandom関数の使い方についても説明します。




(6:10)
無料公開中 JavaScript
このチャプターでは、これまでに覚えたif文による条件分岐とrandom関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。




(3:09)
無料公開中 JavaScript
このチャプターでは、これまでに覚えたif文による条件分岐と、random関数を使って、RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(6:16)
無料公開中 C#
このチャプターでは、サイコロのようにランダムで数値を表示する方法を学び、出現したモンスターの数を表示するプログラムを作ります。




(6:41)
無料公開中 C#
ここまで覚えたif文による条件分岐とランダム関数を使って、実行するたびに結果が変わる「おみくじプログラム」を作成してみましょう。




(3:17)
無料公開中 C#
このチャプターでは、これまで覚えたif文による条件分岐とRandomクラスを使って、 RPGの戦闘シーンに出てくるようなクリティカルヒットをメッセージとして表示します。




(5:07)
ここでは、配列を使って、RPGの戦闘シーンのようなメッセージを表示するプログラムを作ります。




(4:18)
C#
最後のチャプターです。今回はランダムくじを作ります。 今までの応用/総集編になります。




ページの先頭へ戻る