プログラミング言語アイコン
Laravel入門編2: Laravelの動作を理解しよう

チャプター一覧

ここでは、モデル・ビュー・コントローラというLaravelの機能構成について理解します。また、Laravelでデータベースを操作する時、どのような機能が利用できるか学習しましょう。
ここでは、Laravelの動作確認に欠かせないartisan tinkerについて、基本的な使い方を学習します。対話型コンソールのartisan tinkerを使うと、Laravelアプリの環境を有効にしたまま、Laravelの機能をコマンドで操作できます。
ここでは、掲示板アプリケーションのデータベースに、投稿者の名前を表すカラムを追加します。そして、Laravelのマイグレーションについて、さらに理解を深めます。
ここでは、モデルに追加したカラムをビューで表示します。そして、データベースのデータをビューで表示する時、モデルのカラムをどのように記述するか学習しましょう。
ここでは、Laravelのルーティングに、新しいルートを追加します。そして、ルーティングの動作について、さらに理解を深めましょう。
ここでは、掲示板アプリケーションに記事を書き込みする機能を追加します。フォームを使わずに、固定テキストや更新日時をデータベースに格納してみましょう。
ここでは、掲示板アプリケーションで、記事を削除する機能を作ります。 deleteメソッドでアクセスした時、該当の記事を削除する機能を実装してみましょう。
ページの先頭へ戻る