プログラミング言語アイコン
Laravel入門編3: Laravelのビューとフォームを理解しよう

チャプター一覧

ここでは、Laravelでビューとフォームを使う概要を学習します。そして、掲示板アプリケーションに、どのように利用するのか確認します。
ここでは、Laravelで複数のページを利用する場合、その共通部分をまとめる方法について学習します。共通部分をまとめると、Webデザインの作成やメンテナンスを効率よく進めることができます。
ここでは、Laravelで作る1行掲示板に、HTMLテンプレートのBootstrapを適用します。Bootstrapを利用すると、Webアプリケーションのデザインを簡単にレベルアップさせることができます。
ここでは、Bootstrapを利用して掲示板アプリケーションの見栄えを整えます。Bootstrapには、テーブルタグやボタンに見栄えの良いスタイルが用意してあります。これを利用すれば、アプリケーションのデザインを簡単にレベルアップできます。
ここでは、1行掲示板に検索機能を追加します。そのため、記事の一覧画面に検索フォームを追加します。そして、Laravelでフォームを使うための基本的な操作を理解しましょう。
ここでは、1行掲示板に検索機能を追加します。そのため、フォームから受け取った値で、該当する投稿だけを表示するよう、コントローラを修正します。
ここからは、1行掲示板に投稿機能を作成していきます。まずは、掲示板に必要な機能を再確認し、そのためのルーティングを設定しましょう。
ここでは、1行掲示板の新規投稿フォームを作成します。前回のレッスンで、新規投稿を格納するcreateメソッドを作成してあるので、それに投稿フォームを組み合わせます。
ここでは、先ほどのチャプターの続きとして、新規投稿フォームのビューを作成します。そして、新規投稿の保存機能を完成させましょう。
ここでは、1行掲示板に、既存の投稿を修正する機能を追加します。まずは、編集フォームに既存の投稿を読み込みましょう。
ここでは、1行掲示板に、修正した投稿を保存する機能を追加します。そのために、修正内容を保存する機能を作成しましょう。
ページの先頭へ戻る