「Webアプリケーション」が学べる動画一覧

インターネットなどを介して使用することができるWebアプリケーションについて学ぶことができるチャプターです。

チャプター一覧
(2:32)
ここでは、本講座の概略とWebアプリケーションフレームSinatraの特徴について学習します。
(5:07)
ここでは、Sinatraを使ってWebアプリケーションを作る準備をします。そのために、Sinatraで簡単なメッセージを出力します。
(5:22)
ここでは、Webアプリケーションのルーティングについて学習します。ルーティングは、Webアプリケーションの基礎技術のひとつで、Sinatraでも基本となる機能です。ルーティングを使うと、ブラウザからのリクエストに応じて合わせて、呼び出す処理を切り替えることができます。
(4:39)
ここでは、テンプレートを使って、もう少し複雑なWebページを表示します。そのために、Sinatraのインラインテンプレートとerbを使って、同じプログラムファイルの中にHTMLのひな型を記述します。
(4:52)
ここでは、Sinatraで、erbの書き方をいろいろと試します。 そのために、先ほどのチャプターに続いて、Sinatraのインラインテンプレートを使います。
(5:50)
ここでは、Sinatraの具体例として、RPGの行動選択メニューを作ります。ルーティングとテンプレートエンジンを使って、RPGのプレーヤーが、歩いたり、戦ったりするメニューを作りましょう。
(4:09)
ここでは、Webアプリケーションのデータの処理と表示の分離について学習します。例として、erbで記述したテンプレートを別ファイルにしてみましょう。
(5:42)
ここでは、テンプレートの共通部分を分割する方法について学習します。そのために、Sinatraに共通のテンプレートを設置してみましょう。
(3:24)
ここでは、本レッスンの概略について学習します。
(4:53)
ここでは、WebサーバーとWebブラウザのデータ転送方式であるGETメソッドとPOSTメソッドについて学習します。そのために、Sinatraで簡単な投稿フォームを作ってみましょう。
(5:10)
ここでは、先ほどのチャプターの続きとして、Sinatraでフォームを作って、受信したデータを表示します。そして、フォームのルーティングについて学習します。
(4:15)
ここでは、Sinatraのフォームを使う場合のデータの共有について学習したいと思います。そのために、beforeメソッドを使って、メソッド間でデータと処理を共有してみましょう。
(5:27)
ここでは、Sinatraによるフォームの具体例として、RPGの戦闘シーンを作ります。先ほどのチャプターで作ったフォームをベースにして、ドロップダウンメニューでプレイヤーを選択できるようにしましょう。
(5:45)
ここでは、Sinatraを使ったWebアプリケーションの例として、簡単な1行掲示板を作成します。 まずは、投稿内容を記録したファイルから、データを表示してみましょう。
(5:11)
ここでは、先ほどに続いて、Sinatraを使ったWebアプリケーションの例として、簡単な1行掲示板を作成します。 いよいよ、投稿をファイルに保存する機能を作成してみましょう。
(5:11)
ここでは、RubyからSQLを実行する基本的な操作手順を学習します。
(4:28)
ここでは、MySQLから読み込んだデータをSinatraを使って表示します。Sinatraで表示できるようになれば、Webアプリケーションを開発する時にも、データベースを扱えるようになります。
(4:11)
初歩的なSQL文を作成して、サンプルデータベースの中身を見ていきます。RubyとSinatraを使って、mydbデータベースの「players」テーブルからデータを取り出します。
(3:53)
ここでは、データベースにデータを追加・更新・削除する方法を学んでいきます。この機能を使うことで、RPGのプレイヤーに新しいメンバーを追加したり、名前を変更したり、削除したりできます。
(3:34)
ここでは、複数のテーブルを結合して扱う方法を学んでいきます。 SQLを使って、mydbデータベースの「p「players」テーブルの「job_id」と「jobs」テーブルの「id」を結合します。
(4:12)
ここでは、Sinatraでデータベースの値を表示する時の見栄えを整えます。そのために、HTMLのtableタグを使って、データを表示しましょう。
(4:17)
このチャプターでは、Sinatraを使って、簡単なWebアプリケーションを作ります。ここでは、RPGのプレイヤー一覧から、各プレイヤーの詳細情報を表示します。
(4:14)
このチャプターでは、Sinatraを使って、簡単なWebアプリケーションを作ります。前回のチャプターの続きとして、RPGのプレイヤー一覧から各プレイヤーの詳細情報を表示する画面を作ります。
(2:24)
ここでは、ActiveRecordの役割と効果について学習します。
(3:26)
ここでは、ActiveRecordを使って、MySQLからデータを取り出して表示してみましょう。まずは、Sinatraを使わずに、ターミナルで出力してみましょう。
(5:11)
ここでは、SinatraとActiveRecordを使って、MySQLからデータを取り出します。Siantraを使えば、Webアプリケーションも簡単に作れます。
(4:33)
ここでは、ActiveRecordを使って、サンプルデータベースの中身を見ていきます。mydbデータベースの「players」テーブルからデータを取り出して、RubyとSinatraでブラウザに表示してみましょう。
(5:01)
ここでは、ActiveRecordを使って、データベースで、データを追加・更新・削除する方法を学んでいきます。この機能を使うことで、RPGのプレイヤーに新しいメンバーを追加したり、名前を変更したり、削除したりできます。
(4:03)
ここでは、ActiveRecordでテーブルを連結してデータを取り出す方法を学習します。 サンプルデータベースで、「players」テーブルの「job_id」と「jobs」テーブルの「id」を結合します。
(3:22)
ここでは、ActiveRecordの具体例として、RPGの職業一覧を作成します。そして、特定の職業に属するプレイヤーを表示しましょう。
(5:05)
ここでは、ActiveRecordとSinatraを使って、特定の職業の詳細情報を表示するページを作ります。そして、その職業に属するプレイヤーを表示させます。
(2:48)
ここで、どのようなメモ帳アプリを開発するのか、その概要を整理します。WebアプリケーションフレームワークのSinatra(シナトラ)や、データベースを操作するActiveRecordといったライブラリを利用することで、機能の充実したWebアプリケーションを効率よく開発することができます。
(2:43)
ここでは、メモ帳アプリに必要なデータベースを準備します。phpMyAdminを使って、データベースを作成し、サンプルデータを登録しましょう。
(4:49)
ここでは、メモ帳のサンプルデータを一覧表示します。SinatraとActiveRecordを使って、データベースに接続して、テンプレートで表示してみましょう。
(3:59)
ここでは、メモ帳の詳細画面を作ります。「/show」でアクセスした時、指定されたメモの詳細情報を表示させましょう。
(5:07)
ここでは、メモの内容をMarkdownで記述できるようにします。そこで、RubyでMarkdownを扱う「redcarpet」(レッドカーペット)を使ってみましょう。
(4:59)
ここでは、メモ帳の編集画面を作ります。「/edit」でアクセスしたら、メモの内容をフォームで表示しましょう。
(5:32)
ここでは、メモ帳の保存機能と削除機能を作ります。編集フォームから「/update」でアクセスしたら、メモの内容をデータベースに保存して、詳細画面で「/destroy」でアクセスしたら、メモを削除します。
(6:13)
ここでは、新しいメモを作成する機能を作ります。一覧画面から「/new」でアクセスしたら、新しいメモを編集フォームで表示して、保存ボタンでデータベースに保存しましょう。
(2:54)
無料公開中 Servlet Java Webアプリ開発
ここでは、本レッスンの概要とJavaを使ったWebアプリケーション開発の特徴について学習します。
(4:52)
無料公開中 Servlet Java Webアプリ開発
ここでは、Javaで開発したWebアプリケーションのサーバーとなるTomcatの基本操作について学習します。
(5:54)
ここでは、サーバー上で動作する簡単なプログラムを作成します。そして、実際にJavaでプログラムを作る、基本的な手順を学習しましょう。
(6:20)
ここでは、Javaで作成したプログラムを実際に実行します。そして、Servletの配置と実行の基本操作を学習します。
(5:30)
ここでは、Webアプリケーションのルーティングについて学習します。ルーティングを使うと、ブラウザからのリクエストに応じて合わせて、呼び出す処理を切り替えることができます。
(5:07)
ここでは、Javaで、HTMLとコードを混在できるJSP(JavaServer Pages)について学習します。JSPは、Webアプリケーションで出力するHTMLのテンプレートになります。
(5:24)
ここでは、ServletからJSPを呼び出す方法を学習します。ServletとJSPを連携させることで、Webアプリケーションの制御部分と表示部分を役割分担が明確になります。
(5:44)
ここでは、JSPの色々な記述方法について学習します。そして、Servletで用意したデータをJSPで表示させましょう。
(4:24)
ここでは、ServletとJSPの具体例として、RPGの行動選択メニューを作ります。ルーティングとテンプレートエンジンを使って、RPGのプレーヤーの行動を選択するメニューを作りましょう。
(5:44)
ここでは、引き続き、ServletとJSPの具体例として、RPGの行動選択メニューを作ります。今回は、RPGのプレーヤーの「あるく」メニューを追加しましょう。
(2:12)
無料公開中 Servlet Java Webアプリ開発
ここでは、本レッスンの概略について学習します。そして、ServletとJSP、フォームの基本についておさらいします。
(4:29)
無料公開中 Servlet Java Webアプリ開発
ここでは、JavaでWebフォームを作る方法を学習します。そのために、ServletとJSPを使って、HTMLの投稿フォームを表示させてみましょう。
(3:41)
ここでは、フォームからServletを呼び出してみたいと思います。そして、WebサーバーとWebブラウザのデータ転送方式であるGETメソッドとPOSTメソッドについて学習します。
(3:47)
ここでは、先ほどの続きとして、フォームから呼び出したServletのメッセージを表示してみたいと思います。
(5:18)
ここでは、フォームの投稿内容をServletとJSPで表示します。そのために、投稿フォームの内容をServletで取り出してみましょう。
(5:24)
ここでは、Javaによるフォームの具体例として、RPGの戦闘シーンを作ります。先ほど作ったフォームをベースにして、ドロップダウンメニューでプレイヤーを選択できるようにしましょう。
(4:20)
ここでは、前回に引き続き、Javaによるフォームの具体例として、RPGの戦闘シーンを表示するプログラム作ります。
(5:25)
ここでは、Javaを使ったWebアプリケーションの例として、簡単な1行掲示板を作成します。 まずは、投稿内容を記録したファイルから、データを読み込んでみましょう。
(4:20)
ここでは、先ほどの続きとして、Javaを使ったWebアプリケーションの例として、簡単な1行掲示板を作成します。 今回は、投稿内容を記録したファイルから、データを表示してみましょう。
(5:30)
ここでは、先ほどに続いて、Javaを使ったWebアプリケーションの例として、簡単な1行掲示板を作成します。 いよいよ、投稿をファイルに保存する機能を作成してみましょう。
(3:55)
ここでは、先ほどに続いて、Javaを使ったWebアプリケーションの例として、簡単な1行掲示板を作成します。今回は、投稿した内容を確認する画面を作成してみましょう。
(3:17)
無料公開中 Servlet Java Webアプリ開発
ここでは、Javaを使ってデータベースに接続する準備をします。サンプルデータベースやJDBCドライバを確認しましょう。
(5:19)
無料公開中 Servlet Java Webアプリ開発
ここでは、データベースに、Servletを使って接続する方法を学習します。データベースに接続する基本処理を理解しましょう。
(3:38)
ここでは、接続したデータベースのデータをServletで表示する方法を学習します。
(4:49)
ここでは、いろいろSQLを作成して、サンプルデータベースの中身を見ていきます。SQLを変えて、サンプルデータベースの「players」テーブルから色々なデータを取り出しましょう。
(5:02)
ここでは、データベースにデータを追加する方法を学んでいきます。この機能を使うことで、RPGのプレイヤーに新しいメンバーを追加できます。
(3:27)
ここでは、先ほどの続きとして、データベースの更新・削除について学習します。この機能を使うことで、RPGのプレイヤーの名前を変更したり、プレイヤーを削除したりできます。
(4:34)
ここでは、データベースとServlet - JSPの連携方法を学習します。 まずは、JSPを呼び出すServletに、データベースと接続するコードを追加してみましょう。
(4:48)
ここでは、前回に続けて、データベースとServlet - JSPの連携方法を学習します。データベースから取り出したまとまったデータをArrayListに格納して、JSPで表示する方法を理解しましょう。
(5:52)
ここでは、複数のテーブルを結合して扱う方法を学習します。SQLを使って、サンプルデータベースの「players」テーブルと「jobs」テーブルを結合します。
(4:11)
ここでは、JSPでデータベースの値を表示する時の見栄えを整えます。そのために、HTMLのtableタグを使って、データを表示してみましょう。
(5:09)
ここでは、ServletとJSP・データベースを使って、簡単なWebアプリケーションを作ります。RPGのプレイヤー一覧から、各プレイヤーの詳細情報を表示するアプリケーションを作ってみましょう。
(4:33)
ここでは、先ほどに引き続き、ServletとJSP・データベースを使って、簡単なWebアプリケーションを作ります。今回は、特定のプレイヤーの詳細情報を表示する画面を作りましょう。
(2:53)
無料公開中 Servlet Java Webアプリ開発
ここで、どのようなメモ帳アプリを開発するのか、その概要を整理します。ServletとJSPとMySQLを利用することで、機能の充実したWebアプリケーションを効率よく開発することができます。
(5:23)
無料公開中 Servlet Java Webアプリ開発
ここでは、メモ帳アプリに必要なデータベースを準備します。phpMyAdminを使って、データベースを作成し、サンプルデータを登録しましょう。また、アプリを作るためのファイルを確認します。
(5:43)
ここでは、メモ帳のサンプルデータを一覧表示するプログラムを作成します。そのために、データベースに接続して、JSPを呼び出すServletを作成しましょう。
(3:09)
ここでは、先ほどに続いて、メモ帳のサンプルデータを一覧表示するプログラムを作成します。今回は、メモ一覧を表示するJSPを作成してましょう。
(4:01)
ここでは、選択したメモを個別に表示するプログラムを作成します。まずは、「/show」でアクセスした時、指定されたメモの詳細情報を呼び出すServletを作成しましょう。
(2:57)
ここでは、先ほどに続いて、作成したメモを個別に表示するプログラムを作成します。「/show」でアクセスした時、指定されたidの詳細情報を表示するJSPを作成しましょう。
(5:00)
ここでは、メモを編集するフォームを表示するプログラムを作成します。指定のデータを読み込んで、フォームとして表示しましょう。
(5:05)
ここでは、フォームで編集したメモを保存するプログラムを作成します。「/update」で、フォームの内容をデータベースに保存しましょう。
(3:32)
ここでは、メモを削除するプログラムを作成します。メモ詳細画面で「/destroy」にアクセスしたら、指定のメモを削除します。
(3:33)
ここでは、新しいメモを作成する画面を作ります。メモ一覧から「/new」でアクセスしたら、新しいメモを編集フォームで表示します。
(3:59)
ここでは、新しいメモを保存する機能を作ります。新規メモの作成画面で、保存ボタンをクリックしたらデータベースに保存しましょう。
(2:06)
無料公開中 Python Flask
ここでは、本レッスンの概要と、PythonによるWebアプリケーションフレームFlaskの特徴について学習します。
(5:46)
無料公開中 Python Flask
ここでは、Flaskを使ってWebアプリケーションを作る準備をします。そのために、Flaskで簡単なメッセージを出力します。
(5:02)
ここでは、Webアプリケーションのルーティングについて学習します。ルーティングは、Webアプリケーションの基礎技術のひとつで、Flaskでも基本となる機能です。ルーティングを使うと、ブラウザからのリクエストに合わせて、呼び出す処理を切り替えることができます。
(5:22)
ここでは、もう少し複雑なWebページをFlaskで表示します。そのために、Jinja2テンプレートエンジンに使って、HTMLのテンプレートを呼び出します。
(5:08)
ここでは、Flaskで、テンプレートの書き方をいろいろと試します。そのために、先ほどのチャプターに続いて、Jinja2のテンプレートを使います。
(3:29)
ここでは、Flaskの具体例として、RPGの戦闘シーンプログラムを作ります。テンプレートで受け取ったリストを、ループで出力してみましょう。
(2:21)
無料公開中 Python Flask
ここでは、WebアプリケーションフレームワークのFlaskで、フォーム処理とデータ転送について学習します。そのために、本レッスンの概略と、フォームの基本についておさらいします。
(5:36)
無料公開中 Python Flask
ここでは、Flaskで簡単な投稿フォームを作ってみましょう。それから、WebサーバーとWebブラウザのデータ転送方式であるGETメソッドとPOSTメソッドについて学習します。
(4:44)
ここでは、フォームのデータを受信して表示します。そして、フォームのルーティングについて学習します。
(4:31)
ここでは、先ほどのフォームを利用して、フォームの動作を確認します。そして、フォームをGETメソッドで呼び出して、どのようにフォームとコードがデータをやり取りするか、さらに理解しましょう。
(6:21)
ここでは、Flaskによるフォームの具体例として、RPGの戦闘シーンを作ります。先ほどのチャプターで作ったフォームをベースにして、ドロップダウンメニューでプレイヤーを選択できるようにしましょう。
(6:20)
ここでは、Flaskを使ったWebアプリケーションの具体例として、簡単な1行掲示板を作成します。まずは、投稿内容を記録したテキストファイルから、データを表示してみましょう。
(5:47)
ここでは、先ほどに続いて、Flaskを使ったWebアプリケーションの具体例として、簡単な1行掲示板を作成します。いよいよ、投稿をファイルに保存する機能を作成してみましょう。
(5:30)
無料公開中 Python Flask
ここでは、PythonからSQLを実行する基本的な操作手順を学習します。
(4:35)
無料公開中 Python Flask
ここでは、MySQLから読み込んだデータをFlaskを使って表示します。Flaskで表示できるようになれば、Webアプリケーションを開発する時にも、データベースを扱えるようになります。
(4:39)
ここでは、初歩的なSQL文を作成して、サンプルデータベースの中身を見ていきます。PythonとFlaskを使って、mydbデータベースの「players」テーブルからデータを色々な方法で取り出しましょう。
(5:01)
ここでは、データベースにデータを追加・更新・削除する方法を学んでいきます。この機能を使うことで、RPGのプレイヤーに新しいメンバーを追加したり、名前を変更したり、削除したりできます。
(4:11)
ここでは、複数のテーブルを結合して扱う方法を学んでいきます。SQLを使って、mydbデータベースの「players」テーブルの「job_id」と「jobs」テーブルの「id」を結合します。
(4:47)
ここでは、Flaskでデータベースの値を表示する時の見栄えを整えます。そのために、HTMLのtableタグを使って、データを表示しましょう。
(6:59)
ここでは、Flaskを使って、簡単なWebアプリケーションを作ります。RPGのプレイヤー一覧から、各プレイヤーの詳細情報を表示しましょう。
(2:51)
無料公開中 Python Flask
ここでは、データベースを効率よく操作できるORマッパー「SQLAlchemy」の役割と効果について学習します。
(5:12)
無料公開中 Python Flask
ここでは、Flask_SQLAlchemyを使って、MySQLからデータを取り出します。Flask_SQLAlchemyは、FlaskでSQLAlchemyを使うためのエクステンションです。
(5:05)
ここでは、FlaskとSQLAlchemyを使って、サンプルデータベースの中身を見ていきます。mydbデータベースの「players」テーブルから、色々な方法でデータを取り出しましょう。
(6:52)
ここでは、SQLAlchemyを使って、データベースにデータを追加・更新・削除する方法を学んでいきます。この機能を使うことで、RPGのPlayersテーブルに新しいメンバーを追加したり、名前を変更したり、削除したりできます。
(5:53)
ここでは、SQLAlchemyでテーブルを連結してデータを取り出す方法を学習します。 サンプルデータベースで、「players」テーブルの「job_id」と「jobs」テーブルの「id」を関連付けします。
(5:48)
ここでは、SQLAlchemyとFlaskを使った具体例として、簡単なWebアプリケーションを作ります。RPGのプレイヤー一覧から、各プレイヤーの詳細情報を表示しましょう。
(4:02)
ここでは、SQLAlchemyとFlaskを使って、特定の職業の詳細情報を表示するページを作ります。まずは、職業一覧を作ってみましょう。
(6:13)
ここでは、先ほどの続きとして、SQLAlchemyとFlaskを使って、特定の職業の詳細情報を表示するページを作ります。今回は、特定の職業に属するプレイヤー一覧を表示します。
(3:21)
無料公開中 Python Flask
ここで、どのようなメモ帳アプリを開発するのか、その概要を整理します。WebアプリケーションフレームワークのFlaskや、データベースを操作するSQLAlchemyといったライブラリを利用することで、機能の充実したWebアプリケーションを効率よく開発します。
(3:45)
無料公開中 Python Flask
ここでは、メモ帳アプリに必要なデータベースを準備します。phpMyAdminを使って、データベースを作成して、サンプルデータを登録しましょう。
(4:46)
ここでは、メモ帳のサンプルデータを一覧表示する機能を作ります。FlaskとSQLAlchemyを使って、データベースに接続して、テンプレートで表示してみましょう。
(4:57)
ここでは、選択したメモを個別に表示する機能を作成します。「/show」でアクセスした時、指定したメモの詳細情報を表示しましょう。
(5:54)
ここでは、メモの内容をMarkdownで記述できるようにします。そのために、「flask-markdown」というMarkdown変換ライブラリを使ってみましょう。Markdownは、見出しや箇条書きなど、文章の見た目をテキストで表現できる簡易記法で、ソフトウェアエンジニアの間で、広く使われています。
(4:29)
ここでは、メモを新規作成する画面を作ります。一覧画面から「/new」でアクセスしたら、メモの作成フォームを表示しましょう。
(6:38)
ここでは、新しいメモを保存する機能を作ります。新規画面で「/create」を呼び出してデータベースに保存しましょう。また、詳細画面で「/destroy」にアクセスしたら、そのメモを削除します。
(7:00)
ここでは、メモの編集・保存機能を作ります。「/edit」でアクセスしたら、メモの内容を編集フォームで表示して、「/update」でアクセスしたら、メモの内容をデータベースに保存します。
(1:59)
無料公開中 PHP
ここでは、本レッスンの概要と、PHPによるWebアプリケーション開発の特徴について学習します。
(4:12)
無料公開中 PHP
ここでは、PHPを使ってWebアプリケーションを作る準備をします。そのために、PHPでブラウザに簡単なメッセージを出力します。
(5:03)
PHP
ここでは、Webアプリケーションを呼び出すURLとプログラムの関係について学習します。ルーティングは、Webアプリケーションの基礎技術のひとつですが、PHPでは、ファイルベースのルーティングで、呼び出す処理を切り替えます。
(5:01)
PHP
ここでは、もう少し複雑なWebページを表示するため、プログラムの中から、別のphpファイルを読み込みます。そして、このファイルをテンプレートにすることで、プログラムの処理やデータと見た目を分離します。
(4:36)
PHP
ここでは、PHPの複数のコードファイルで共通のデータを利用してみましょう。処理と見た目を分離した時、処理プログラムの変数を表示プログラムで利用します。
(3:18)
PHP
ここでは、PHPでテンプレートを使う具体例として、RPGの戦闘シーンプログラムを作ります。コード側で用意した配列を、テンプレート側でループを使って出力してみましょう。
(5:17)
PHP
ここでは、テンプレートの共通部分を分離する方法について学習します。PHPのinclude命令を使って、Webアプリケーションに共通のテンプレートを設置してみましょう。
(3:12)
PHP
ここでは、PHPによるWebアプリの具体例として、RPGの行動選択メニューを作ります。RPGのプレーヤーが、歩いたり、戦ったりするメニューを作りましょう。
(4:44)
PHP
ここでは、先ほどのチャプターの続きとして、RPGの行動選択メニューを作ります。すでに、メニューページを作ったので、今度は具体的なアクション部分を作成しましょう。
(3:29)
無料公開中 PHP
ここでは、PHPを利用したフォーム処理とデータ転送について学習するため、フォームの基本についておさらいします。
(3:13)
無料公開中 PHP
ここでは、PHPのテンプレートを使って、簡単な投稿フォームを作ってみましょう。
(6:56)
PHP
ここでは、WebサーバーとWebブラウザのデータ転送方式であるGETメソッドとPOSTメソッドについて学習します。そして、フォームから送信したデータをサーバー側で処理してみましょう。
(3:27)
PHP
ここでは、先ほどのフォームを利用して、フォームの動作を確認します。そして、フォームからGETメソッドを送信して、どのようにフォームとコードがデータをやり取りするか、さらに理解しましょう。
(5:38)
PHP
ここでは、PHPによるフォームの具体例として、RPGの戦闘シーンを作ります。先ほどのチャプターで作ったフォームをベースにして、ドロップダウンメニューでプレイヤーを選択できるようにしましょう。
(5:01)
PHP
ここでは、数回に渡って、PHPを使ったWebアプリケーションの具体例として、簡単な1行掲示板を作成します。まずは、投稿内容を記録したテキストファイルから、データを表示してみましょう。
(3:07)
PHP
PHPを使ったWebアプリケーションの具体例として、簡単な1行掲示板を作成します。先ほどに続いて、投稿内容を受け取って表示する機能を作成してみましょう。
(5:06)
PHP
ここでは、数回に渡って、PHPを使ったWebアプリケーションの具体例として、簡単な1行掲示板を作成します。いよいよ、投稿をファイルに保存する機能を作成してみましょう。
(5:43)
無料公開中 PHP
ここでは、PHPからSQLを実行する基本的な操作手順を学習します。
(4:14)
無料公開中 PHP
ここでは、MySQLから読み込んだデータをテンプレートでを使って表示します。テンプレートで表示できるようになれば、データベースの処理コードと見た目を分離して、プログラムを分かりやすくできます。
(4:41)
PHP
ここでは、初歩的なSQL文を作成して、サンプルデータベースの中身を見ていきます。PHPとSQLを使って、mydbデータベースの「players」テーブルから色々な方法でデータを取り出しましょう。
(5:23)
PHP
ここでは、データベースにデータを追加・更新・削除する方法を学んでいきます。この機能を使うことで、例えば、RPGのプレイヤーに新しいメンバーを追加したり、名前を変更したり、削除したりできます。
(4:13)
PHP
ここでは、複数のテーブルを結合して扱う方法を学んでいきます。SQLを使って、mydbデータベースの「players」テーブルの「job_id」と「jobs」テーブルの「id」を結合します。
(3:41)
PHP
ここでは、PHPでデータベースの値を表示する時の見栄えを整えます。そのために、HTMLのtableタグを使って、データを表示しましょう。
(4:16)
PHP
ここでは、PHPを使って、簡単なWebアプリケーションを作ります。RPGのプレイヤー一覧から、各プレイヤーの詳細情報を表示しましょう。まずは、データベースから、特定のプレイヤー情報を取得します。
(5:08)
PHP
ここでは、PHPを使って、簡単なWebアプリケーションを作ります。RPGのプレイヤー一覧から、各プレイヤーの詳細情報を表示しましょう。今回は、先ほどの続きとして、特定のプレイヤー情報を表示するテンプレートを作成します。
(2:24)
無料公開中 PHP
ここでは、PHPでデータベースを効率よく操作できるORマッパー「Eloquent」の役割と効果について学習します。
(5:45)
無料公開中 PHP
ここでは、Eloquentを使ってMySQLに接続します。そして、データベースからデータを取り出して表示します。
(5:16)
PHP
ここでは、PHPとEloquentを使って、サンプルデータベースの中身を見ていきます。mydbデータベースの「players」テーブルから、色々な方法でデータを取り出しましょう。
(4:46)
PHP
ここでは、Eloquentを使って、データベースにデータを追加・更新・削除する方法を学んでいきます。この機能を使うことで、RPGのPlayersテーブルに新しいメンバーを追加したり、名前を変更したり、削除したりできます。
(5:38)
PHP
ここでは、Eloquentでテーブルを連結してデータを取り出す方法を学習します。 サンプルデータベースで、「players」テーブルの「job_id」と「jobs」テーブルの「id」を関連付けします。
(4:08)
PHP
ここでは、PHPとEloquentを使った具体例として、簡単なWebアプリケーションを作ります。RPGのプレイヤー一覧から、各プレイヤーの詳細情報を表示しましょう。
(4:07)
PHP
ここでは、PHPとEloquentを使った具体例として、簡単なWebアプリケーションを作ります。RPGのプレイヤー一覧から、各プレイヤーの詳細情報を表示しましょう。今回は、先ほどの続きとして、特定のプレイヤー情報を表示するテンプレートを作成します。
(3:03)
PHP
ここでは、PHPとEloquentの具体例として、特定の職業の詳細情報と、そこに属するプレイヤーを表示するページを作ります。まずは、職業一覧を作ってみましょう。
(6:14)
PHP
ここでは、2回に渡って、PHPとEloquentの具体例として、特定の職業の詳細情報と、そこに属するプレイヤーを表示するページを作っています。今回は、特定の職業に属するプレイヤー一覧を表示します。
(4:47)
無料公開中 PHP
ここでは、どのようなメモ帳アプリを開発するのか、その概要を整理します。PHPとデータベースを操作するEloquentを利用することで、機能の充実したWebアプリケーションを効率よく開発します。
(3:53)
無料公開中 PHP
ここでは、メモ帳アプリに必要なデータベースを準備します。phpMyAdminを使って、データベースを作成して、サンプルデータを登録しましょう。
(4:42)
PHP
ここでは、メモ帳のサンプルデータを一覧表示する機能を作ります。PHPとEloquentを使って、データベースに接続して、テンプレートで表示してみましょう。
(5:10)
PHP
ここでは、選択したメモを個別に表示する機能を作成します。「show.php」でアクセスした時、指定したメモの詳細情報を表示しましょう。
(5:12)
PHP
ここでは、Markdownで記述したメモの内容を、HTMLで表示できるようにします。そのために、「php-markdown」というMarkdown変換ライブラリを使ってみましょう。Markdownは、見出しや箇条書きなど、文章の見た目をテキストで表現できる簡易記法で、ソフトウェアエンジニアの間で、広く使われています。
(4:19)
PHP
ここでは、メモを新規作成する画面を作ります。一覧画面から「new.php」でアクセスしたら、メモの作成フォームを表示しましょう。
(5:37)
PHP
ここでは、新しいメモを保存する機能を作ります。新規画面で「create.php」を呼び出してデータベースに保存しましょう。また、詳細画面で「destroy.php」にアクセスしたら、そのメモを削除します。
(4:10)
PHP
ここでは、メモの編集機能を作ります。「edit.php」でアクセスしたら、指定したメモの内容を編集フォームで表示します。
(3:49)
PHP
ここでは、編集したメモを保存する機能を作ります。指定したメモを編集フォームで修正したら、その内容を「update.php」でデータベースに保存します。
(3:08)
無料公開中 Python Django
PythonのWebアプリケーションフレームワークである、Djangoの概要を学習します。この講座の目的・対象者・学習の進め方を確認し、Djangoの特徴についても説明します。
(4:02)
無料公開中 Python Django
Djangoを使う準備をして、最初のプロジェクトを作ります。
(6:28)
ここでは、Djangoを使って、簡単なメッセージを表示するアプリケーションを作成します。Hello Worldを表示して、Djangoでアプリケーションを作るための基本操作を理解しましょう。
(5:04)
ここでは、Djangoで作成したアプリケーションにテンプレートを追加します。Djangoでは、テンプレートエンジンとして、Flaskと同じ「Jinja2」を採用しています。
(4:17)
ここでは、アプリケーションに追加したテンプレートに、views.pyからデータを渡して表示します。views.pyとテンプレートを分離することで、リクエストやデータの処理とWebページの見た目を別々に管理することができます。
(6:34)
ここでは、Djangoからデータベースを操作する、モデルについて学習します。モデルを使うと、Pythonのオブジェクトとして、データベースのレコードを操作できるようになります。
(4:13)
ここでは、Djangoの管理サイトの使い方を学習します。Djangoは、アプリケーションやデータベース・ユーザー情報のための管理機能を標準で備えています。この機能を利用して、掲示板のデータベースにサンプルデータを登録しましょう。
(3:09)
ここでは、掲示板のサンプルデータを一覧表示します。そのために、モデルとビュー・テンプレートを組み合わせて利用しましょう。
(4:49)
ここでは、掲示板のサンプルデータを個別に表示するページを作成します。そして、ルーティングとモデル・ビュー・テンプレートの使い方をさらに理解しましょう。
(5:19)
ここでは、掲示板のサンプルデータを個別に表示するページを作成しています。すでに、ルートで指定したデータをモデルから取り出すところはできたので、それをテンプレートに渡して表示しましょう。
(3:28)
無料公開中 Python Django
ここでは、MVT(Model・View・Template)というDjangoの機能構成について理解します。また、Djangoでデータベースを操作するため、どのような機能が利用できるか学習します。
(5:44)
無料公開中 Python Django
ここでは、Django の動作確認に欠かせないDjangoシェルの基本的な使い方を学習します。 Djangoシェルを使うと、Djangoアプリの環境を有効にしたまま、Djangoの機能をコマンドで操作できるんですよ。
(6:55)
ここでは、掲示板アプリケーションのデータベースに投稿者の名前を表すカラムを追加します。そして、Djangoのマイグレーションについて、さらに理解を深めます。
(5:20)
ここでは、モデルに追加したカラムをテンプレートで表示します。そして、データベースのデータをテンプレートで表示する時、モデルのカラムをどのように記述するか学習しましょう。
(5:42)
ここでは、Djangoのルーティングに、新しいルートを追加します。そして、ルーティングの動作についてさらに理解を深めましょう。
(4:06)
ここでは、掲示板アプリケーションに記事を書き込みする機能を追加します。フォームを使わずに、固定テキストをデータベースに格納してみましょう。
(4:31)
ここでは、掲示板アプリケーションで、記事を削除する機能を作ります。 ルートで「delete」にアクセスした時、該当の記事を削除する機能を実装してみましょう。
ページの先頭へ戻る