プログラミング言語アイコン
Laravel入門編5: Laravelでユーザー管理しよう

チャプター一覧

ここでは、Laravelのユーザー管理機能の概要について理解するとともに、Lunchmapアプリにどのような機能を追加するのか確認します。
ここでは、Laravelのディレクトリを新しく用意して、ユーザー管理機能を利用できるようにします。まずは、ユーザー管理用のルートやビューを追加しましょう。
ここでは、Laravelのアプリケーションに、ユーザー管理用のテーブルを用意します。すでに、ユーザー管理用のルートやビューを追加したので、マイグレートして、ユーザー情報を管理できるようにしましょう。
ここでは、Laravelアプリケーションのユーザー管理機能を実際に体験します。ユーザー登録やログイン画面を実際に操作して、どのような機能ができたのか把握しましょう。
ここからは、Lunchmapアプリにユーザー管理機能を組み込んでいきます。まずは、ユーザー管理用のルートとビューを追加して、ユーザー登録とログイン機能を有効にしましょう。
ここでは、Lunchmapアプリにアクセス制御を追加します。そして、ログインしている時だけ、お店情報を投稿・更新・削除できるようにしましょう。
ここでは、lunchmapアプリのお店情報にユーザー情報を追加します。そのために、shopsテーブルにuser_idカラムを追加して、usersテーブルと関連付けます。
ここでは、自分で投稿したお店情報だけ、更新・削除できるようにします。そのために、新規投稿時に、user_idカラムを保存します。
ここでは、ログイン状態を保持するセッションとユーザーを認証するパスワードについて学習します。Larvelでは、セッション管理機能も簡単に利用できます。
ページの先頭へ戻る