ITエンジニア・プログラマが転職で押さえたいポイント

転職を成功させるには、ある種のノウハウが必要です。これまでの経験と今後の方向性がしっかりと整理できているか、履歴書、職務経歴書に入れるべきではない、または必ず入れるべき内容を書いているか、面接時のマナーや希望する条件の伝え方など、満足の行く転職を実現するためには押さえておくべきポイントが多くあります。
ITエンジニア・プログラマに特化した転職サイトpaizaだから伝えられる、プログラマ・エンジニアが転職準備から、面接、退職、入社までをスムーズに成功させるためのノウハウをまとめました。転職を考えている方はもちろん、まだ転職は考えていない方もいつかきっと役立つノウハウです。ぜひ一読しておいてください。

1 paizaの就職・転職リファレンス

paizaの転職サービスの流れやサービス詳細についてご紹介します。paizaは、ITエンジニア・プログラマーに最適化された求人情報や面接方法をご提供しています。ここではサービスについて説明します。

2 転職準備から入社まで 失敗しないリファレンス

転職したいけど、まず何をしたらいいのかわからない、という方も多いはず。プログラマーの転職に必要な事前準備から面接、内定、退職、晴れて入社までの流れと、それぞれのステップの中で「これさえ押さえておけば転職がうまくいく!」というポイントをまとめました。

3 履歴書&職務経歴書 書き方リファレンス

ITエンジニア、プログラマーのための履歴書、職務経歴書の書き方ノウハウをまとめました。履歴書と職務経歴の違い、採用担当者がチェックするポイントを押さえましょう。またフォーマットをダウンロードして、履歴書、職務経歴書を作成してください。

4 技術以外で失敗しないための面接対策リファレンス

「技術に自信はあるのに、なかなか面接を突破できない」という人は少なくありません。面接官は、あなたの経験や開発スキル以外にも、さまざまな面を見て判断をしています。面接で「失敗しやすい人」の傾向ごとに、「何がダメなのか」「どう改善すべきか」といったポイントをまとめました。

  • コーディングスキルチェックで書類選考がなくなります。(登録は10秒!)
    すぐにコーディング力をはかるスキルチェック問題にチャレンジできます。(想定回答時間20分)
  • Btn 01

ページの先頭へ戻る