転職成功ガイド

未経験からエンジニアになるまでのステップ

プロフィール欄で見られているポイント

プロフィール欄を充実させよう

企業に自分をPRするために、制作物や今まで勉強してきた内容などをプロフィール欄に記入しておきましょう。

プロフィール欄をしっかり記入しておけば、面接の下準備になるのはもちろん、企業からのスカウトメールも届きやすくなります。

プロフィールの入力はこちらから

スカウトメールの解説ページはこちら

よく見られるポイントと記入時の注意点

応募者のプロフィール欄や職務経歴書のうち、採用企業は特に以下の点に注目しています。

ポイント

エンジニアを志望する動機

NG記入例

手に職がつけられそうだし、はやっているから目指しています。

OK記入例

前職の事務作業で自動化をするためにマクロの勉強をしたことで、プログラミングの楽しさや効率化の重要さを実感し、これを仕事にしたいと感じました。

やる気を伝えるため、ポジティブな動機を書きましょう

企業が気になっているのは、あなたが「なぜ違う仕事から転職してまでエンジニアになりたいのか」です。プログラミングやものづくりに対するポジティブな動機が伝わるように書きましょう。

「あまり人と話したくないから」「PCの前に座っていたいから」といったネガティブな動機では、やる気が伝わらない上に「エンジニアの仕事についてわかっているのかな?」と思われてしまいます。

ポイント

エンジニアになって何をしたいのか
どんなエンジニアになりたいのか

NG記入例

やりたいことはこれから探していきます。

OK記入例

まずはユーザーの要望や自分の考えを実現できる基礎的な開発スキルを身につけたいです。さらにWeb開発の技術を学んで、多くのユーザーに使われるWebサービスに携わりたいと考えています。

無理にレベルの高いことを書こうとする必要はないが、「何も考えていない」はNG

「まだ将来的なキャリアなんて考えられない」という人もいるかと思いますが、長期的なキャリアプランまで考えられていなくてもかまいません。「エンジニアとしてどういうことをやりたいか」「どういう技術に強いエンジニアになりたいか」などを考えながら記入するといいでしょう。面接でも「こんな仕事をして、このスキルを伸ばして、こんな分野の仕事ができたらいいな」くらいは言えるようにイメージしておきましょう。

一方、「特に何がやりたいとかはないです」などと書いてしまうと、「この人は何でエンジニア求人に応募しているのだろう?」と思われてしまいます。志望度が低いと判断されてしまい、大きくマイナスの印象を与えてしまいます。

ポイント

どんな勉強をしているのか

NG記入例

「○○の書籍」「○○の講座」など、やったことを列挙するだけ

OK記入例

○○の講座でWeb開発の基礎を学び、××アプリを自分で実際に作りました。開発をする中で、共通のパーツを使っていないとその後の改善がしづらくなると実感し、メンテナンス性を意識しながら開発するようになりました。(制作物のURLも記入しておく)

何を学び、どんな努力をしてきたかをアピールしよう

未経験者はエンジニアになる前もなってからも、継続した勉強が必要です。そのため、いくら人手不足でも、中途で「エンジニアになってから勉強しよう」「何もやってないし技術に興味もない」と思っている人を採用するわけにはいきません。

企業は応募者に対し、「エンジニアの仕事内容をどれくらい理解しているのか」「現時点でどれくらいの内容を勉強できているのか」「今後も学んでいく気があるか」といった点を気にしています。経験者であれば経験をアピールすれば済みますが、未経験者は実績がないわけですから「興味もやる気もあって、ふだんから勉強をしています!」という証拠を見せなければなりません。この証拠というのが、実際に勉強した内容や制作物、ポートフォリオやGitHubなどです。よく「こんなしょぼい成果物見せられない」と言う人がいますが、前述の通り、企業が知りたいのは「継続的に勉強できているか」「自発的に試したり調べたりできているか」です。別に未経験者に対して「経験者も顔負けの立派な成果物を見せてほしい」とは思っていませんので、何もないよりは公開したほうがアピールになるでしょう。

※あれば記入しておくとよいもの

  • 制作物やポートフォリオのURL
  • GitHubのURL
  • 取得したプログラミング関連の資格名
  • プログラミングスクールに通った経歴

ポイント

将来、どんなエンジニアになりたいですか?

NG記入例

エンジニア経験がないので、何もアピールできることはありません。

OK記入例

開発業務は未経験ですが、前職でBtoBの営業を担当してきた経験を生かして、顧客対応もできるエンジニアになりたいと考えています。

異職種の経験で得た知識や経験もれっきとしたアピールポイント

意外と忘れがちなのが、前職で身につけた強みです。「自分の経歴やスキルにアピールできるところがない」と言う方は多いですが、一定期間まともに就業してきて、まったく何も身についていない・経験していないなんてことはないはずです。ささいなことでもよいので、こんなことを解決した、前職を通してこんなスキルを身につけた、こんなことに気をつけて仕事をしていた、といったことを思い出しておきましょう。