Rails入門5: deviseのユーザー情報を利用しよう

(全9チャプター)

一部無料 有料プラン

概要

Railsのユーザー認証用ライブラリdeviseを使って、簡単なアプリケーションを作成します。Scaffoldで作成した1行掲示板に、ログイン機能を追加しましょう。

チャプター一覧

chapter 1

このレッスンでは、Scaffoldで作成した1行掲示板に、deviseを使ってユーザー認証機能を追加します。まずは、どのような機能を作るのか整理しましょう。

1:14
chapter 2

ここでは、前回のレッスンで作成したユーザー認証機能を利用して、1行掲示板へのアクセスを制御します。誰でも記事を表示できて、登録したユーザーだけが新しい記事を投稿・編集できるようにしましょう。

5:03
chapter 3

ここでは、ユーザーの情報を掲示板に利用します。ここでは、投稿一覧にユーザーのメールアドレスを表示しましょう。

4:56
chapter 4

ここでは、記事を投稿したユーザーの名前を表示するため、deviseのUserモデルに名前のカラムを追加します。それに合わせて、ユーザーの登録フォームを変更しましょう。

4:03
chapter 7

ここでは、1行掲示板の投稿を、ログインしたユーザーの名前で保存できるようにします。すでに、ログインした時だけ投稿できるようになっているので、現在のログインユーザーで投稿できるようにしましょう。

3:08
chapter 8

ここでは、投稿したユーザーだけが自分の記事を編集・削除できるようにしましょう。そのために、contollerで、user_idが一致した時だけ、アクションを実行させます。

3:16

レッスン一覧へ戻る