「Ruby on Rails」が学べる動画一覧

RoRまたは単にRailsとも呼ばれているRubyによって記述されたWebアプリケーションフレームワークについて学ぶことができるチャプターです。

チャプター一覧
(4:46)
このチャプターでは、Rails の設計方針について学習すると共に、データベースとの連携の概要を理解します。




(5:05)
ここでは、Rails の動作確認に欠かせない Rails コンソールの基本的な使い方を学習します。 Rails コンソールを使うと、Rails アプリの環境を有効にした状態で、Ruby コードをひとつずつ実行することができます。




(3:26)
ここでは、Rails のデータベースを操作する ActiveRecord について学習します。ActiveRecord は、データベースのテーブルを Ruby のオブジェクトに割り当てる機能です。




(4:34)
ここでは Rails のマイグレーションについて学習します。 マイグレーションは Rails で自動生成した設定内容をデータベースに反映させます。




(4:58)
ここでは、モデルのデータをビューに表示する時、ActiveRecord のメソッドをどのように記述するか学習します。そのために、モデルに追加したカラムを ビューに表示させてみましょう。




(4:08)
このレッスンでは、Ruby on Rails のアプリが動作するとき、どのようにデータを処理していくか学習します。先ほどのレッスンから引き続き、簡単な 1 行掲示板を題材にして、Rails の動作をさらに理解しましょう。




(5:02)
ここでは、Rails アプリへのアクセスを振り分けるルーター機能について学習します。Rails アプリでは、機能ごとに URL が割り当てられており、ルーターは、そのアクセスをどのコントローラーのどのメソッドに振り分けるか制御します。




(5:05)
ここでは、Rails アプリの表示内容を制御するビューの書き方について、さらに理解を深めます。そのために、詳細ページを例にとり、コントローラーとビューの連携について学習します。また、ビューを作る時に便利なヘルパーメソッドについても取り上げます。




(5:03)
ここでは、Rails アプリの Web フォームの動作について、さらに理解を深めます。そのために、投稿フォームにカラムを追加すると共に、form_for メソッドの使い方について学習します。




(4:27)
ここでは、投稿フォームのデータを Controller でデータベースに書き込む流れについて学習します。そのために、Web フォームから受信した Parameters の処理について理解すると共に、データベースに書き込む際の安全性を高める strong parameter について説明します。




(4:52)
ここでは、1 行掲示板に検索フォームを追加します。そのために、検索フォームから送信した検索キーワードを、サーバー側で受け取って、一覧ページを絞り込み表示してみましょう。




ページの先頭へ戻る