プログラミング言語アイコン
Flask入門編4:SQLAlchemyでデータベースを操作しよう

チャプター一覧

01:SQLAlchemyの役割と効果 (2:51) 無料公開中
ここでは、データベースを効率よく操作できるORマッパー「SQLAlchemy」の役割と効果について学習します。
ここでは、Flask_SQLAlchemyを使って、MySQLからデータを取り出します。Flask_SQLAlchemyは、FlaskでSQLAlchemyを使うためのエクステンションです。
ここでは、FlaskとSQLAlchemyを使って、サンプルデータベースの中身を見ていきます。mydbデータベースの「players」テーブルから、色々な方法でデータを取り出しましょう。
ここでは、SQLAlchemyを使って、データベースにデータを追加・更新・削除する方法を学んでいきます。この機能を使うことで、RPGのPlayersテーブルに新しいメンバーを追加したり、名前を変更したり、削除したりできます。
ここでは、SQLAlchemyでテーブルを連結してデータを取り出す方法を学習します。 サンプルデータベースで、「players」テーブルの「job_id」と「jobs」テーブルの「id」を関連付けします。
ここでは、SQLAlchemyとFlaskを使った具体例として、簡単なWebアプリケーションを作ります。RPGのプレイヤー一覧から、各プレイヤーの詳細情報を表示しましょう。
ここでは、SQLAlchemyとFlaskを使って、特定の職業の詳細情報を表示するページを作ります。まずは、職業一覧を作ってみましょう。
ここでは、先ほどの続きとして、SQLAlchemyとFlaskを使って、特定の職業の詳細情報を表示するページを作ります。今回は、特定の職業に属するプレイヤー一覧を表示します。
ページの先頭へ戻る