プログラミング言語アイコン
Flask入門編5:SQLAlchemyでメモ帳アプリを作ろう

チャプター一覧

ここで、どのようなメモ帳アプリを開発するのか、その概要を整理します。WebアプリケーションフレームワークのFlaskや、データベースを操作するSQLAlchemyといったライブラリを利用することで、機能の充実したWebアプリケーションを効率よく開発します。
02:データベースを用意する (3:45) 無料公開中
ここでは、メモ帳アプリに必要なデータベースを準備します。phpMyAdminを使って、データベースを作成して、サンプルデータを登録しましょう。
ここでは、メモ帳のサンプルデータを一覧表示する機能を作ります。FlaskとSQLAlchemyを使って、データベースに接続して、テンプレートで表示してみましょう。
ここでは、選択したメモを個別に表示する機能を作成します。「/show」でアクセスした時、指定したメモの詳細情報を表示しましょう。
ここでは、メモの内容をMarkdownで記述できるようにします。そのために、「flask-markdown」というMarkdown変換ライブラリを使ってみましょう。Markdownは、見出しや箇条書きなど、文章の見た目をテキストで表現できる簡易記法で、ソフトウェアエンジニアの間で、広く使われています。
ここでは、メモを新規作成する画面を作ります。一覧画面から「/new」でアクセスしたら、メモの作成フォームを表示しましょう。
ここでは、新しいメモを保存する機能を作ります。新規画面で「/create」を呼び出してデータベースに保存しましょう。また、詳細画面で「/destroy」にアクセスしたら、そのメモを削除します。
ここでは、メモの編集・保存機能を作ります。「/edit」でアクセスしたら、メモの内容を編集フォームで表示して、「/update」でアクセスしたら、メモの内容をデータベースに保存します。
ページの先頭へ戻る