paiza新卒で内定された方の声

自分の興味にマッチした企業からの内定、きっかけはスカウトメール

paiza interview Vol.13 自分の興味にマッチした企業からの内定、きっかけはスカウトメール 堀山大樹さん

今回は、paiza新卒を利用して内定を獲得した堀山大樹さん(23歳)の取材をしてきました!

堀山さんがどうやってプログラミングと出会い、paiza新卒を使うことになったのか、そして新卒エンジニアとしての内定を獲得されるまでのお話や、就活を終えて思うこと等を語っていただきました。

堀山大樹さん(写真)
新卒エンジニアとして内定を獲得された堀山大樹さん

まず、堀山さんはどういったきっかけでプログラミングをするようになったのですか?

小学生の頃から「自分でゲームを作ってみたいな」と思っていまして、JavaScriptのポケットリファレンスを見てゲームプログラミングの仕方を学んだりしていました。

中学生になると独学でJavaScriptとCSSを組み合わせたゲームを作ったり、高校生でJavaを使ってガラケー用のアプリを作ったりして友人に見せていました。

今思うと、自分で作ったものを人に見せびらかして、びっくりさせたいという思いが強かったですね(笑)。

小学生から独学でJavaScriptを書いていたなんてすごい! paiza新卒は、どんなきっかけで使われるようになったのですか?

最初は2016年の7月頃にネットサーフィンをしていて見つけたんだと思います。

paizaでプログラミング問題を解けばスキルチェックができると知って、やってみようと思いました。

私は理系を専攻してはいるのですが、情報系ではないので、いくら自分で「プログラミングできます」と言っても客観的な証拠がないですし、「スキルについて第三者からの評価がほしいな」と考えて、スキルチェック問題に挑戦しました。

最初は正直、「こういうサービスって、ものすごく高いスキルを持った人しか求められていないのでは?」と思っていたのですが、登録して一週間ぐらいで事務局の方からアンケートのメールが届いて、それに回答したら複数企業からスカウトが来たんですよ。「スカウトってこんなにもらえるのか!」と驚きました。

大手の就活サイトにも登録はしていたのですが、自分の経歴を入力すると、専攻に近い分野の企業ばかりをおすすめされたので、エンジニアになりたい自分は、あまり使っていませんでした。

就活はいつ頃始められたのですか?

私は院を中退して就職することに決めたのですが、「就職しよう」と本気で決意したのが6月の半ばからなんです。

実際に「ここに入社したい」と感じるような企業が見つけられたのは7月頃ですね。

先ほども言いましたが、私は情報系を専攻していたわけではないので、普通にエンジニアを目指して就活しても、ずっと専門的な勉強をしてきた学生には敵わないだろうなと思っていたんです。だから、本当はもっと自分で情報系の知識や技術を身につけて、資格等も取得して秋頃から本格的な就活を始めようと考えていました。

実は今の内定先は、たまたまpaiza新卒を通してスカウトメールをいただいた中で「この企業いいぞ!絶対に入社したい!」と思って応募をして、内定まで至ることができたんですが、このスカウトがなければ、まだ就活をする予定はなかったですね。

堀山大樹さん(写真)

そうだったんですね! 今の内定先はどういった点に心ひかれたのでしょうか?

映像系のミドルウエアを作っているところに強くひかれました。

私は普段からインターネットに動画作品を投稿したりしていて、映像や音声に関して興味を持っていまして…。

あと、私はJavaScriptを小学生の時から触っていたのですが、JavaScriptってブラウザ間の互換性がとれていない部分もあって、その頃から互換性がない技術に不満を感じていたんですよね。

それで、改めてITに関しての勉強をするようになった今、ミドルウエアという技術の存在を知って、その互換性を保ったりする役割に感銘を受けて、「こういうものがもっと早くほしかったし、自分でも開発してみたい」と考えていたんです。

内定先は、そんな自分が強く興味をひかれる二つの分野を掛け合わせたような企業ですから、スカウトメールを見たときから「絶対に入社したい」と思っていました。

先日、内定式で社員の方ともお話ししたのですが、「新人にも裁量を与えてくれる」「責任は上が負うから、若い人もやりたいようにやって構わない」という話を聞いて、新人を伸び伸び育てることを重視しているんだなと感じました。

paiza新卒を使っての就活はいかがでしたか?

私は大学院に飛び級で進学していたり、休学期間があったり、院も中退することになったりして、なんだか複雑な経歴になってしまったので、書類選考があるとそれがネックになってしまうかな?という思いがあったんですよね。

詳しい事情を説明するにしても、まずは選考に進めないとどうしようもないですから、paiza新卒から応募すれば、ES選考なしで面談できるのは、自分にとってかなりプラスになったと思います。

堀山大樹さん(写真)

就活のためにやっておいてよかったなと思うことはありますか?

休学経験などに関しては、ハンデになるかもしれないなとも思っていたのですが、その期間にどういうことをしていて、何を得たかを説明できるようにしていましたし、面接では嘘をつかず正直に話すようにしていました。

それから、私は休学中にJavaScriptで作ったゲームの補助ツールや、大学院で研究のためにC++で作ったツールなどもあったので、応募の際はそれらを送って見てもらったりしていました。

面接でもその自作ツールについての質問を受けたりしましたし、アピールにもなったと思いますから、それはやっておいてよかったですね。

就活を終えられて、今は何をされているのですか?

基本は技術的な勉強をしています。

ミドルウエアはアプリケーションよりも下層寄りの技術が必要かなと感じるので、アセンブリとかも触っておこうかなと思っています。

ありがとうございました。

堀山さんご自身は、情報系でないことを気にされていましたが、独学や研究で培った高いプログラミングスキルやIT技術に関する知識は、企業側からも高く評価されていました。

今後も本当にスキルの高い就活生の方が、ご自身の興味や希望に合った企業と出会えるようなサービスを作っていきたいと感じるインタビューでした。

取材日:2016年10月4日
paiza新卒はITエンジニアを目指す学生のための就活サイトです
  • Cyber Agent Group
  • 株式会社ディー・エヌ・エー
  • 株式会社ドリコム
  • GMOインターネットグループ
  • 株式会社バンダイナムコオンライン
  • 株式会社マクロミル
  • エムスリー株式会社
  • 株式会社gloops
  • ChatWork株式会社
  • Retty株式会社
  • 株式会社Gunosy
  • 株式会社イグニス
  • トゥギャッター株式会社
  • 株式会社コロプラ
  • ランサーズ株式会社

※現在は中途のみを募集している企業も一部含まれます。

新卒求人情報を見る

就活成功者の声Vol.15 スカウトメールやカジュアル面談を利用してわかった、本当に合理的な就活方法

就活成功者の声Vol.14 みんなと同じ就活が嫌で、「スキルで評価される」paiza新卒を使った就活記

就活成功者の声Vol.12 都心から遠く離れた地方在住の就活生が、東京での就活を成功させた方法

就活成功者の声Vol.11 新卒エンジニアの面接でも、スキルを評価してくれる企業との出会い方

就活成功者の声Vol.9 プログラミング未経験の文系大学生が、新卒エンジニア内定を獲得できた理由

就活成功者の声Vol.10 大学4年の夏、paiza新卒からの応募一社目で内定を獲得できた方法

転職成功者の声Vol.8 新卒ITエンジニアが、paizaを使って内定を獲得できた理由

転職成功者の声Vol.7 二度目の転職で実現できた、成長し続けられる環境での仕事

転職成功者の声Vol.6 初めての転職、7年越しで憧れのゲーム業界に転向できた理由

転職成功者の声Vol.5 ネットワークエンジニアからWebエンジニアへの転向記

転職成功者の声Vol.4 意外な業界からのスカウトで実現した、理想的な仕事

転職成功者の声Vol.3 社員2000名から2名のスタートアップCTO候補への転向

転職成功者の声Vol.2 Ruby実務経験ゼロ、業務系SIerからソシャゲ業界への転向記

就活成功者の声Vol.1 業務未経験・既卒扱いの新卒プログラマが、即戦力採用された理由

堀山大樹さん(写真)

お忙しい中取材させていただきありがとうございました!

新規ユーザー登録(無料) 10秒で登録完了!

  1. ユーザ登録
  2. 登録完了・メール通知
  3. テストにチャレンジ!

メールアドレス

生まれ年

主な経験分野

パスワード

paiza利用規約

paiza(パイザ) 利用規約

「paiza利用規約」(以下「本規約」といいます。)は、ギノ株式会社(以下「当社」といいます。)が当社サイトで提供する全てのサービス(以下「本サービス」といいます。)を利用する上での合意事項となります。本サービスをご利用になる前に、本規約を必ずご一読のうえ、ご承諾頂きますようお願い申し上げます。

第1章 本サービスおよび本規約について
第1条(サービス内容)

本サービスとは、当社が運営または指定するサイトを訪問し利用する者(以下「当社サイト利用者」といいます。)および、当社サイト利用者が当社に個人情報およびその他の情報(以下「会員情報」といいます。)を登録して会員登録の申込みをなし、当社がこれを承認した者(以下「会員」といいます。会員登録の詳細は第2条に定めるものとします。)に対し、当社が直接または当社サイトを通じて提供する以下(1)乃至(5)(以下、これらを総称して「個別サービス」といいます。)に定めるサービスをいいます。なお、当社サイト利用者および会員を総称して「利用者等」といいます。

(1)転職支援サービス

就職支援サービス(以下「就職支援サービス」といいます。)とは、会員のキャリア・スキル・適性・希望等を総合的に考慮して、当社が会員に対して求人情報の提供、求人企業の紹介、各種転職相談等のご案内をする、職業紹介サービスをいいます。

(2)スキルチェックサービス「paiza」

スキルチェックサービス「paiza」(以下「paiza」といいます。)とは、当社サイト利用者が自己のスキルをチェックする為に当社サイトにおいて行うプログラミングテストをいい、IT/Webエンジニアに限定したサービスとなります。当社は、当社サイト利用者のpaiza受験結果に基づき、スキルランク(以下「paizaランク」といいます。)を設定します。なお、paizaを受け、前号に定める就職支援サービスを引き続き受けたいと希望する場合には、会員登録を必要とします。また、当社は求人企業に対し、会員に対するスカウトサービスなど就職支援サービスの充実を図る為、paizaにおいて会員より提出されたコードを、個人を特定しない情報と合わせてまたは単独で提供することがあります。

(3)オンラインプログラミング実行環境提供サービス「paiza.IO」

オンラインプログラミング実行環境提供サービス「paiza.IO」(以下「paiza.IO」といいます。)とは、利用者等が自身で作成したソースコードを実行する為に当社サイトにおいて動作チェック・実行するサービスを指します。paiza.IOは会員登録なく利用することが出来ますが、GitHub連携など一部のサービスを利用したいと希望する場合には、メールアドレスの登録を必要とします。

(4)オンラインゲームサービス「コードガールこれくしょん」

オンラインゲームサービス「コードガールこれくしょん」およびこれに類するオンラインゲーム(以下、総称して「オンラインゲーム」といいます。)とは、利用者等のプログラミングスキル向上の為に、当社が利用者等に対して、当社サイト上で提供するオンラインゲームサービスをいいます。

(5)動画学習サービス「paiza learning」

動画学習サービス「paiza learning」(以下「paiza learning」といいます。)とは、オンラインでプログラミングしながらスキルアップできるプログラミング入門学習コンテンツです。paiza learningは無償でご利用いただけるものと、ご利用にあたって料金が発生するものがあります。

第2条(会員登録)

本サービスの会員となることを希望する当社サイト利用者は、会員登録画面に会員情報等必要事項を記入、入力、登録等(以下「記入等」といいます。)し、本規約に同意の上で、会員登録の申込をするものとします。当社は当該申込について、所定の審査を行うものとし、当社が登録を認める場合にはその旨を当社サイト利用者に通知し、会員登録を完了とします。なお、審査の結果、会員として不適当と判断した場合にはその登録を拒否することができるものとします。

2.前項の会員登録完了をもって(または会員登録を要さない場合は、本サービスの利用をもって)、当社との間に本サービスに係る利用契約が成立するものとします。

3.会員は前項で届け出た内容に変更が生じた場合には、当社に対し速やかに変更の届出を行わなければならないものとします。当該届出を遅滞または怠ったことにより、会員に発生した不利益に対し、当社は一切の責任を負いません。

第3条(ID・パスワード)

当社は、会員に対し、ID・パスワードを発行し付与する場合があります。この場合、会員は当該ID・パスワードを自らの責任において使用・管理し、如何なる場合にも当該ID・パスワードを第三者に使用させ、または譲渡してはならないものとします。当該ID・パスワードが第三者に使用されたことにより会員に発生した損害に対し、当社は一切の責任を負いません。

第4条(有償サービスの取り扱い)

個別サービスのうち、当社が有償で提供するサービスの取扱いは、本条に定めるものとします。

2.利用者等による有償サービスへの申込みにあたっては、本規約および当社サイトでの案内に従って行うものとします。当社は利用者等による申込みに基づき、必要な審査を行った上で、申込の承諾可否を判断し、その結果について利用者等に通知します。当社による承諾の通知が利用者等に到達したことをもって、有償サービスに係る契約が成立するものとします。

3.利用者等のうち未成年者が利用する場合には、当社が定める方法で、事前に親権者等法定代理人(以下「法定代理人」といいます。)の同意を得て利用するものとします。なお、未成年者による申込みが、法定代理人の同意を得ていると偽ってなされたものであるとき、または年齢を成年と偽ってなされたものであるときは、当社は申込みの取消しには応じないものとします。

4.有償サービスの利用料金は、当社の判断により変更する可能性があります。この場合、当社は合理的な事前告知期間を定め、利用者等に通知するものとします。利用者等は当該変更に同意しない場合には、所定の期間内に有償サービスを解約するものとし、解約せずに当該期間が経過した場合は、当該変更に同意したものとみなされます。

第5条(本規約について)

当社は本規約を随時変更することができるものとします。本規約を変更した場合、変更後の本規約を当社サイト上に掲載するものとし、掲載後1ヶ月経過した時点で、利用者等は、変更後の本規約の内容に同意したものとみなします。

2.本規約第1章および第7章は、個別サービス全てに適用されます。本規約第2章乃至第6章は、個別サービス毎に適用されます。

3.本規約の全部または一部の規定が、消費者契約法その他の法令に基づいて無効とされた場合であっても、当該無効とされた部分以外の規定および本規約のその他の規定は有効とします。また、本規約の一部が特定の利用者等との間で無効とされた場合であっても、その他の利用者等との間では有効とします。

第2章 就職支援サービス
第6条(就職支援サービスの提供)

当社サイト利用者は、就職支援サービスの利用を希望するにあたり、第2条および当社サイトの案内に従って会員登録を行うものとします。

2.当社は、会員に対して就職支援サービスを提供するにあたり、会員のpaizaランクを基に、最善の努力をもって適すると思われる求人企業をご紹介するよう努めるものとします。ただし、paizaランクまたはその他の条件から、求人企業のご紹介には至らない場合もありますので、ご了承下さい。

第7条(契約形態等ご変更お祝い金)

就職支援サービスにおいて、当社が取り扱う求人情報における雇用・契約形態(以下「契約形態等」といいます。)には、正社員・契約社員(準社員等)・業務委託契約等(以下、これらを総称して「正社員等」といいます。)の他に、パート・アルバイト等短期、短時間または臨時雇用等(以下「アルバイト等」といいます。)またはインターンシップ(学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うことをいいます。)での契約形態等があります。

2.会員が当社の就職支援サービスを通じて、求人企業にアルバイト等またはインターンシップとして採用された後に、正社員等へ契約形態が変更となった場合には、当社所定の方法(契約形態等の変更の事実が判る書面等のご提出をお願いする場合があります。)に基づき、当社へ申請するものとします。

3.当社は、前項の申請に基づき、求人企業に契約形態等の変更の事実を確認した上で、契約形態等ご変更お祝い金(以下「お祝い金」といいます。)として、別途定める金額をお支払いいたします

4.当社は、以下の場合には、会員に対してお祝い金をお支払い出来ない場合があります。

  • (1)本規約上の禁止事項に該当する行為があった場合
  • (2)本規約に違反する行為があった場合
  • (3)求人企業からの事実確認が出来ない場合
  • (4)その他、お祝い金の支払要件を充足しない場合

5.お祝い金のお支払いは、会員による申請が本条に定める支払要件を満たすと当社において判断された場合に、会員の指定する金融機関の口座に振り込むことにより支払うものとします。従って、申請からお支払いまでには一定の期間を要する場合があります。

第8条(会員の自己責任)

会員は、就職支援サービスおよびpaizaの利用にあたり、転職の実現(求人企業への当社による紹介・応募受付を含む。)および自己スキルの絶対的・対世的な評価がなされるものではないことを予め承諾するものとします。なお、会員は、求人企業と労働条件その他契約内容について紛争が生じた場合には、自己の費用と責任において対応するものとします。

2.会員は、当社および求人企業に対して提示等する履歴書、職務経歴書その他の自己に関する情報の提供の際、真実かつ正確な情報を提供しなければならないものとします。会員が提供した情報の内容に起因して、求人企業または第三者から異議、請求または要求などがなされた場合、会員は自己の費用と責任を以って対処するものとします。

3.当社は、会員から求人企業への応募依頼を受け付けた場合であっても、求人企業の示す雇用条件または選考基準等に基づき、会員の有するスキル・経歴等から、求人企業への紹介の適合性を判断させていただいております。この結果、当社は、カジュアル面談・通常面接のどちらにおいても、求人企業への応募をお断りさせていただく場合があります。

4.会員は紹介を受けた求人企業との面談、選考試験または面接等(以下「面談等」といいます。)の日程が確定した後は、原則としてキャンセルは出来ないものとします。やむを得ずキャンセルをする場合、会員は事前に当社に連絡しなければならないものとします。なお、同一会員において通算して複数回のキャンセルがあった場合、当社は、当社の判断により、当該会員に事前に通知のうえで、就職支援サービスを停止する場合があります。ただし、事前連絡のないキャンセルについては、1回のキャンセルであっても、当社は上記のサービス停止措置を取る場合があります。

5.会員は、自己の責任に基づいて求人企業に対し労働条件その他契約内容を確認した後に、当該求人企業と労働契約を結ぶものとします。また、当社が会員に通知した労働条件は当該労働契約を最終的に保証するものではないことを承諾するものとします。

第9条(禁止事項)

会員は就職支援サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

  • (1)当社および求人企業に対して提示等する履歴書、職務経歴書その他の自己に関する情報の提供の際、虚偽、不正確な情報を提供する行為。
  • (2)お祝い金申請の際、事実と異なる内容、虚偽の内容を申請する行為。
  • (3)採用事実の隠蔽、契約形態等変更事実の隠蔽、その他就職支援サービスの運営を妨げるおそれのある行為など、求人企業の不正に協力する行為。
  • (4)本サービスを通じて紹介を受けた求人企業に対し、当社の承諾なく直接連絡をとり、採用選考を受けるまたは入社する行為。
  • (5)正当な理由なく、求人企業との面談等を当社への事前連絡なくキャンセルする行為、または採用内定受諾後に辞退等する行為。
第3章 paiza
第10条(paizaの提供)

当社サイト利用者は、paizaの利用を希望するにあたり、第2条および当社サイトの案内に従って会員登録またはメールアドレスの登録を行うものとします。

2.当社は、利用者等の受験履歴(回答内容、paizaランク等)を、会員情報の一部と紐付けて保有するものとします。

第11条(禁止行為)

利用者等はpaizaの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

  • (1)第三者によるなりすまし受験、他者のアカウントを利用した受験、カンニング等の不正行為。
  • (2)同一人が複数のアカウントを取得して、別アカウントでpaizaを複数回受験する行為。
  • (3)ブログ・SNS等の各種媒体(インターネット媒体に限られず、不特定多数が閲覧可能なものを全て含む。)上において、当社がpaizaで出題した問題の内容、当該問題に対する解答、解答へのヒント等の示唆およびカンニング等の不正を助長する内容等を掲載する行為。
  • (4)その他、当社が不正または当社の業務を妨害すると判断する行為。
第4章 paiza.IO
第12条(paiza.IOの提供)

当社サイト利用者は、paiza.IOの利用を希望するにあたり、第2条および当社サイトの案内に従って会員登録またはメールアドレスの登録を行うものとします。

2.当社によるpaiza.IOの提供は、利用者等が私的利用の範囲内で使用することを目的とするものであり、商用利用は禁止とします。有償でのイベントや勉強会の開催等を希望する場合には、当社に事前に連絡の上で、諸条件を取り決めるものとします。

3.当社はpaiza.IOの提供にあたり、必要に応じてまたは当社による判断のもと、paiza.IOの一定期間における利用制限を適時設けることができるものとします。

第13条(知的財産権)

paiza.IOの利用により、利用者等から提出されたコードの著作権は利用者等にその権利が帰属しますが、公開モードで実行されたコードについて、当社はそのコードを当社のサイトやSNS上で公開したりなど、自由に利用できるものとします。詳しくは、第22条第2項に準じるものとします。

第14条(禁止事項)

利用者等はpaiza.IOの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

  • (1)当社の事前の承諾によることなく、無断で、有償サービスの提供、商品化等、paiza.IOを営利目的で使用する行為。
  • (2)ウィルス等の有害なコンピュータプログラムが実行されるまたは実行されるおそれのあるコードを送信する行為。
  • (3)paiza.IOを利用して、特定の組織・集団・個人等を標的とする攻撃や、一定期間に大量のメールを送信する行為。
第5章 オンラインゲーム
第15条(オンラインゲームの提供)

当社サイト利用者は、オンラインゲームの利用を希望するにあたり、第2条および当社サイトの案内に従って会員登録またはメールアドレスの登録を行うものとします。

2.当社は以下の場合、当社運営サーバーに記録した利用者等のゲームプレイ履歴(以下「セーブデータ」といいます。)を、利用者等に通知することなく変更または削除する場合があります。

  • (1)長期間、継続して利用者等から当社サイトへの接続がない場合。
  • (2)利用者等が本サービスを停止・除名・解除等された場合。
  • (3)その他、当社が本サービスの運営上、必要止むを得ないと判断した場合。

3.当社は利用者等のセーブデータが、瑕疵なく保存されること、読み出されることについて、何らの保証もしないものとします。

第16条(禁止事項)

利用者等はオンラインゲームの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

  • (1)オンラインゲームの利用方法として、当社が意図しないまたは許容する以外の行為。
  • (2)オンラインゲーム内のキャラクター、アイテム等を改ざん、改変または不正に作成する行為。
  • (3)その他、オンラインゲーム内のデータ等を改ざん、改変、リバースエンジニアリング等する行為。
  • (4)前各号に定める行為(いわゆる「チート行為」)を可能とするプログラムまたはデータを第三者に提供、頒布等(送信可能化する行為も含みます。)する行為。
  • (5)オンラインゲーム内のキャラクター、アイテム等を現実の金銭または財産上の利益で取引等(いわゆる「リアルマネートレード」。その準備行為も含みます。)する行為。
第6章 paiza learning
第17条(paiza learningの提供)

当社サイト利用者は、paiza learningの利用を希望するにあたり、第2条および当社サイトの案内に従って会員登録を行うものとします。

第18条(利用料金)

paiza learningのうち、有償サービスにおける利用料金等の詳細は、別途当社サイト上で定めるものとします。

2.利用者等は、別途当社が定める決済手段により、利用料金を支払うものとします。なお、当社は、利用料金の支払いに対する領収書は発行いたしません。

3.利用者等が、利用料金の支払いを遅滞した場合、利用者等は年14.6%の遅延利息を当社に支払うものとします。

4.利用料金の支払に必要な振込手数料その他の費用は、利用者等が負担するものとします。

第19条(禁止事項)

利用者等は、paiza learningの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

  • (1)利用者等が会員登録の際、年齢等虚偽の会員情報を記入等する行為。
  • (2)利用者等が未成年である場合に、成年であると偽って会員登録をし、paiza learningを申し込む行為。
  • (3)利用者等が未成年である場合に、親権者等法定代理人の承諾を得ずに(または承諾を得たと偽って)paiza learningを申し込む行為。
  • (4)複数アカウントの取得またはなりすまし等により、当社が提供する各種特典を重複してまたは不正に受ける行為。
  • (5)paiza learningのデータ等を再配布、商品化等する行為。

2.利用者等が前項(4)に定める行為に該当した場合、当社は利用者等に対して特典の返還の請求(特典の内容が金銭である場合は返金の請求)を行うものとします。

第20条(退会手続)

会員がpaiza learningの退会を希望する場合は、当社サイト上の案内に基づき、当社所定の手続きにより退会手続を行うものとします。

2.利用期間満了の日までに、会員が前項の退会手続を行わない場合、さらに同一期間延長されるものとし、以降も同様とします。

3.当社は、いかなる場合においても既に受領した利用料金その他の返金は一切行いません。また、退会手続が月半ばまたは契約期間中に行われた場合であっても、会員は当該月または期間の利用料金は全額支払うものとします。

第7章 共通適用条項
第21条(個人情報の取扱い)

当社は、利用者等の個人情報を、当社が別途定める「個人情報保護方針」に従い、適切に取得・利用・提供・管理をいたします。 個人情報保護方針の詳細な内容は、http://paiza.jp/guide/policyをご参照ください。

第22条(知的財産権)

当社サイトおよび本サービスに関する著作権、商標権、その他の知的財産権を含む一切の権利(以下「知的財産権等」といいます。)は、当社または当社が契約する第三者が保有します。利用者等は当社の許諾なく、知的財産権等の全部または一部の複製、販売、再許諾、譲渡、改変等を行ってはならないものとします。

2.本サービスの利用にあたり提出された利用者等のコード、解答内容等における著作権は、利用者等に帰属するものとします。ただし、利用者等は、当社に対し、当社(当社契約先を含みます。)が当該著作物を無償で使用することを予め許諾するものとします。なお、この場合、利用者等は当社(当社契約先を含みます。)に対し、著作者人格権を行使しないものとします。

第23条(反社会的勢力の排除)

利用者等は、現在かつ将来にわたり、反社会的勢力(暴力団、 暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。)に該当しないこと、また暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して脅迫的な言動をし暴力を用いる行為、風説を流布し偽計を用いまたは威力を用いて信用を毀損しまたは業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為を行わないことを、将来にわたって表明するものとします。

第24条(禁止事項)

利用者等は本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

  • (1)虚偽または不正確な会員情報を記入等する行為。
  • (2)当社、他の利用者等または第三者を誹謗中傷、脅迫、強要する行為。
  • (3)当社、他の利用者等または第三者の著作権、商標権、その他の知的財産権を含む一切の権利を侵害する行為。
  • (4)当社、他の利用者等または第三者の財産、名誉、プライバシー、肖像権等を侵害する行為。
  • (5)本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売、出版その他方法の如何を問わず本サービスの私的利用の範囲を超えて利用する行為。
  • (6)本サービスを利用した営利目的の情報提供活動行為、営業活動行為または布教行為。
  • (7)本サービスの運営を妨げる行為または当社の信用または名誉を毀損する行為。
  • (8)利用者等以外の第三者が利用者等になりすまして本サービスの提供を受ける、または利用者等が第三者を使い利用者等になりすまして本サービスの提供を受ける行為。
  • (9)会員登録の際、同一人が複数の会員登録をする行為。
  • (10)本サービスの利用(会員登録を含む。)の際に、利用者等または第三者の如何を問わず、特定可能な個人情報を掲載する行為。
  • (11)当社(当社の役員・従業員を含みます)に対する誹謗中傷、脅迫、強要その他当社の正常かつ円滑な業務に支障をきたす行為。
  • (12)本サービスを利用して、本サービスと同様のサービスや関連するサービスを第三者に提供し、または本サービスその他の当社が提供するサービスを再販売等する行為。
  • (13)反社会的活動またはその他犯罪的行為に結びつく一切の行為。
  • (14)公序良俗に反する一切の行為。
  • (15)その他あらゆる法令に反する行為。
第25条(会員資格の喪失等)

当社は、利用者等が本規約に違反すると判断した場合、または第23条に定める者に該当すると判断した場合、当社は利用者等に何らの通知無しに、利用者等が本サービスを通じて投稿、発信等した各種情報の変更・削除、本サービス提供の停止・終了または会員資格を喪失させることができるものとします。

2.前項に該当する場合、利用者等は当社に対する債務の一切について、期限の利益を失い、当社に対し直ちに債務の一切について支払わなければならないものとします。

3.当社は、第1項に基づき行った措置により、利用者等に発生した損害について、一切の責任も負いません。

4.利用者等の行為によって、当社に損害が発生した場合、当社が第1項の措置の有無に拘わらず、当社は当該利用者等に対して、損害賠償請求をすることができるものとします。

第26条(本サービスの停止等)

当社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者等に事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

  • (1)本サービスに係るコンピューター・システムの点検または保守作業を緊急に行う場合
  • (2)コンピューター、通信回線が事故等により停止した場合
  • (3)地震、落雷、火災、停電、天変地異などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
  • (4)その他、運用上または技術上、当社が本サービスの提供の一時的な中断を必要と判断した場合

2.当社は、前項に基づき行った措置により、利用者等に発生した損害について、一切の責任を負いません。

第27条(本サービスの変更・中断・終了)

当社は、事業運営上やむを得ない場合または当社の判断により、一定期間の通知(当社サイト上への掲示を含む。) の上で、本サービスの全部または一部の内容の変更、中断または終了をする場合があります。

2.当社は前項に基づき当社が行った措置により、利用者等に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第28条(本契約上の地位の譲渡)

利用者等は、当社の事前の書面による承諾なく、本契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、貸与、名義変更、担保設定等をすることは出来ません。

2.当社は本サービスに係る事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務並びに利用者等の会員情報その他の登録情報を、当該事業の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者等は、当該譲渡につき、本項をもって予め同意するものとします、なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他の事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第29条(保証の否認および免責)

当社は本サービスの提供または当社サイト上で提供する情報について、利用者等の特定の目的に適合することまたは完全性、安全性、正確性、有用性、利用可能性等を有することについて、いかなる保証もいたしません。

2.利用者等は、自己の責任に基づいて本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果についてその責任を負うものとします。

3.利用者等が、本サービスを利用して得られた成果を外部サービスを通じて利用(効果検証・運用等のあらゆる場合を含みます。)する場合、当該外部サービスの安全性等については、利用者等が自己の責任において判断するものとします。また、当該外部サービスを利用して発生した結果について、当社は一切の責任を負いません。

4.利用者等が、本サービスの利用により、第三者に対し損害を与えた場合、利用者等は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとします。

5.本サービスの利用により、当社が責任を負う場合、当社は、利用者等が直接の結果として現実に被った通常生じる範囲の損害に限り責任を負い、その他の損害については責任を負わないものとします。ただし、当社の故意または重過失により損害が発生した場合はこの限りではありません。なお、当該損害が有償サービスの利用によるものである場合、損害賠償額は利用者等が過去6ヶ月間に当社に支払った利用料の金額をその上限とするものとします。

第30条(誠実協議条項)

本規約に定めのない事項は、法令の定めに従い、当社と利用者等との間において、互いに誠意をもって協議し解決することとします。

第31条(管轄裁判所)

本契約および本規約は日本国法に準拠し、同法によって解釈されるものとします。なお、本契約および本規約に関する紛争については、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

2012年02月13日制定
2013年09月03日改定
2014年11月17日改定
2015年03月09日改定
2015年12月15日改定
2016年02月01日改定
2016年04月20日改定
2016年07月19日改定

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

ギノ株式会社は、顧客の視点に立った「マーケットアウトビジネス」を創出することで社会に貢献することを基本理念とし、あらゆる業界において、お客様の最良のビジネスパートナーとなることを目指しております。その中で、ギノ株式会社はお客様の個人情報保護は社会的責務であると考え、以下の通り個人情報保護方針を定め、その履行に努めてまいります。

1. 適切な個人情報の収集

お客様から個人情報を提供いただく場合、利用目的を明確にした上で、目的の範囲内に限り、個人情報を収集いたします。

2. 適切な個人情報の利用・提供

あらかじめお客様からご了解いただいている場合や業務を委託する場合、その他の正当な理由がある場合を除き、お客様の個人情報を第三者に提供または開示をいたしません。

3. 個人情報の管理

お客様の個人情報の取扱いに関して、すべての取扱い管理責任者を設け、適切な管理を行い漏洩の防止に努めます。また、紛失・破壊・改ざん等のリスクや、個人情報への不正なアクセスに関して適切且つ合理的な安全対策を実施し、個人情報の保護に努めます。

4. 個人情報の外部委託

個人情報の処理を外部へ委託する場合には、漏えいや再提供を行わないよう契約により義務づけ、適切な管理を実施させていただきます。

5. 情報主体の権利尊重

個人情報に関する情報主体の権利を尊重し、情報主体から自己情報の開示・訂正・削除、または利用もしくは提供の拒否を求められたときは、社会通念や慣行に照らし合理的な期間・範囲内にこれに応じます。

6. 準拠法等

保有する個人情報に関して適用される法令、規範を遵守いたします。

7. 継続的改善

個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて継続的改善を実施いたします。

制定:2012年2月13日
改定:2013年1月15日
改定:2014年11月17日
改定:2016年03月23日

ギノ株式会社

代表取締役社長 片山良平

  • 「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)をいう。
「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項

「個人情報の保護に関する法律」(以下「法」といいます。)に基づき、以下の事項を「公表」致します。

1. 適切な個人情報の収集
(1) 個人情報を取得する場合における利用目的(法18条1項)

当社は、お客様から個人情報を取得する場合は、その都度、利用目的を明示させて頂きます。それ以外で個人情報を直接取得する場合、または間接的に取得する場合は、次の利用目的の制限の範囲内で取扱いさせていただきます。ただし、以下(2)、(3)の場合は除きます。なお、当社がお客様の同意なしに情報を改変することはありません。

[個人情報利用目的]
  • 当社サービスのご提供およびご案内のため
  • 当社サービスへのお申込み、会員登録・退会の受付、お問い合わせへの対応、料金のご請求、契約更新・継続等各種手続きのご連絡のため
  • 当社サービスの改善、新サービスの開発等の調査・分析のため
  • 当社サービスの利用の推奨、アンケート調査のご依頼のため
  • お客様の属性に合わせたリコメンドの実施のため
  • 当社サービスに関連する情報の告知、宣伝、メールマガジン・ダイレクトメールの送付等、各種のご案内のため
  • 当社のイベント、キャンペーン、セミナー等の提供、案内、企画、運営、管理その他の諸対応のため
  • 当社が実施する各種イベント・キャンペーンの商品・景品等の発送のため
  • 各種お祝い金などのお支払い手続きのため
  • 当社の求人情報へ応募された場合の採用選考、労務管理の遂行及びこれらに準じる業務の遂行のため
  • 当社が実施するスキルチェックサービスの受験履歴の記録・管理及びご入力いただいたプログラミングのスキル分析、評価サービス(動作チェック等を含みます。)の実施のため
  • 当社サービス退会後にお客様が再会員登録を希望する場合の入会審査・受験履歴の確認など事務処理手続きのため
  • 当社が掲載する他社求人情報に応募された場合の、求人事業者への開示、職業紹介関係業務の遂行及びこれらに準じる業務の遂行のため
  • 求人事業者のグループ会社において、当該グループ会社での採用選考・スカウト等の検討や労務管理を行うため(第三者提供に該当するため、事前の同意がある場合のみ対象となります。)
  • 当社サービスに法人としてお申込みされる際のご担当者様情報の登録のため
  • 個人を特定しない範囲や方法での統計情報として利用するため
(2) 合併その他の事業承継に伴う取得(法23条4項2号)

現在、合併、分社、事業継承による個人情報の取得はありません。

(3)「共同利用」に関する事項(法23条4項3号、法23条5項)

現在、個人情報の「共同利用」は行っておりません。

2.「保有個人データ」に関して「本人の知り得る状態」に置くべき事項(法+第24条1項)

当社は、お客様より取得させていただいた個人情報を、お客様の求めに応じて遅滞なく回答いたします。当社の「保有個人データ」に関するお問い合わせは、下記宛までご連絡下さい。

[お問い合わせ]

〒107-0062
東京都港区南青山 2-11-16 METLIFE青山ビル 7F
ギノ株式会社 お客様相談窓口
電話:03-6384-8050

3. 個人情報の「第三者提供」について(法23条2項・3項)

当社は、お客様より取得させていただいた個人情報を適切に管理し、収集の目的以外、予め明記した利用範囲外での利用することはございません。あらかじめお客様の同意をいただく以下の場合及び、法令によりお客様の事前同意が不要とされる以下の場合以外には、第三者への提供または開示をすることはいたしません。

<事前の同意を得て第三者へ提供する場合>
  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 公衆衛生上の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行する事に対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
4.「開示等の求め」に応じる手続等に関する事項(法29条)
(1) 開示、変更、利用停止等申出先

開示、変更、利用停止等の求めは下記宛までご連絡下さい。

[お問い合わせ]

〒107-0062
東京都港区南青山 2-11-16 METLIFE青山ビル 7F
ギノ株式会社 お客様相談窓口
電話:03-6384-8050

(2)「開示等の求め」に際して提出すべき書面(様式)等

「開示等の求め」を行う場合は、当社所定の請求書に、必要事項を全てご記入の上、本人確認のための書類(運転免許証・パスポートのコピー、身分証明書など1点)を同封しご郵送ください。

(3) 代理人による「開示等の求め」

「開示等の求め」をする者が未成年者又は成年被後見人等の法定代理人もしくは本人が委任した代理人である場合は、前項の書類に加えて、下記の書類を同封下さい。

  • A法定代理人の場合
    戸籍謄本又は登記事項証明書など本人と法定代理人の続柄・関係が証明できる公的書類 1通
  • B委任による代理人の場合
    本人の印鑑証明書 1通
    本人の実印を押印した委任状 1通
(4)「開示等の求め」に対する回答方法

書面によってご回答申し上げます。

(5) 開示等の求めに関して取得した個人情報の「利用目的」

開示等の求めにともない取得した個人情報は、開示等の求めに必要な範囲のみで取り扱うものとします。提出いただいた書類は、開示等の求めに対する回答が終了した後、2年間保存し、その後破棄させて頂きます。

※「保存個人データ」の不開示事由について

次に定める場合は、不開示とさせていただきます。不開示を決定した場合は、その旨、理由を付記して通知申し上げます。

  • 申請書に記載されている住所・本人確認のための書類に記載されている住所・当社の登録住所が一致しないときなど本人が確認できない場合
  • 代理人による申請に際して、代理権が確認できない場合
  • 所定の申請書類に不備があった場合
  • 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合
  • 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • その他法令に違反することとなる場合
5.「苦情」の受取窓口に関する事項(法第24条1項4号、施行令第5条、法第31条)
(1) 個人情報の取扱いに関する苦情の申出先

当社の個人情報の取扱に関する苦情については、下記までお申し出ください。

[ギノ株式会社 お客様相談窓口]
(2) 当社の所属する「認定個人情報保護団体」の名称及び苦情の申出先

現在、当社の所属する認定個人情報保護団体はありません。

6. 個人を特定しない属性情報・行動履歴の取得及び利用について

(1)当ウェブサイトでは、広告配信事業者が提供するプログラムを利用し、特定のサイトにおいて行動ターゲティング広告(サイト閲覧情報などをもとにお客様の興味・関心にあわせて広告を配信する広告手法)を行っております。その際、お客様のサイト訪問履歴情報を採取するためCookieを使用しています(ただし、個人を特定・識別できるような情報は一切含まれておりません)。

広告配信事業者は 当該Cookieを使用して当ウェブサイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。この広告の無効化を希望されるお客様は 広告配信事業者のオプトアウトページにアクセスして、Cookie の使用を無効にできます。ブラウザの変更、Cookieの削除及び新しいPCへ変更等の場合には再度設定が必要となります。お客様は広告のオプトアウトページでYahoo!やGoogleのCookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。オプトアウトを行っていない場合、Yahoo!やGoogle他、第三者配信事業者または広告ネットワークの Cookie も使用される可能性があります。Network Advertising Initiative のオプトアウト ウェブサイトでは、一部のCookie(すべてではありません)をまとめて無効にできます。

・オプトアウトページのURLは下記になります。

Yahoo!のオプトアウトページ:
http://btoptout.yahoo.co.jp/optout/preferences.html

Googleのオプトアウトページ:
http://www.google.co.jp/policies/privacy/ads/

Network Advertising Initiativeのオプトアウトページ:
http://www.networkadvertising.org/choices/#completed

(2)Cookieについて
Cookieとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などをお客様のコンピュータに一時的にデータを書き込んで保存させる仕組みです。

(3) Cookieの設定について
お客様はCookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。「すべてのCookieを拒否する」を選択されますと、認証に必要なサービスを受けられなくなる等、インターネットの各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。

7. その他注意事項

IDを登録されている場合、そのIDならびに、パスワードの管理は、お客様の責任において行って頂きます。当社はIDならびに、パスワードの漏洩、不正使用などから生じた損害については保証いたしませんので、ご注意下さい。万一、許可なく自分のIDが利用された場合、または、IDならびに、パスワードが第三者に漏洩してしまった場合には、ただちに当社にご連絡下さい。

ページの先頭へ戻る