「Bootstrap」が学べる動画一覧

モダンなデザインのウェブサイトを簡単に構築することができるCSSフレームワークであるBootStrapについて学べるチャプターです。

チャプター一覧
(5:22)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
このレッスンでは、Webページの基礎となる、HTMLとCSSについて学んでいきます。ここでは、このレッスンの目的や対象者・進め方を確認します。また、Webページを作成するために必要となる、HTMLとCSS、Bootstrapの概略を説明します。




(6:48)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
ここでは、もう少ししっかりとしたWebページを作ります。先ほど作成したWebページは、HTMLの基本を説明するために、本来必要なタグをかなり省略していました。今回は、Webページを作るために、HTML5という最新の規格とBootstrapというHTMLフレームワークを使います。




(5:49)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
このレッスンでは、HTMLの見た目を定義するCSSについて、学習します。また、HTMLフレームワークのBootstrapを使って、スマホやタブレットでもカッコよくWebページを表示できる、レスポンシブデザインとグリッドについても解説します。




(4:28)
ここでは、Bootstrapのコンテナという機能を使って、Webページのデザインを整えていきます。そして、PCでもスマートフォンでも、レイアウトが崩れにくいレスポンシブデザインを実現します。




(6:19)
Webページで柔軟なレイアウトを可能にする、Bootstrapのグリッドシステムを取り上げます。グリッドは、最近のWebページで主流になっている定番のデザインで、Bootstrapで簡単に実現できます。




(6:41)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
ここでは、Webページに画像とリンクを追加します。Bootstrapを使うことで、リンクや画像を便利に表示することができます。




(6:04)
無料公開中 HTML/CSS/Bootstrap
ここでは、Webページに箇条書きのリストを追加します。さらに、Bootstrapで箇条書きを使ってナビゲーションバーを作ります。このナビゲーションバーを使って、同じページ内でジャンプする方法も紹介します。




(5:48)
ここでは、Webページに表を追加します。Bootstrapを使うと、見栄えの良い表を簡単に作ることができます。




(4:59)
ここでは、会員登録や問い合わせなどに利用できるフォームを作ってみます。フォームを使えば、情報を見せるだけでなく、相手から連絡してもらうことができます。




(4:09)
ここでは、複数行のテキストエリアとプルダウンリストといった、いくつかのパーツをフォームに追加してみます。このようなパーツも、Bootstrapを使うことで、カッコいいデザインを簡単に設定できます。




(5:06)
Bootstrapのグリッドシステムを使って、フォームのレイアウトを整えてみましょう。




(5:18)
このレッスンでは、お勧めのお店を投稿できる「ランチマップ」アプリのデザインを整えて、スマートフォン対応と日本語表示を実現します。 まず初めに、HTMLテンプレートのBootstrapを導入します。




(4:22)
ここでは、BootstrapでRailsアプリをレスポンシブデザインにします。そして、テーブルやボタン・フォームにBootstrapのスタイルを適用します。




ページの先頭へ戻る