情報処理入門 アセンブラ言語編01: アセンブラを使ってみよう

(全9チャプター)

一部無料 有料プラン

概要

コンピュータのCPUを直接操作するマシン語とアセンブラについて学習します。まずは、アセンブラの基本動作を理解しましょう。 題材には、IPAの基本情報技術者試験に登場するCASLⅡとCOMETⅡを取り上げます。

チャプター一覧

chapter 1

CPUとマシン語・アセンブラの関係を理解しましょう。

4:12
chapter 2

アセンブラ言語でプログラムを作成・実行する手順を学習します。簡単なプログラムを作成して、基本的な操作手順を理解しましょう。

4:23
chapter 3

アセンブラ言語のコードの基本的な書式を学習します。Hello Worldのプログラムを例にして、どのような形式になっているか理解します。

4:15
chapter 4

COMETⅡのシミュレータであるPyCOMET2の基本操作を学習します。Hello Worldのプログラムを例にして、マシン語のプログラムをどのように実行するのか理解しましょう。

3:27
chapter 5

アセンブラ言語でプログラミングするときに欠かせない2進数と16進数について復習しましょう。

5:30
chapter 6

CASLⅡとCOMETⅡを使って、CPUの動作を理解します。そのために、CPUのレジスタ構成とプログラムのメモリ配置を学習しましょう。

5:19
chapter 7

CASLⅡとCOMETⅡを使って、CPUの動作を理解します。そのために、プログラムの動作をステップ実行で確認しましょう。

4:55
chapter 8

アセンブラ言語で簡単な足し算プログラムを作ります。レジスタにデータを読み込んで、CPUで計算してみましょう。

5:44
chapter 9

アセンブラで簡単なプログラムを作ります。今度は、引き算プログラムを作ってみましょう。

5:38

レッスン一覧へ戻る