「標準エラー出力」が学べる動画一覧

エラーメッセージなどを出力するための出力ストリームである標準エラー出力について学ぶことができるチャプターです。

チャプター一覧
(4:36)
ここでは、いろいろな形で例外に対応します。printStackTraceで例外情報を表示するだけでなく、分かりやすいエラーメッセージを追加してみましょう。
(5:54)
PHP
いろいろな形で例外に対応します。例外情報を表示するだけでなく、分かりやすいエラーメッセージを追加してみましょう。
(3:23)
PHP
ここでは、例外を意図的に投げるthrowについて学習します。throwを使うと、意図的に例外処理を起動できます。また、catchと組み合わせることで、メソッドの呼び出し元にある例外処理を利用できます。
(4:08)
PHP
ここでは、いろいろな種類の例外に対応する方法を学習します。Exceptionオブジェクトだけでなく、それ以外の例外オブジェクトについてもキャッチしましょう。
(6:02)
PHP
ここでは、複数の種類の例外に対応する方法を学習します。tryブロック内で発生する可能性のある複数の例外に対応できるよう、プログラムを改良していきましょう。
(5:19)
PHP
ここでは、例外が発生したことを関数の呼び出し元に知らせ、その対応を任せる方法について学習します。
(4:08)
PHP
ここではfinallyを使用した際の処理の順序について、さらに理解を深めます。
(5:36)
いろいろな形で例外に対応します。例外情報を表示するだけでなく、分かりやすいエラーメッセージを追加してみましょう。
(3:20)
ここでは、いろいろな種類の例外に対応する方法を学習します。ZeroDivisionErrorオブジェクトだけでなく、それ以外の例外オブジェクトについてもキャッチしましょう。
(7:13)
ここでは、複数の種類の例外に対応する方法を学習します。beginブロック内で発生する可能性のある複数の例外に対応できるよう、プログラムを改良していきましょう。
(3:26)
ここでは、例外を意図的に投げるraiseについて学習します。raiseを使うと、意図的に例外処理を起動できます。また、rescueと組み合わせることで、メソッドの呼び出し元にある例外処理を利用できます。
(5:53)
メソッドの中で処理中に例外が発生した場合、呼び出し元へその例外が伝わることを学習します。
(4:05)
ここではensureを使用した際の処理の順序について、さらに理解を深めます。
(5:14)
無料公開中 Python
いろいろな形で例外に対応します。例外情報を表示するだけでなく、分かりやすいエラーメッセージを追加してみましょう。
ページの先頭へ戻る