演習課題「finally節を使ってみよう」

右のコードは、DateTimeオブジェクトを生成してreturnするtest_exception関数を呼び出しています。
しかし、例外が発生するため10行目の記述が実行されません。
このコードにfinally節を追加して、例外が発生してもしなくても、必ず次のメッセージを出力できるようにしてみましょう。

プログラムを実行して、想定どおり出力されれば演習課題クリアです!

期待する出力値

start
DateTimeオブジェクトを生成しました!
不正な日付です
end

※有料会員になるとこの動画をご利用いただけます
詳しい説明を読む

#08:finallyをもっと理解しよう

ここではfinallyを使用した際の処理の順序について、さらに理解を深めます。