プログラミング言語アイコン
Linux入門編5: シェルスクリプトを使ってみよう

チャプター一覧

シェルスクリプトの概要を学習します。シェルスクリプトは、どんなもので、どんな役割を持っているのか理解しましょう。
シェルスクリプトのはじめの一歩として、定番の「Hello world」を出力します。シェルスクリプトの初歩的な書き方から実行まで、シェルスクリプトの基本操作を学習しましょう。
シェルスクリプトで変数の使い方を学習します。文字列を変数に代入して、それを出力してみましょう。シェルスクリプトで、文字列と変数を扱う場合のポイントも学習します。
シェルスクリプトで計算する方法を学習します。基本的な計算をシェルスクリプトでどのように実現するのか、実際に試してみましょう。
シェルスクリプトで計算する方法を学習します。計算結果を変数に代入して、出力してみましょう。
シェルスクリプトの条件分岐について学習します。ifコマンドを使って、条件に合わせて、処理を分岐させましょう。
シェルスクリプトのifコマンドで、複数の条件を組み合わせる方法を学習します。そのために、「else」と「elif」を使ってみましょう。
シェルスクリプトでデータを受け取る方法を学習します。if文を例にして、引数と標準入力を使ってみましょう。
if文を使って、数値の大小を比較する方法を学習します。そのために、testコマンドの条件式を使ってみましょう。
シェルスクリプトのループ処理について学習します。forコマンドを使って、処理対象を1つずつ取り出して、繰り返し処理してみましょう。
ループ処理と標準入力を組み合わせます。そのために、条件が成立する間、繰り返し処理を実行する「while」コマンドを使います。
ページの先頭へ戻る