プログラミング言語アイコン
Linux入門編2: シェル環境を使いこなそう

チャプター一覧

Linuxのシェルで利用できる、ファイル検索コマンドfindについて学習します。findコマンドは、ファイルやディレクトリを名前や更新日付などの情報を元に検索するツールです。
テキスト検索コマンドgrepについて学習します。grepコマンドは、ファイルの中のテキストを検索するコマンドです。
テキスト検索のパターンを記述する正規表現について学習します。正規表現は、grepコマンドの検索パターンだけでなく、多くのプログラミング言語がサポートしています。まずは、特定の文字を指定する方法を取り上げます。
テキスト検索のパターンを記述する正規表現について、さらに学習します。今回は文字の位置や文字数を指定する方法を取り上げます。
標準入出力とリダイレクトについて学習します。Linuxのコマンドは、それぞれ単純な機能を持ち、組み合わせて利用できるようになっています。そこで役立つのが「標準入出力」と「リダイレクト」です。
シェルコマンドを組み合わせるパイプについて学習します。Linuxのコマンドは、それぞれ単純な機能を持ち、それを組み合わせて利用できるようになっています。このとき、各コマンドを組み合わせるのが「パイプ」です。
Linuxの「プロセス」について学習します。Linuxは、複数のプログラムを同時に実行できますが、この実行中のプログラムを「プロセス」と呼びます。
Linuxの代表的なシェルプログラムである「bash」のカスタマイズについて学習します。自分の開発スタイルに合わせてカスタマイズすれば、作業効率も向上できます。
ページの先頭へ戻る