プログラミング言語アイコン
PHP-Web入門編1:PHPでWebアプリケーションを開発しよう

チャプター一覧

ここでは、本レッスンの概要と、PHPによるWebアプリケーション開発の特徴について学習します。
ここでは、PHPを使ってWebアプリケーションを作る準備をします。そのために、PHPでブラウザに簡単なメッセージを出力します。
ここでは、Webアプリケーションを呼び出すURLとプログラムの関係について学習します。ルーティングは、Webアプリケーションの基礎技術のひとつですが、PHPでは、ファイルベースのルーティングで、呼び出す処理を切り替えます。
ここでは、もう少し複雑なWebページを表示するため、プログラムの中から、別のphpファイルを読み込みます。そして、このファイルをテンプレートにすることで、プログラムの処理やデータと見た目を分離します。
ここでは、PHPの複数のコードファイルで共通のデータを利用してみましょう。処理と見た目を分離した時、処理プログラムの変数を表示プログラムで利用します。
ここでは、PHPでテンプレートを使う具体例として、RPGの戦闘シーンプログラムを作ります。コード側で用意した配列を、テンプレート側でループを使って出力してみましょう。
ここでは、テンプレートの共通部分を分離する方法について学習します。PHPのinclude命令を使って、Webアプリケーションに共通のテンプレートを設置してみましょう。
ここでは、PHPによるWebアプリの具体例として、RPGの行動選択メニューを作ります。RPGのプレーヤーが、歩いたり、戦ったりするメニューを作りましょう。
ここでは、先ほどのチャプターの続きとして、RPGの行動選択メニューを作ります。すでに、メニューページを作ったので、今度は具体的なアクション部分を作成しましょう。
学習積み上げキャンペーン
ページの先頭へ戻る