アルゴリズム入門編: 「巡回セールスマン問題」を学ぶ

(全8チャプター)

完全無料

概要

このレッスンでは荷物の配送路の効率化などに利用されている「巡回セールスマン問題」を扱います。

チャプター一覧

chapter 1

このレッスンでは、荷物の配送経路の効率化などに応用される巡回セールスマン問題について学習します。 まずは、巡回セールスマン問題がどんな問題なのかを理解しましょう。

2:57
chapter 2

ここでは、入力データの形式を確認してから、巡回セールスマン問題を解くプログラムの枠組みを考えていきます。

2:04
chapter 3

このチャプターでは2次元平面上の点や、それらの距離の求め方について学習します。

2:58
chapter 4

先ほどのチャプターで学んだ点に続いて、それらをつなげて表される経路を扱う方法を学習します。

3:00
chapter 5

このチャプターでは、コメントで記述したロジックを変数の宣言や関数・メソッドの呼び出しとして具体化して整理していきます。

2:11
chapter 6

ここでは入力処理を作ります。入力された点の並びをそのまま経路として使うことで、巡回セールスマン問題の解を1つ表示してみます。

2:54
chapter 7

このチャプターでは巡回セールスマン問題を解くための貪欲法のロジックを考えて、コメントとして整理します。

3:40
chapter 8

このチャプターでは貪欲法を使って巡回セールスマン問題を解くプログラムを完成させます。

4:00

レッスン一覧へ戻る